2019.08.30

懐疑的な目線を撃ち抜く弾丸のような名曲“STUPiD”で幕を開ける、第3期BiSのデビュー作。いままでになくストロング・スタイルな楽曲と直球のメッセージを畳み掛ける作りには過去のグループ像とは異なる印象もあり、率直に言うと(リリース前のメンバー脱退劇というアクシデントはともかく)BiSHの初作に重ねられる曲調やバランスも感じられるが、この手段を選ばない感じこそが極めてBiSらしいとも言えるだろう。モロにKing Gnu風の目くらましでニヤリとさせつつ、“SURRENDER”や“this is not a love song”など哀愁ラウドな怒涛の名曲が惜しげもなく連発され、メンバー個々の振り絞るようなパワフルな歌唱もあって聴後感はとにかく騒やか。そして“LET'S GO どうも”での大団円は爽やか。やっぱ凄い。

関連アーティスト
BiS
40周年 プレイリスト
pagetop