COLUMN

リゾ(Lizzo)『Cuz I Love You』 グラミー最多ノミネートを記録した、時代を象徴するアーティストの軌跡

リゾ(Lizzo)『Cuz I Love You』 グラミー最多ノミネートを記録した、時代を象徴するアーティストの軌跡

2019年を象徴するブレイク・アーティストの一人となったリゾ(Lizzo)。最多ノミネートを記録したグラミーを迎える前に、その軌跡と魅力の本質を改めておさらいしておこう!

自分のジュースを誇るべき

 2019年最大のブレイク・アーティスト。リッキー・リードがアトランティック傘下に立ち上げたナイス・ライフと2016年3月に契約するも、2019年に入るまで知る人ぞ知る存在だったリゾは、その年を通じての活躍によって全米を越える世界的なスターとなった。まず、プラスサイズな体型をアピールしながら、自分のジュース(魅力)を誇るべきだと人々を鼓舞した“Juice”が年頭に発表され、その人気に乗じて“Truth Hearts”(2017年)がNetflixのラブコメ映画「サムワン・グレート 輝く人に」にて劇中使用されるなどして再ヒット。女性ソロ・ラップ曲では最長となる全米シングル・チャート7週間1位を記録した。また、第62回グラミー賞ノミネーションでは、〈最優秀楽曲賞〉〈最優秀レコード賞〉〈最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞〉の3部門に“Truth Hearts”が選出。加えて〈最優秀新人賞〉など主要4部門を含む計8部門に選出されたリゾは、ビリー・アイリッシュやリル・ナズ・Xの6部門を上回る最多ノミネートとなっている。

 稀に見るスピード出世とも言われそうだが、彼女のプロとしての音楽活動歴は10年近くに及ぶ。出身地デトロイトから移住したヒューストンにて組んだロック・バンドのエリプシーズでフルートを吹き、ミネアポリス移住後はポップ・デュオのリゾ&ザ・ラーヴァ・インク、ガールズR&Bグループのチャリスなどに在籍。2013年と2015年にはソロ・アルバムもリリースしている。ここまでの期間は、現在の状況からすれば〈不遇の時代〉とされるのかもしれないが、堂々としたパフォーマンス、アルバム『Cuz I Love You』における全方位的なポップネスは突然身についたものではなく、この10年間の集大成である。

LIZZO Cuz I Love You Nice Life/Atlantic/ワーナー(2019)

 2019年春にはコーチェラ・フェスティヴァルに出演。それ以前に2017年のエッセンス・フェスティヴァルに出演した際には〈Sworn To Positive Music〉というキャッチコピーを掲げてポジティヴ宣言をしていたが、リッキー・リードとネイト・マーセローが手掛けた80s風ポップ・ブギーな“Juice”はその宣言のストレートな体現で、本人が言うように「アルバム(『Cuz I Love You』)を象徴する曲」となった。〈Blame It On The Juice〉(きっと私のジュースのせい)というサビのリリックはリゾが客演したチャーリーXCX“Blame It On Your Love”でも用いており、2019年の名パンチラインと言えるかもしれない。また、ポップ&オークのオーク・フェルダーが手掛けた“Like A Girl”は、チャカ・カーンやローリン・ヒル、セリーナ・ウィリアムズの名前を出した女性讃歌でありながら〈女性の身体を持たないけど心は女性の人〉を勇気づけるLGBTQ側に立ったエンパワーメント・ソング。そんなメッセージが高圧的にならないのは、同時期に頭角を現したチャンス・ザ・ラッパーに通じるポップな曲調や人懐っこいヴォーカル/ラップのせいでもあるだろうし、セーラームーンの衣装を着てフルートを吹くコミカルな雰囲気も敷居を低くしているのだろう。

音楽面への多角的な評価

 いくつかの楽曲で憧れのアーティストにオマージュを捧げる姿勢もリゾの音楽を尊いものにしている。2014年に彼女はプリンス&サードアイガールの“BoyTrouble”に招かれていたが、パワー・ヴォイスが映えるブルージーなミッド・バラード“Crybaby”は「ミネアポリス・サウンドの曲」と本人が言うようにプリンスへのトリビュートだ。続く“Tempo”はイントロの直情的なギターがプリンスの“When Doves Cry”を思わせるが、リゾが体型も含めてシンパシーを感じているミッシー・エリオットを迎えたこのダンス・チューンは、ミッシーの“Pass That Dutch”も連想させる。また、オークの手を借りてニューオーリンズ・バウンスへの憧れを曲にした“Soulmate”は、「クラブでブーティー・シェイクさせてくれた」バウンスのキングことDJジュビリーに対する返礼だろう。お尻と太ももをブルンブルンさせながらトゥワークを踊る姿が目に浮かんでくるが、この曲はバウンスのクイーンことビッグ・フリーダの“Karaoke”(2018年)にてフックを歌っていた彼女も思い出させる。

 ミッシーとの共演やバウンスへの憧憬をヒップホップ・サイドとするなら、ソウルの側面を伝えるのが“Cuz I Love You”をはじめとするヴォーカル・オリエンテッドな曲だ。クリーン・バンディット“New Eyes”での客演も含め、これまでは主にラッパーとしての活動がメインだった彼女だが、本作ではラッパーらしい韻の踏み方を活かしつつシンガーとしての力も発揮。ラップをやるアレサ・フランクリンを仮想して演じながらゴスペル・ルーツも打ち出した“Heaven Help Me”に至っては、ラッパーとシンガーの両面を一曲の中で伝えている。大仰な音使いや感情過多なヴォーカルは時にクドさを感じるも、それを類稀なキャラゆえと思わせてしまうのも才能だろう。

 そうしたソウル/R&Bシンガーとしての彼女をグラミーも評価した。ロック・バンドのXアンバサダーズが制作した“Jerome”は〈最優秀トラディショナルR&Bヴォーカル・パフォーマンス賞〉にノミネート。いにしえのリズム&ブルースを思わせるこのハチロク調バラードは、同部門に選出された曲の中でも突出してトラディショナル感が強い。また、〈最優秀R&Bパフォーマンス賞〉には“Exactly How I Feel”が選出。いろいろ言われる時代に「自分の思うようにやればいいんじゃない?」と開き直った曲で、ラップはグッチ・メインに任せて自分はR&Bシンガーに徹している。

 

広がり続ける存在感

 以上の曲を含むアルバム『Cuz I Love You』も、“Truth Hearts”を含むデラックス版が、グラミー賞で〈最優秀アルバム〉〈最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム〉の2部門にノミネートされている。そんな快挙を受けて、アルバムにさらに数曲を加えた〈スーパー・デラックス・エディション〉がこのたびリリースされた。日本盤には“Truth Hearts”のAB6IX客演版を含むリミックスが2曲追加されているが、目玉は“Good As Hell”のアリアナ・グランデ(彼女もグラミー賞5部門ノミネート)を招いたリミックス・ヴァージョンだろう。オリジナルは“Truth Hearts”と共に2016年の EP『Coconut Oil』に収録され、同年の映画「Barbershop: The Next Cut」の挿入歌にもなっていたもの。シンプルにして昂揚感のあるこのポップ・ソウルはダメ男に見切りをつけるよう女性たちに促す曲で、シングルとして再リリースしたこのリミックス版では、“Thank U, Next”で失恋をポジティヴに捉えたアリアナを招くことで歌の内容にさらなる説得力を持たせている。

 ファッションの祭典〈メットガラ〉に招待されるなどセレブ扱いも増えてきたリゾ。以前からドラマなどに出演していた彼女は、2019年全米公開作でもアニメ映画「Ugly Dolls」にてチャーリーXCXらと共に声優を務め、俳優としてジェニファー・ロペスやカーディ・Bらと映画「Hustlers」に出演するなど話題が絶えない。2015年のソロ作『Big GRRRL Small World』の表題さながらに、あらゆるものを制覇しようとしているのだ。 *林 剛

リゾの参加した作品を一部紹介。
左から、プリンス&サードアイガールの2014年作『Plectrum Electrum』(NPG/Warner Bros.)、クリーン・バンディットの2014年作『New Eyes』(Atlantic UK)、ポリサの2016年作『United Crushers』(Mom + Pop)

 

関連盤を紹介。
左から、Xアンバサダーズの2019年作『Orion』(Interscope)、アリアナ・グランデの2019年作『Thank U, Next』(Republic)、AB6IXの2019年作『6IXENSE: AB6IX Vol.1』(Brand New)

 

TOWER DOORS
pagetop