©DAVE MEYERS

強さも弱さもさらけ出して成長し、シーンに不動のポジションを築き上げた彼女。センシュアルで愛に溢れたエモーショナルな話題作が表現する現在の想いとは?

彼女の〈立ち位置〉

 もとよりデビューから破竹の快進撃を続けてきたアリアナ・グランデだが、辛い過去に別れを告げる傑作『thank u, next』(19年)の絶大な成功によって、そのポップスターとしての評価軸は明らかにより現代的でアーティスティックなものへと移行したのは間違いないだろう。その2019年からはライヴやフェス出演を通じて若い来場者たちに有権者登録を促す団体〈ヘッドカウント〉の活動にも貢献し、高い影響力を活かして若い世代に社会参加を呼びかけていくことになる。かねてから選挙権を通して意思表示することの重要性を訴えてきた彼女だけに、その動きは2020年を見据えたものだったのかもしれない。

 そんな今年に入ってからは、5月にジャスティン・ビーバーとのコラボ“Stuck With U”と、レディ・ガガとの“Rain On Me”がいずれも全米チャートで初登場No.1を獲得。10月に入ると〈今月中にニュー・アルバムをみんなに届けるのが待ち遠しい〉との予告をツイートしたうえで、満を持して新作からの先行シングル“Positions”をリリースしている。同時に公開されたMVでは、ホワイトハウスを舞台に彼女自身が女性大統領に扮し、パワフルな女性リーダーのオンとオフを通じて現代を生きる女性の社会的な〈立ち位置〉を表現。60年代テイストのレトロなスタイリングも話題になった。

 それから予告通りに10月末にリリースされたのがニュー・アルバム『Positions』だ。大統領選の投票直前を狙ったようなタイミングでもあり、“positions”のMVにおける力強い姿の印象もあって、より社会派の作風になるのではとも思われたが、実際の中身はそうした予想とは真逆。いままでになくセックスについて率直かつ直截的に表現していることも含め、今回も自身の恋愛観や人生観が表現された極めてパーソナルかつエモーショナルな内容に仕上がってきた。

 なかでも目立つのはやはり“34+35”だろう。〈Positions〉には〈体位〉という意味もあるわけで……34+35=69、つまりここではシックスナインについて歌われている。〈近所の人たちが「地震だ!」って叫んでる/私がベッドを揺らすマグニチュードは4.5〉なんて往年のトレイ・ソングズばりの馬鹿馬鹿しいフレーズも交えた作りはアリアナ自身も〈笑える曲〉とも説明する通りだが、流麗なストリングスの流れる音空間にあえてダーティーな歌詞を重ねる試みは、他にも“nasty”に顕著だ。近作と同じくトミー“TBヒッツ”ブラウンをブレーンに据えて多彩なクリエイター陣が関与したサウンドも全体的にセンシュアルなアンビエンスで満たされたもの。マライア・キャリーから継承したようなコーラスの麗しいレイヤーなど、アリアナらしい圧倒的なヴォーカリゼーションが堪能できるのは言うまでもない。

また愛を信じること

 アルバムでは、ドージャ・キャットとのアップ“motive”、タイ・ダラー・サインを交えた“safety net”など旬なメンツとのコラボ曲も収録。なかでも注目すべきはウィークエンドとの“off the table”で、彼との共演は彼女の2作目『My Everything』(2014年)収録の“Love Me Harder”以来となるが、ここでインティメイトなサウンドに乗せて歌われるのは、愛する人を失った後に他の誰かを愛することの難しさだ。〈あんなふうにまた誰かを愛せるのかわからない〉という不安の吐露に掛け合うウィークエンドの振る舞いも含め、元恋人マック・ミラーのことを連想する人も多いことだろう(その前曲“just like magic”には〈ペンを持って天国へのラヴレターを書く〉との一節もある)。

 そんな側面も率直に見せつつ、全体が穏やかなフィーリングで満たされているのは、アルバム半ば以降に固められた愛の表現だ。自身の〈髪〉をテーマに行為の導入部を描いたような“my hair”をはじめ、〈あなたの妻にして〉と歌う“west side”、曲名通りの“love language”、〈私がまた愛を信じることができるなんて思ってなかった〉と歌うメロディアスな“obvious”……と、対象を明確にしながらアルバムは美しいエンディングに向かって流れ込んでいく。

 ラストに控えるのは、持ち前の歌唱力が映える美しいバラード“pov”。pov=point of viewは〈視点〉〈観点〉という意味だが、〈あなたの目線で私を見るのが好き〉というフレーズは、愛の眼差しを向けてくれる人の存在によって自分自身を愛せるようになったという彼女のポジティヴな実感に他ならない。辛い記憶もあって特定の恋人を作らずにいるつもりだったという彼女は、今年に入って不動産エージェントのダルトン・ゴメスと交際をスタート。コロナ禍もあって同棲を始めてから関係を深め、現在も順調に愛を育んでいるようだ。この“pov”では〈すべての荷物が消えていく〉とも歌っているが、前作収録の“ghostin”で〈私は荷物の多い女の子〉と歌っていたことを思えば、新しい愛に満たされた彼女がずっと抱えていた荷物(=悩み)から解き放たれつつあるのは明らかだろう。押しも押されぬポジションを確立したアリアナのこれからがさらに楽しみになってきた。 

『thank u, next』以降のアリアナ周辺と『Positions』を楽しむための関連盤!

DOJA CAT 『Hot Pink: Japan Version』 Kemosabe/RCA/ソニー(2020)

アリアナ新作での“motive”を筆頭にビービー・レクサやアリ・レノックスら各方面から引っ張りだこで、まさに旬のドージャ・キャット。これは全米1位の出世曲“Say So”などキュートでキンキーな魅力全開の2作目で、良いタイミングでCD化となった日本盤には“Candy”など前作『Amala』からの代表曲も収録!

 

THE WEEKND 『After Hours: Deluxe Edition』 XO/Republic/ユニバーサル(2020)

新作中の“off the table”で久々にアリアナとコラボしたウィークエンドもまた絶好調でキャリアハイを更新中。こちらはコロナ禍のさなかで2020年を代表する一枚となった最新アルバムのデラックス版で、日本盤にはドージャ・キャットが客演した“In Your Eyes (Remix)”を含む5曲のボーナス・トラックを収録!

 

LADY GAGA 『Chromatica』 Interscope/ユニバーサル(2020)

ガガ様とアリアナの初コラボとなった、ブラッドポップ&バーンズ制作の鬼キャッチーな全米No.1ヒット“Rain On Me”を収録。ボーイズ・ノイズも関わったひと昔前のフィルター・ハウスっぽいダンス・グルーヴが新鮮で、直線的にガンガン歌うアリアナもいい感じ。

 

アリアナの制作パートナーとして近作の成功に貢献し、最近はジャスティン・ビーバー × チャンス・ザ・ラッパーの“Holy”も手掛けるなど活躍中のトミー“TBヒッツ”ブラウンだが、その手腕はこちらのヒット作でも発揮。そのうちの“Ice Cream”にはアリアナも共作者に名を連ねている。

 

人気ドラマ~映画の再リメイクにあたり、サントラの共同総監督を担ったアリアナは、自身も5曲で歌唱。映画本編は不発だったものの、マイリー・サイラス × ラナ・デル・レイやノーマニ × ニッキー・ミナージュ、チャカ・カーン、ヴィクトリア・モネイとのコラボなど収穫は多かった。

 

今年のグラミーでは『thank u, next』と並んで最優秀アルバム部門にノミネートもされた、昨年を代表する名盤。もともと2016年に世に出ていた“Good As Hell”はここで改めて全米3位の大ヒットとなるが、アリアナを迎えたそのリミックスはこちらの〈Super Deluxe〉版で聴ける。

 

エミー賞の受賞歴もある大物ブロードウェイ女優が、偉大な女性アーティストたちの名曲をトリビュートした企画アルバム。彼女とミュージカル「Hairspray Live!」で共演したこともあったアリアナは、レスリー・ゴーア“You Don’t Own Me”(63年)のカヴァーに駆けつけている。

 

曲調やジャケが2チェインズの過去作と激似で“7 rings”が騒ぎになった際は、そのリミックスと本作収録の“Rule The World”に互いを招いて解決。売れっ子は火消しもスマートだ。エイメリー“Why Don’t We Fall In Love”をネタ使いしたこちらの曲調はアリアナ向け。