PR
インタビュー

ジャック・ホワイト(Jack White)『Lazaretto』音楽への愛とレコードへの愛。ここに立っているのは、まぎれもなく2014年のジャック・ホワイト

JACK WHITE『Lazaretto』Part 1

ジャック・ホワイト(Jack White)『Lazaretto』音楽への愛とレコードへの愛。ここに立っているのは、まぎれもなく2014年のジャック・ホワイト

音楽への愛とレコードへの愛。シンプルな思いを挑戦に変えて、ほどけていくブルー。ここに立っているのは、まぎれもなく2014年のジャック・ホワイトである

21世紀のブルースマン

 2年前に満を持してソロ活動を始めた時にジャック・ホワイトは、ホワイト・ストライプス時代の赤・白・黒に代わるテーマ・カラーに、ブルーを選んだ。ひとつの決まったブルーではなく、広い意味でのブルーを。

 「それは僕が〈21世紀のブルースマン〉だということと関係があるのかもね」と彼は語るが、ソロ・アーティストとしての自由度の高さを象徴しているとも言えるのだろう。ファースト・アルバム『Blunderbuss』(2012年)では曲ごとに男性だけ、もしくは女性だけのバンドを従えて、ソウルやカントリーの要素を織り込みながら、まさに濃淡さまざまなブルーを追求。同作は、ジャックにキャリア初の全米No.1記録をもたらしている。

 「あれはショッキングだったよ。僕みたいな音楽を作る人間が、商業的成功を追い求めていない人間がチャートのトップに立つなんて、本当に驚くべきことだ。ほら、昔のアーティストについて調べていると、例えばジミ・ヘンドリックスにはTOP20ヒットが1曲もないってことを知ったりする。偉大な人々が商業的には無視されていたわけだから、そういう史実を踏まえると余計に感慨深いよ」。

2012年作『Blunderbuss』収録曲“Love Interruption”

 あれからその2組のバンドを引き連れて世界を回った彼は、ツアー終了に際して、1年休んでふたりの子供たちとゆっくり過ごそうと心に決めていたという。「でもって、どうせ休むなら、思い切り時間をかけてアルバムを作ってみようかと考え付いたんだ」とジャックは笑う。ライヴ録音でスピーディーにアルバムを作り、2000年代を通してほぼ毎年何らかの形で新作を発表してきた彼にとっては、初の試みだ。

「まさか自分がやるとは思ってもみなかったことに挑んだのさ(笑)。いつも2~3週間で仕上げて〈終わり!〉ってノリだったけど、今回は1年たっぷり費やして、どうなるか様子を見たんだ。ゆっくりしたやり方を楽しめる時もあったし、〈こんなのやってらんない〉と思うこともあった。だからいろいろと学んだし、初の試みを数多く採り入れたから、聴いていて〈これはラカンターズのジャック・ホワイトでも、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトでもなく、まぎれもなく2014年のジャック・ホワイトだ〉と実感できて、深い充足感を覚えるよ」。

JACK WHITE 『Lazaretto』 Third Man/Columbia/ソニー(2014)

関連アーティスト