インタビュー

POP改めGANG PARADEのパレードは続く―崖っぷちのなか作り上げた4人編成での最初で最後のアルバム『Barely Last』を語る

Page 3 / 3 1ページ目から読む

パレードに至るまでの道程

プラニメ Plastic 2 Mercy T-Palette(2014)

BiS解散後のカミヤサキミズタマリ(元いずこねこ)と結成したデュオ体制でのデビュー・シングル。EDMオリエンテッドでアッパーなサウンドを展開し、幕開け感に溢れた表題曲はいまもグループになくてはならない代表曲だ。

 

プラニメ UNIT T-Palette(2015)

UNITでのワンマン開催も踏まえて登場した2枚目のシングルは、松隈ケンタ作のメロディアスなダンス・ロックでエモーショナルに躍動。この後にEPリリースが告知されるもミズタは脱退、その翌日に新メンバー4名が加わることに。

 

POP P.O.P T-Palette(2015)

POP改名後の初作品でもあるファースト・アルバム。かっこいい系のダンス・チューン“pretty pretty good”や“fly away”が大きな存在感を放ち、プラニメの遺産やバンド・サウンド寄りの楽曲にも新しい個性を注いだ佳作だ。

 

POP Happy Lucky Kirakira Lucky T-Palette(2015)

いきなりアイドル感全開のはっちゃけたサウンドに振り切れ、グループの変化を世に問うた転機のシングル。ユメノユアが吹っ切れた詞を提供した表題曲に対し、カップリングの“Alarm”ではシグサワアオが作詞を担当している。

 

POP QUEEN OF POP T-Palette(2016)

前作の好調を受けた今年最初のシングルは、脳天気なポジティヴ感を全面に漲らせたカミヤ作詞のパワー・ポップももクロのオマージュっぽい作りの“走る!!”もイヌカイマアヤが初作詞を担当したキャッチーな出来映えだ。

 

GANG PARADE WE ARE the IDOL T-Palette(2016)

いきなり改名して発表したシングルは、初のバラード調に乗せてユメノユアが泣き笑いな思いを綴った決意の一曲。一転してヤママチミキが作詞したカップリングの“これはきっとaventure”は軽快なスカですっとばす。

タグ
関連アーティスト