PR
インタビュー

SOLEILと歩くTOWER VINYL SHINJUKU

タワーレコードのアナログ専門店で、それいゆが出会ったレコードは?

SOLEILと歩くTOWER VINYL SHINJUKU

3月21日、タワーレコード新宿店の10階に開店したアナログ専門店〈TOWER VINYL SHINJUKU〉。Flagsの最上階という利点を活かした、大きな窓から光が差し込む明るく開放的な雰囲気はレコード・ショップとしては異色だ。そのオープンな雰囲気や充実した品揃えで、レコード・マニアや〈これからレコードで音楽を聴いてみたい〉という方、あるいは〈どんなお店なんだろう?〉と気になった方など、たくさんの音楽ファンが足を運んでいるとか。

同店のスタート・ダッシュ的な盤となっているのが、開店前日にアナログがリリースされたSOLEILのセカンド・アルバム『SOLEIL is Alright』。60sガール・ポップやビートルズ風、モータウン、サーフ・ロック、フレンチ・ポップ、フィル・スペクター風……と、主に60年代の音楽への深い愛情が詰まったそのサウンドは絶対にアナログで聴きたくなるもの。TOWER VINYLでベスト・セラーとなっていることにも思わずうなづいてしまう。

そんなSOLEILは〈NO VINYL, NO LIFE.〉ポスターに信藤三雄撮影の写真で登場している。これをきっかけとして、SOLEILのヴォーカル・それいゆにTOWER VINYLの店内を見て回ってもらった。取材中はもちろん『SOLEIL is Alright』がスピン。自慢のサウンド・システムから大音量でそれいゆの歌が流れ出す。

TOWER DOORS
pagetop