Soggy Cheerios 『III』 熟練と瑞々しさが同居した楽曲の素晴らしさに加え、胸を締め付けるような哀愁が堪らない

2020.01.16

鈴木惣一朗と直枝政広の名コンビによるアルバムもこれで3枚目。熟練と瑞々しさが高次元で同居した楽曲の素晴らしさは改めて言うまでもないが、作品を重ねるごとに胸を締め付けるような哀愁が増しているように感じるのは気のせいか。中森泰弘、平泉光司、谷口雄などのサポート陣との連携も抜群で、滋養豊かな音世界が随所で展開。優河の飾らない透明な歌声が光る“海鳴り”も絶品だし、やっぱり今度も傑作だなぁ。

TOWER DOORS