インタビュー

50 CENT 『Animal Ambition』(1)

BETWEEN THE BUTTONS

実に5年ぶりのアルバム『Animal Ambition』が堂々完成!! アフターマスを巣立った猛獣、50セントの野心はまだ充たされていないのか、ゲームは振り出しに戻ったのか、それとも……

 

 

勝つことへの欲望

 「カニエ・ウェストの『Yeezus』? クリエイティヴなのは認めるけど、俺にとってはまったくヒップホップを感じられないね。パフ・ダディの新曲“Big Homie”に至っては正直ゴミだ。もう奴の音楽なんて聴きたいと思わないだろ? 俺はすべてにおいてリアルであり続けるぜ」。

 もう長いことアルバムのリリースから遠ざかっているにもかかわらず、Forbes誌の〈ヒップホップ長者番付ランキング〉ではすっかり常連になっている50セント(2013年度はパフ・ダディ、ドクター・ドレージェイZバードマンに次いで5位にランクインしている)。もはや本格的な音楽活動を行なわなくとも楽々と巨万の富を稼ぎ出す彼が、誰彼構わず牙を剥いていたかつてのスピリットを失っていたとしても何ら不思議はないけれど、久しぶりのアルバムを引っ提げて取材に応じてくれた50は、相も変わらず舌鋒鋭いあの50のままだった。

 「ようやくアルバムを出すことができて、とても嬉しく思ってる。インタースコープと契約が切れるまではいろいろな抑制があったからね。いまはもう作品の内容に対して横から意見してくる人間は誰もいない。すべてアーティストである俺が直接決めている。もうスタッフ会議に出向いて自分の音楽を聴かせたりしなくてもいいんだ。各部署から10人くらい集って、俺が次に何をやるのか探ろうとするなんてこともない。いまは自分が決めたタイミングで作品を出すことができる。作品をリリースする自由を手にしたことは、きっと強みになるよ。世に出ている音楽を聴いて〈いまだからこそこの音を出すんだ〉と自負できるものを出すことが可能になった。〈いま出したい〉と思うものをすぐに出せるんだ」。

50 CENT Animal Ambition G Unit/Caroline/HOSTESS(2014)

 前作『Before I Self Destruct』(2009年)から4年半ぶり、対立関係にあったインタースコープからインディペンデントのキャロラインに移籍して作り上げた50セントのニュー・アルバム『Animal Ambition』。かねてからアナウンスされている通り、本来『Before I Self Destruct』の次にくる新作は2010年から制作を続けている『Street King Immortal』になるはずだったわけだが、それを後回しにしてまで『Animal Ambition』のリリースに踏み切ったのは、自分がいまもなおギラギラしたモチヴェーションを維持していること——アルバム・タイトルに倣って言うならば、まさに野獣の眼光を失っていないこと——を、勝負作となる『Street King Immortal』の前にどうしてもアピールしておきたかったからなのだろう。

 「今回久しぶりにアルバムを出すにあたって、まずは〈成功〉を題材にした『Animal Ambition』を先に出すべきだと思った。このあと『Street King Immortal』で俺が言うことに備えてもらうためにね。『Animal Ambition』では成功や繁栄をテーマに曲を書いたんだ。ここに込めたのは、消すことのできない〈勝つことへの欲望〉だ。つまり、成功へのトンネルを走り続けさせてくれる意欲だね。俺は別に金が欲しいわけじゃない。俺が手にしたいのは、自分が正しいことをした時に得る達成感だ。音楽を作って、その瞬間にぴったりハマるものが完成したときの充実感。まるで魔法のような感覚だよ。音楽以外の活動では、あの感覚は絶対に得られないんだ」。

 

昔といまでは全然違う

 もっとも、50が以前と何も変わっていないかというとそんなことはなく、この4年半の歳月は彼の内面にひとつの大きな変化をもたらしている。今年1月、50はあの悪名高い“Piggy Bank”(2005年)で徹底的にコキ下ろしたファット・ジョーと共演してファンを驚かせたが(DJケイ・スレイ“Free Again”参照)、今回のアルバム中の“Irregular Heartbeat”ではやはり“Piggy Bank”の攻撃対象のひとりだったジェイダキスとのコラボが実現(彼とは2010年にすでに“Dump”を録音しているが、今回はいっしょにスタジオ入りもした模様)。さらに“Chase The Paper”ではジェイダキスが所属するロックススタイルズPをゲストに招くなど、かつて繰り広げた確執を解消する動きに転じているのだ。

 「ヒップホップにはライヴァル意識から生まれるバトルが存在する。時にはそれが喧嘩に繋がることだってあるさ。そういうことは、俺がヒップホップに夢中になったときからずっとカルチャーの一環として存在していた。ジェイダキスに限らず、ロックスのメンバーとは実際喧嘩になるまで揉めたことはないんだ。アーティスト同士が互いのスキルを競い合っているのを確執と勘違いされるのはよくあることだ。まあ、確執と受け止められても仕方がないけどね。で、後になって曲を聴き返してみると〈何でこんなにいがみ合っていたんだ?〉ってことになる。相手を嫌いになる正当な理由がないから、こうして普通に共演できてしまうんだ」。

 この流れで言及しておくと——インタースコープからの離脱はすなわちドクター・ドレーのアフターマス、そしてエミネムシェイディとも袂を分かつことを意味するが、ドレーのプロデュースする“Smoke”がアルバムに収録されていることからもわかるように、この三者間に確執はなく協力体制は今後も継続していくとのこと。2014年中にはリリースされるという『Street King Immortal』ではきっと、ドレーのビートはもちろんエムのヴァースも聴くことができるだろう。

 「『Street King Immortal』はデビュー・アルバム『Get Rich Or Die Tryin'』(2003年)に近い。恐らく、あれよりもさらにパーソナルな内容になる。俺はいまの自分の視点から語ったものをみんなに提供したいと思ってる。若いときは何をやるにも勢いが物を言うけど、それは大人になってから責任を取れるものじゃない。歳を重ねると共に、いろいろなことが理解できるようになるんだ。だから、昔といまとでは制作のプロセスも全然違う。『Get Rich Or Die Tryin'』があれだけ生々しかったのは、自分の体験をそのまま言葉にしているからだ。でもいまは、自分なりにテーマやコンセプトを設けることで作品と向き合っているよ」。

 やっぱり、50がいるのといないのでは大違いだ。ブラック・ヒッピー勢との意外な親交の深さ(『Street King Immortal』の先行シングルとして昨年3月にリリースされた“We Up”にはケンドリック・ラマーが参加していたほか、『Animal Ambition』のデラックス・エディションにはスクールボーイQの客演した“Flip On You”が収録。また、50が2010年に敢行した北南米ツアー〈The Invitation Tour〉にはオープニング・アクトとしてジェイ・ロックが同行していた)もおもしろい展開が期待できそうだし、2014年のダークホースになるのは案外この男なのかもしれない。 

 【参考動画】ケンドリック・ラマーが参加した50セントの2013年のシングル “We Up”

 

 

▼『Animal Ambition』参加アーティストの作品を一部紹介

左から、スタイルズPのニュー・アルバム『Phantom And The Ghost』(D Block)、トレイ・ソングズの2012年作『Chapter V』(Atlantic)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

TOWER DOORS
pagetop