INTERVIEW

soLi(ISAO & 星野沙織)、ロックとクラシックの実力派が作り上げた理想のゲーム音楽 「悟空とベジータが手を組めば最強でしょ?」

soLi『soLi』

(左から)星野沙織、ISAO
 

凄腕テクニックと高感度なセンスでハード・ロック/ヘヴィメタル・シーンにて活躍、国内外の巨大フェスでも腕を振るう8弦ギタリスト・ISAOと、正統派クラシックの出自を持ちながらJ-Pop界隈のアーティストをサポートするなど多方面で活動中のヴァイオリニスト・星野沙織による新ユニット、soLi。2018年ごろにとある音楽現場で出会い、意気投合したことで結成されたこの男女デュオが、デビュー・アルバム『soLi』をリリースした。

Mikikiでは、出自の異なる二人を繋ぐキーワードであるゲーム・ミュージックの要素が大いに盛り込まれたこのインストゥルメンタル・アルバム『soLi』を完成させた二人を直撃! ダブル主演の対等な関係がコンセプトであるというsoLiと『soLi』を紐解いていくことで、ギター × ヴァイオリン、ロック × クラシックという異色のコンビのユニークな魅力に迫ってみた。

soLi soLi Walküre(2020)

 

どちらも主役

――お二人の名前をアルファベット表記にすると文字が結構カブっていて(ISAO、SAORI)。soLiというユニット名とも関係があるのかなと思ったのですが……。

ISAO「〈soli〉という言葉はソロ演奏などを意味する〈solo〉の複数形なんですけど、僕らはギターとヴァイオリンという基本的にメロディーを奏でるソロ楽器同士のユニットなので、ぴったりだと思ったんです。それとおっしゃるとおり僕らの名前とも関係していて、〈L〉が大文字にしているのは二人の名前には含まれない文字ということで。

なれそめとしては、僕がゲーム・ミュージックを中心にカヴァーするULTIMATES(アルティメイツ)というバンドを仲間たちと立ち上げた時に、ヴァイオリン奏者を入れたくて、知り合いのピアニストを通じて紹介してもらったのが、沙織ちゃんで。共にリード楽器ということもあり、ULTIMATESでは必然的にフレーズやテーマがユニゾンしたりすることも多くて、しょっちゅうアンサンブルについて話し合っているうち、二人だけのユニットに可能性を見出すようになりました」

星野沙織「ULTIMATESで一緒にやり始めて1年程たった頃にISAOさんが手がけた舞台音楽にも参加させてもらい、そこではギター&ヴァイオリンのみの曲も多くて、演奏していてもとても気持ちよかったので味を占めたのかもしれないです(笑)」

ISAO「当時よく〈完全にハモると、まるで1本の楽器みたいに聴こえる!〉と言われたりしましたね」

星野「二人で演奏していると、お互いが主役のつもりで弾けるんです。ISAOさんが相手だと手加減しなくてもいいし、全力でぶつかっていける」

ISAO「ソロの複数形なわけなので、soLiではデュエット、掛け合いを大切にしながらそれぞれのソロ感をちゃんと出したいと思っているんです。お互いに超えないラインもあって、自然の流れのなかでそれぞれが極端に飛び出ることなくバランスを保つようにしています」

――ロックとクラシックという、音楽的なルーツが違う二人による異色な組み合わせですよね。

星野「私は音大に進学する前の、音楽を専門に学ぶ附属の高校からクラシックの道を歩んで来たんですけど、実はロックは数年前まで全く聴いたこともなかったし、弾くこともなかったんですよ」

ISAO「ロックとクラシックって敵対とまではいかないけど、一般的なイメージとして遠いジャンルじゃないですか。だからこそ強力なライバルにもなり得るわけだけど……一緒に手を組むと最強になるんですよ! 『ドラゴンボール』における悟空とベジータみたいに(笑)」

 

二人で演奏することで、ゲーム音楽が原点だったことを再認識した

――そんなお二人のデビュー・アルバム『soLi』は、ハード・ロック/ヘヴィメタルやクラシックというそれぞれが特化しているサウンドをベースに、ゲーム・ミュージックの要素を取り入れています。なぜそこで選ばれたのがゲーム・ミュージックだったのでしょうか?

ISAO「僕自身、音楽に目覚めたきっかけがゲーム・ミュージックだったんです。これまでの人生でいろんな音楽をやってきたけど、これがミュージシャンとしての自分の原点。それを2年前から沙織ちゃんと一緒に演奏するようになって再認識したところがあって。それに、ゲーム・ミュージックを語る上でストリングスって凄く重要なファクターだと思っているんですよ」

――というと?

ISAO「今やゲーム機のサウンドってフル・オーケストラが当たり前ですが、8ビットの〈ファミコン〉時代はスペック的に4つの音しか使えなくて、その中の1つは効果音に割り当てられるので、実質3和音で曲が作られていたんです。それをクラシックの作曲家が作曲していたりするんですけど、そうした制約の中で、スケールの大きな音楽が奏でられていた。で、少なくとも僕の耳には、そこに無いはずの荘厳なストリングスの響きが聴こえていたんですよね。

その後、コンソールの進化と共に生音とかも使えるようになって、90年代後半の〈プレステ〉時代からは完成されたサウンドでプレイができるようになった。その頃、僕は高校3年生くらいでしたが、当初の世界観に時代が追いついたというか、やっと自分の耳に時代が追いついたような気がして、凄く嬉しかったのを覚えています」

――星野さんも元々ゲームやゲーム音楽がお好きで?

星野「はい。私はISAOさんとは10歳違いで、ISAOさんが〈ファミコン〉世代なら、私は物心がついた頃に〈スーパーファミコン〉版の『シムシティ』とかが家にあった世代ですね。よく遊んだのは〈プレステ2〉で、映像がとても美しくて好きでした。でも、先に興味が向いたのはゲームよりアニメだったかな。父親の影響で好きになって。特に高橋留美子先生の『うる星やつら』や『めぞん一刻』とかは昔からファンで、ラムちゃん、弁天さま、おユキさま、ランちゃん……大好きでした。どちらかというと作画のほうに興味があったので音楽はあまり意識していなかったんですが、そのうちアニメの劇伴は夢中になって聴くようになりましたね。今や、クラシックよりもゲームやアニメの音楽のほうが好きなくらいです(笑)」

 

理想のゲーム音楽をとうとう作っちゃった

――ゲーム音楽って劇伴やサントラとも違って、自分=プレイヤーのための音楽というか、ゲームの主人公である自分を盛り上げてくれる音楽なのかなと思っています。そういう意味でも、ミュージック・ビデオも公開されているアルバムの1曲目“Opening Gambit”は「俺って凄え」と気分を高揚させてくれるようで、冒頭から心を掴まれました。

ISAO「“Opening Gambit”はまさに戦闘モノのゲームみたいに〈今から戦いが始まるぜ〉っていう気持ちのナンバーで、沙織ちゃんとsoLiを一緒にやるって決まった時に、ゲームっぽい音楽を書こうと思って作ったものです。これを初めて一緒に演奏した時は、〈来たな〉と思いましたね。子供の頃に夢に描いてた理想のゲーム音楽を、とうとう自分で作っちゃったなって。沙織ちゃんと一緒に演奏することで、〈やっぱり自分に足りなかったものはこれだったのか〉って確信したんですよ。

というのも、それまで主にプログレ・メタルやロックの世界にいて、海外の一流ミュージシャンたちとも共演するため、ポリリズムとか変拍子を7弦、8弦ギターで表現することだったり、ギタリストとしてスキルやサウンドを追求して来たつもりだったけど、いつもどこかで物足りなさを感じていたんです。それを払拭してくれたのがツイン・ギターでもなく、彼女のヴァイオリンだったんですね。以前にもヴァイオリンを入れたバンドはやったことがあるんですが、当時は〈バンド脳〉な考えで、音を歪ませてギターのように弾かせたりして、生音を活かしきれていなかったのかなって。でも沙織ちゃんと共演した時に衝撃を受けて、打ち込みのストリングスにはない生演奏の魅力に目覚めました

――ヴァイオリンはパフォーマンスとしても見栄えがしますよね。

ISAO「まさに。クラシックのヴァイオリンってそうですよね。絵的にも美しい」

星野「私にはISAOさんの言う〈バンド脳〉が何なのかもよくわからないけど(笑)、私は元々ピアノと対等にかけあって演奏できるヴァイオリン・ソナタが大好きなので、soLiでもつねにお互いが主役のつもりで弾いています」

ISAO「一曲の中で何もかもをヴァイオリンにリードしてもらったり、ユニゾンばっかりにしたり、単に交代でメロディーを弾けばいいってわけでもないと、沙織ちゃんとの共演から学びましたね。例えばギターのバッキング・パターンをヴァイオリンで再現させたりするとか、型破りな発想でイメージを膨らませていくのが面白いというのもsoLiを始めて気づきました」

――ちなみに、お二人が今回レコーディングに使用した楽器ってどんなものですか?

ISAO「僕はESPの、8弦仕様の最新シグネチャー・モデルを全トラックで使用しました」

星野「私は1770年代に作られたイタリア製のヴァイオリン。かのベートーヴェンと同い歳のものですね」

 

「スプラトゥーン」「ファイナルファンタジー」……楽曲の世界観に影響を与えたもの

――3曲目“Behind U!”はアルバムの中でも特にノリの良いナンバーですね。

ISAO「これは完全に、今後行う予定のライブを想定して書いた曲ですね。観客のみなさんにペンライトやタオルを振ってもらい、ステージと一体になって盛り上がれたら楽しいだろうなって。ネタバレになりますが、この曲は人気のアクション・シューティング・ゲーム『スプラトゥーン』のノリをイメージしました。実はそういうパターンは他にもあって(笑)、4曲目の“Mirror's Nest”は完全に『ファイナルファンタジー』の世界で……もっと言うと(同ゲームに出てくる)ジェノバっていうモンスターへのオマージュかも。7曲目の“Plasma”はかなり昔に、『聖闘士星矢』からインスパイアされて生まれた曲で、曲名も(登場人物である)射手座のアイオロスの必殺技〈ライトニングプラズマ〉からとりました」

――思った以上に、ゲームがアルバムに影響を与えているんですね。今作は作曲に関しても対等に二人とも担当されていて、5曲目の“Der Baum”と8曲目の“Quiet Waltz”、そして9曲目の“the Tower”の3曲は星野さんが書かれた楽曲です。特にヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、コントラバスを奏でる8人の弦楽器奏者をゲストに迎えた“Der Baum”は壮大なクラシック曲を思わせる意欲作でした。

星野「“Der Baum”は元々クァルテット用に作った曲だったのですが、今回はそこにエレクトリック・ギターを混ぜ込んで、ギターのための弦楽アンサンブルのような形に仕上げてみました。私の中では深い森の中で枯れ木の魔女がBaum=木の年輪のように年月を重ねていくような、超ファンタジックな映像のイメージがあって。これをいつかクラシックの専用ホールでみんなで生演奏するのが夢です!」

ISAO「これは特に、ロックやメタルのミュージシャンには書けない音楽だと思いましたね。改めてクラシックの演奏家が持つポテンシャルの大きさに驚かされました」

星野「ワルツ曲“Quiet Waltz”は、ISAOさんと一緒に演奏するようになって間もない頃に書いたストックを引っ張り出してきたんです。〈これどう?〉って訊いたら〈ええやん〉って言ってもらえてホッとしました」

――そして“the Tower”はアルバムのラストを飾る楽曲で、劇的なクライマックスを見事に演出しています。

星野「“the Tower”は私が〈ゲーム音楽って凄い!〉って最初に感動した、大好きな〈プレステ2〉のゲーム『ワンダと巨像』の世界を私なりに描いたものなんです。ゲーム自体もおもしろいんですけど、音楽もとてもシンフォニックに作られていて、よく出来ているんですよ。巨像と呼ばれる敵を倒していくゲームなんですが、その巨像一体一体によってかかる音楽も異なっていたりして。“the Tower”では、塔から巨像に変身したラスボスにみんなで力を合わせて最後の戦いを挑む場面を表現してみました」

――ISAOさんのシビれるエレキ・ギターのサウンドはロック・ファンの心を鷲掴みにするだろうし、クラシックのリスナーにはこんなヴァイオリンの使い方もあるって教えたくなるようなアルバムです。そしてもちろん、ゲーム音楽好きにもオススメしたい。悟空とベジータが力を合わせたことで、より多くの人々に響くようなまさに最強な作品になりましたね。

星野「ありがとうございます。私は小学校でヴァイオリンを教えてもいるので、自分の活動がいい意味で子どもたちにとって刺激になればいいなとも思っていて。このアルバムのように、クラシックの楽器ひとつとっても音楽を楽しむための可能性は無限だってことを教えてあげたいんです」

ISAO「国内だけでなく世界中の人に聴いて貰えるように、今後も動画などでsoLiの音楽を発信していくつもりです。僕自身、沙織ちゃんと組むことでこんな音楽ができるのかと驚いているので、身近なロックやメタル系、それ以外のジャンルのミュージシャンやリスナーももっともっとビックリさせてやりたいですね!」

 


LIVE INFORMATION

1stアルバム Release Live
2020年5月10日(日)東京・初台THE DOORS
★詳細はレーベル・サイトへ

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop