PR
インタビュー

ネイト・マーセロー(Nate Mercereau)、新世代ギタリストに沼澤尚が惚れる理由

デビュー作『Joy Techniques』を機にNOTHING BUT THE FUNKのバンドメイトが語る

沼澤尚

ネイト・マーセローは凄腕のギタリストであり、今最もホットなプロデューサーの一人でもある。フィリップ・フィリップス、ショーン・メンデス、リオン・ブリッジズ、リゾ、ウィークエンド等のメジャー・アーティストのプロダクションや作曲を次々と手掛け、ギタリストとしてはシーラ・Eのバンドからカルロス・ニーニョ&フレンズにまで参加し、驚くほど振れ幅のあるプレイを見せている。

そのネイトが、ソロ・デビュー作『Joy Techniques』をリリースする。テラス・マーティンをゲストに招き、現在の活動拠点であるLAで録音された本作では、ジャズやファンクから、R&B、ヒップホップ、フュージョン、プログレ、そしてアンビエントまで、さまざまな音楽がクロスしていく。多彩な顔を持つネイトとその音楽について、彼をNOTHING BUT THE FUNKのメンバーとして初めて日本に招いて共演し、以後も緊密な交流を続けているドラマーの沼澤尚さんに話を伺った。

2017年のNOTHING BUT THE FUNKの公演で、沼澤さんからネイトを紹介された。ちょうど、彼がジェイ・Zの『4:44』(2017年)の録音に参加した直後だった。新鋭のギタリストだと思っていた彼の口からは、フライング・ロータスやダディ・ケヴなど、LAの音楽シーンでよく知る人達の名前が次々と出てきて、ビート・ミュージックについての関心を熱心に語っていたことをよく覚えている。アメリカの事情にも詳しい沼澤さんの話には楽しい脱線もたくさんあり、ネイトと彼の世代(90年前後生まれ)の音楽への取り組みを通して見えてくる状況を伝える内容にもなったと思う。

NATE MERCEREAU 『Joy Techniques』 How So/BEAT(2020)

TOWER DOORS