コラム

ダンス・ミュージックへの愛を迷いなく更新してきたナイル・ロジャースとシック(Nile Rodgers & Chic)のヒストリー

【PEOPLE TREE】 CHIC

ダンス・ミュージックへの愛を迷いなく更新してきたナイル・ロジャースとシック(Nile Rodgers & Chic)のヒストリー

永遠のディスコ・マエストロ、ナイル・ロジャースはどこへも行かない。盟友のバーナード・エドワーズと組んで70年代のディスコで瞬く間に天下を獲り、軽快なグルーヴでダンスフロアをシックに染め上げてきたこの男は、ヒットメイカーとしてポップ・フィールドを蹂躙した80年代も、相棒を失った90年代も、迷いなくダンス・ミュージックへの愛を更新してきた。ラッキーは降って湧いたわけじゃない。26年ぶりにこの名前を使う意味は明らかだろう。いまこそフリーク・アウト!

 ナイル・ロジャースがシックの名義を用いたオリジナル・アルバムを発表するのは92年作『Chic-ism』以来26年ぶりのことだ。クール&ザ・ギャングとの共演曲を披露した2010年代前半には、発掘された古いデモ音源を使ったアルバムが出るとも囁かれ、その後、2015年にワーナーからマルティネス・ブラザーズとコラボしたシングル“I'll Be There”を発表。ナイルがダフト・パンクの“Get Lucky”(2013年)に客演して注目を集め、アヴィーチー、チェイス&ステイタス、ディスクロージャー、DJキャシディなどの作品にも招かれるという想定外の再評価もあってシックの本格復帰が期待されていたが、ついにこの時がやってきた。2010年にガンを宣告されて一時は死に直面し、アーティスト生命も危ぶまれたナイルがシックとして晴れやかな表情で放ったアルバム、それが今秋ヴァージンから登場した『It's About Time』である。

NILE RODGERS & CHIC It's About Time Virgin EMI(2018)

 ナイルのトレードマークであるカッティング・ギターを軸にしたアッパーなダンス・トラックの上で、ムラ・マサ、ヴィック・メンサ、ネイオ、クレイグ・デヴィッド、ステフロン・ドンらがハジけ、レディ・ガガに78年の“I Want Your Love”を歌わせた新作は、EDM通過後の現行ダンス・ポップの源流にシックがいたことを伝えるかのようで、影でシックを支えてきた鍵盤の名手フィリップ・セス、エルトン・ジョンといったヴェテランも参加。まるで〈ナイル・ロジャース&フレンズ〉といった趣でもあるのだが、そもそもシックが親しい音楽仲間とのコラボから発展したことを踏まえれば筋は通っている。77年のファースト・アルバム『Chic』へのセルフ・オマージュとなるジャケット(気鋭の人気モデルを起用)には、原点回帰をしながら新しい時代の扉を開くような未来感もある。〈ブギー〉という言葉と共にディスコがトレンディーなものとして再評価され、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」(77年/日本公開は78年)が40周年を迎えたなかでの、ディスコを象徴するバンドの復活。その40余年に及ぶキャリアを振り返るタイミングとして、これほどの好機もないだろう。

タグ