COLUMN

チャーリーXCX『Charli』 オッドとポップを折衷した新アルバムの魅力とは

チャーリーXCX『Charli』 オッドとポップを折衷した新アルバムの魅力とは

自身のフィーリングとイマジネーションを手掛かりにしてネクスト・レヴェル・チャーリーが爆誕! ハイパーポップな5年ぶりの新作は100年聴いても大丈夫!

ポップとオッドの折衷

 ポップソングを歌うポップスターだけど、みずから破壊を仕掛ける困ったちゃんというのが時折顔を覗かせる。グライムスやブルック・キャンディもそうだし、本稿の主役チャーリーXCXもまさにそう。その気になれば素直な売れ線ヒット・ソングを作れるはずなのに、あえてそこを外して、あの手この手でウィアードな音作りを仕掛けてくる。ならDIYなインディーでもいいようものだが、あくまでもポップ・シーンで勝負する、というのが彼女たちにとっては重要なのだ。ポップ・シーンのド真ん中で、ちょっぴり視点をズラして、アッと驚く大胆な偏屈サウンドをやってのける。5年ぶりにオリジナル・アルバム『Charli』を発表したチャーリーXCXは、いつもそんなポップ・アートを思わせるポップとオッドの折衷を繰り広げてきた。

CHARLI XCX Charli Asylum/Atlantic UK/ワーナー(2019)

 思えば登場した頃から、一筋縄ではいかないオーラを放っていた彼女。ソングライターとしてアイコナ・ポップに提供&客演した“I Love It”(2012年)、フィーチャーされて大ヒットしたイギー・アゼリアの“Fancy”(2014年)、映画「きっと、星のせいじゃない。』のサウンドトラックから火が点いた自身名義の“Boon Clap”(2014年)などなど、立て続けに桁外れのビッグ・ヒットを飛ばしてポップ・シーンの最前線に躍り出たのはいまから5年ほど前。アイドル然とした姿には収まりきらないイメージは手強そうだったし、決してカメラに向かってニッコリなんてことしなかった。

 2014年のセカンド・アルバム『Sucker』は、コートニー・ラヴとブリトニー・スピアーズを同等に愛する彼女が、そんなパンクなポップ愛をぶちまけてみせた作品。が、いまにして思えば、そのアルバムはアンセム調がやたら多くて、〈ちょっぴり肩に力が入りすぎていたかな〉と本人もやや反省気味だ。

 その後は、もっと自分らしいサウンドはないものかと試行錯誤を重ねることとなり、さまざまなアーティストとの共演や楽曲提供を重ねるなかで、ポップ・シーンの裏番長的な存在感を増していったのが、この5年間の彼女の歩みだろうか。多くの同業アーティストたちから多大な信頼を勝ち取り、確実にポップ・カルチャー・マップに爪痕を残してきた。

 なかでもよく知られているのが、セレーナ・ゴメスに提供した“Same Old Love”(2015年)、フレンチ・モンタナも交えてデヴィッド・ゲッタ&アフロ・ジャックと共演した“Dirty Sexy Money”(2017年)、カーディBやビービー・レクサと共演したリタ・オラの“Girls”(2018年)あたりだろうか。その“Girls”と対を成すかのような“Boys”(ラウヴと共作)では、チャーリー・プースからディプロ、ONE OK ROCKのTakaまでが出演するMVを制作し、みずから監督。交友関係の広さを窺わせてくれた。その他、ムラ・マサ、ムー、アルマ、カミラ・カベロ、トーヴ・ロー、アルーナジョージなどなど、ラッパー並みに多くの客演・共作を重ねてきた彼女だが、意外なところではブロンディのアルバム『Pollinator』(2017年)への参加、BTSとの“Dream Glow”(2019年)なんてのも記憶に新しい。そして、そのなかでもっとも大きな収穫だったと思われるのが、新進気鋭のプロデューサー、ソフィーとAG・クック(ロンドンのレーベル、PCミュージックの創設者でもある)との出会いだろう。特にAGは、2017年にチャーリーが発表したミックステープ『Number 1 Angel』や『Pop 2』に深く関わり、どちらも絶賛された。新作『Charli』では彼女と共にエグゼクティヴ・プロデューサーの大役を担っている。

 

自身の立ち位置と居場所

 トロイ・シヴァンを迎えた先行シングル“1999”では、スパイス・ガールズやエミネム、「タイタニック」や「マトリックス」といった映画までをパロディーにした彼女。90年代~00年代にかけてのヒット曲やポップ・カルチャーへのオマージュが溢れていたのは、アルバム全体も同様だ。もちろん最新テクノロジーと現代感覚で抽出されたリモデル・サウンドであり、当時とは異なっているのだけれど、どこか既視感のあるヴァーチャル・リアリティーのような、そんな不思議なノスタルジックなワクワク感を携えている。大ブレイク中のリゾをフィーチャーした“Blame It On Your Love”、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと組んだ“Gone”などがその好例だろう。これらの先行シングルは比較的キャッチーで一緒に歌えるタイプだが、その他はかなりひねくれたポップソングも多数並ぶ。電子ノイズやひしゃげた破壊音が暴れたり、まるで〈メインストリームのポップスをぶっ壊す!〉と言わんばかりの気迫で挑戦する。チャーリー自身の歌声も、ほとんどボーカロイドかAIかというほど加工されており、バックのシンセ・サウンドのほうが温もりを感じさせるほどだ。これまでになくパーソナルで赤裸々な歌詞を歌うにあたって、彼女が見つけた緩和剤のようなアプローチなのかな、という気も。なかでもゲストを迎えずに制作された中盤の“White Mercedes”~“Silver Cross”~“I Don't Know”の流れは、最大の聴きどころだろう。屈折しているけれどスウィートなサウンドは、聴き返すたびに再発見がありそうだ。

 一方、豪華ゲストの顔ぶれも、もちろん本作の聴きどころで、とにかく曲者アーティストが大集合の様相だ。前出のアーティストの他、スカイ・フェレイラ、ハイム、ブルック・キャンディ、キム・ペトラス、パブロ・ヴィタール、ビッグ・フリーダ、カップケーキ、クライロなどなど、国籍やセクシュアリティーを超えた強者たち。ある意味マイノリティー側のアーティストである点にも注目したい。いまならどんな大スターだって呼べそうな彼女だが、あえてそういう人たちを呼び寄せ、囲まれることで自身の立ち位置を明確にしているという気がする。

 昨年11月のテイラー・スウィフトの東京ドーム公演では、全米ツアーに続きオープニング・アクトを務めた彼女。とにかくオーディエンスを盛り上げることを一心に、いつになくアッパーでパワフルなステージを展開した。もちろん巨大なスタジアム・ツアーは彼女にとってまたとない経験だったはずだが、同時にそれは自身の居場所を再確認する機会でもあったに違いない。チャーリーXCXというアーティストが何者なのか、一体どこへと向かうのか。自身の名前を掲げたアルバム『Charli』に、その回答がすべて詰まっている。

チャーリーXCXの作品を紹介。

 

『Charli』に参加したアーティストの作品を一部紹介。

 

チャーリーXCXが参加した近作を一部紹介。

40周年 プレイリスト
pagetop