(左から)HAYATO、HARUKA、 TORU

シンフォニック系メロディック・スピード・メタルにJ-Popスタイルの美しいヴォーカル・メロディーを乗せた音楽が魅力のTEARS OF TRAGEDYが4年ぶりとなる4thアルバム『TRINITY』を完成させた。前作の『STATICE』(2016年)よりサウンド面で進化を遂げ、メタリックなナンバーが増えるとともにメロディーの部分でも充実を図ったこの作品はまさにバンドの成長を示した作品に仕上がったという印象だが、リズム隊が脱退し、HARUKA(ヴォーカル)、 TORU(ギター)、HAYATO(キーボード)の3人編成となったバンドにこの新作について訊いてみた。

 

メンバーの脱退を経た原点回帰と新たな挑戦

――4thアルバム『TRINITY』がようやく完成しましたが、前作の『STATICE』から4年が経ちましたね。その間、曲作りはずっと行っていたのですか?

TORU「2017年に作曲していた時期があったんですけど、2018〜19年はそんなに作らなかったかな……。今回のアルバムは2017年の後半ぐらいに書き溜めたものから発展させた曲が多いんですよ。最近になって、自分が曲作りの面でレベル・アップしている感じる部分もあったので、2017年の曲のままでなく、アップデートして作っていきました」

――『TRINITY』は前作と比べると、シンフォニックな要素が強くなったという印象ですが、どういったアルバムにしたいと考えていましたか?

TORU「3rdアルバムを作った後、次のアルバムは3rdを踏まえて、サウンドをどう進化させるかと思った時、エピカの『進撃の巨人』のカヴァー・ミニ・アルバム『EPICA VS attack on titan songs』(2017年)にめちゃめちゃハマったんです。HAYA(HAYATO)ちゃんにも〈ちょっと、これ聴いてよ〉って勧めたぐらい、そのアルバムに久しぶりにテンションが上がったんですよ。

それと同時に、HAYAちゃんから〈3rdが柔らかい感じの曲が多かったので、久しぶりに攻撃力のある曲を書いてもいいんじゃない〉と言われたんです。それで、書いたのが、“時に鏡は嘘をつく”だったんですけど、その曲に合わせて、他の曲もメタリックに寄っていったというのもありました」

――曲の作り方としては、TORUさんとHAYATOさんそれぞれがある程度の形を作って、あとは2人でアレンジなどを話し合うみたいな感じですか?

TORU「そうです。シンセの音色決め、アレンジに関してはかなり2人で時間をかけて詰めていきますね」

HAYATO「電話で4時間とか話しますよ。長いんです。そのうち関係ない話が3時間ぐらいですから(笑)」

――サウンドに関して、進化が感じられますが、色々研究されているのですか?

HAYATO「そうですね。今まではピアノとかヴァイオリンとか古典的な楽器の音色でいきたいというこだわりがあったんですけど、今回はデジタルなサウンドに挑戦してみたいという思いがありました」

『TRINITY』トレイラー

――レコーディングではTORUさんが参加しているTHOUSAND EYESのドラマーのYU-TOさん、ベースはTORUさんがプレイしていますが、リズム隊はいつ脱退したのですか?

TORU「去年ぐらいですね。ドラマーは家庭を優先したいということになって、ベースは元々メタルの人ではなかったので、自分の音楽を追求するために脱退しました」

――タイトルの『TRINITY』は3人組とか三位一体という意味がありますが、これはどういう意味を込めてつけたのですか?

TORU「HARUKAから3人にちなんだものにしたいという相談をもらって、何かないかなと思って単語を調べていたら、ピッタリの単語があったので、これにしました」

HARUKA「1stアルバム『ELUSIVE MOMENT』(2011年)が3人だったので、心機一転、初心に帰るみたいな感じも込められています」

 

これぞTEARS OF TRAGEDY!な“Nonsite”

――では、収録曲について伺いますが、まず、オープニングSEのタイトル曲“Trinity”に続く“Nonsite”から紹介してください。

TORU「この曲はサビを凄く悩んだんですけど、サビに上手く繋げられた時、自分の中でガッツポーズをしましたね。これがアルバムの最初の曲になるかなと思いました」

『TRINITY』収録曲“Nonsite”

――劇的なイントロの後、HARUKAさんの声が聴こえた瞬間、これぞTEARS OF TRAGEDY!という安心感があります。歌詞に関してはどういったことを歌っているのですか?

HARUKA「1曲目にどんな曲が来ようとも、第一声はお待たせしましたみたいなことを言いたいと前から決まっていたんです。それ以外はフィーリングで書きました」

※歌詞の冒頭は〈長い間 待たせたね〉

――キーボードに関してはいかがですか?

HAYATO「この曲のアレンジは比較的早めに終わりましたね。いつも通り、サビの後ろでストリングスが入っていたりしますが、イントロでは普段使わなかったデジタル・シンセ系の音が入っていて、控えめな味付けになっています。この曲に関しては塩分控えめです(笑)」

単純なメロスピでは終わらせない“幽玄”

――3曲目の“幽玄”はイントロがシンフォニックで劇的ですが、この曲はいかがですか?

TORU「デモの段階からシンフォニックなイントロはあったんですけど、どうやったらゴージャスで迫力のある曲に仕上げられるかが課題だったんです。前から導入していて使いこなせていなかったシンセ系の音源を頑張って使ってみて、これならリリースして大丈夫かなというところまで持っていきました」

――2サビの後半にテンポが落ちで違うメロディーが始まるところが印象的ですね。

TORU「単純なメロスピでは終わらせないというか、あの辺は海外のメロスピにはない部分だと思うので、自分たちの強みだと思います。

J-PopやJ-Rockの影響だと思うんですけど、昔は日本っぽいものを排除して、いかに海外のバンドのようにするかと思っていたんですよ。でも、3rdアルバムでは自分が好きだった音楽の要素を積極的に入れたが方がいいかなと思って結構試していたんですけど、今回はそれをもっと上手に入れられたかなと思います」

――そこのパートの〈重ね、重ね〜〉という歌詞がとても耳に残りますが、歌詞に関してはいかがですか?

HARUKA「ヨルダンにペトラという遺跡があって、それをたまたま何かで見つけたんです。その遺跡の前で夜にろうそくかなんかを地面に並べていたのを見たんですけど、それだけをイメージして書きました。内容は自分の想像です」

HAYATO「この曲はTORUさんが作ってきた段階で、シンセ・パートは固まっていたんです。この曲では楽をさせていただきました(笑)。歌の裏で聴こえるストリングスのサウンドは私の方で検品させていただいております(笑)」

TORU「曲作りもそうですけど、HAYAちゃんにはアレンジでも凄く信頼しているんですよ。サビのメロディーとか歌に対して、コードでただ厚くするというのではなく、別なメロディー的なものを入れてくれるんですけど、それだけ単体で聴いても美しいですし、歌を立てるようなメロディーになっていたりするんです」

 

TUBEのような(?)夏曲“Innocent gram”

――続いて“Innocent gram”はいかにもHAYATOさんらしい曲ですね。

HAYATO「わかりますか? そうなんです。夏曲と呼んでいます」

――以前ライブでプレイしていていましたよね。

HAYATO「やっています。あの時はまだアレンジは固まっていなかったんですよ。それで、今回はちゃんとしたヴァージョンがやっとお披露目できることになりました。

〈夏の曲を作って〉という話だったので、夏と言えば、何だろうと思ったんですけど、昔のコカコーラのCMをイメージしました。〈プシュッ!〉と缶が開くイメージです(笑)。イントロにそのプシュッという音をサンプリングして入れたかったぐらいなんですけどね(笑)」

TORU「何年か前にライブでやった時はTUBEって言っていたよね?」

HAYATO「面白がって言っていただけです(笑)。実はSIAM SHADEの“グレイシャルLOVE”が大好きで、ああいう突き抜けて明るい曲がいいなと思って作った曲なんですよ」

TORU「この曲では〈SIAM SHADEっぽくギターを弾いて〉と言われたんです。俺もSIAM SHADEが大好きなので、〈任せてくれ!〉って弾きました」

――歌詞も夏を踏まえて書いていますね。

HARUKA「サマーバケーション! フー!みたいな感じで書きました。こういう曲があってもいいかなと思いますが、ちょっと恥ずかしいです(笑)」

HAYATO「大丈夫ですよ。海にも行かない奴が作った夏の曲ですから(笑)。そもそもこの曲の仮タイトルは〈常磐ハワイアンセンター〉でしたから(笑)」

 

近未来を描く“Anonymous”、ネオ・クラシカルな“Outsider”

――続いて5曲目の“Anonymous”はシーケンス・フレーズのイントロで始まりますが、これまでにはないパターンですね?

TORU「この仮タイトルは〈近未来〉でしたね。最近はギターよりシンセから曲を作ることが多くて、イントロのアルペジオのフレーズは音色を色々探しながら作っていったんです。そこにさらにHAYAちゃんが近未来感をたくさん入れてくれたおかげで、この曲が何段階も近未来になりました。サビも裏にピコピコした音とかストリングスのメロディーが入っていて、サビがデモ段階より強くなりましたね」

HAYATO「昔、NHKで“コンピューターおばあちゃん”という曲があったんですけど、あの曲はピコピコしていたので、頭にあったんでしょうね(笑)。コンピューターと言えば、ピコピコ=近未来という安易な発想です(笑)」

TORU「ギター・ソロ終わりの一瞬、落ちサビっぽくなるところで、シャカシャカとシェイカーっぽい音が入っているんですよ。パット・メセニー・グループの“Last Train Home”という曲でブラシを使っているんですけど、それを意識して入れました」

HARUKA「近未来という仮タイトルで曲が来た時に、何年も先の近未来じゃなくて、もっと来年ぐらいの近未来だと思っていたんですけど、2人が思っている近未来感を勝手に想像して歌詞を書きました」

――6曲目の“Outsider”のイントロはネオ・クラシカルな曲ですね。

TORU「最初、イントロのクワイアをゴージャスにするのが難しかったんですけど、最後の最後で今の形にまとまりました。でも、曲そのものはイントロの感じでは進まないのが、自分たちらしいと思っています」

HAYATO「イントロの感じで曲が進まないので、キーボードの音を考えるのが難しいんです。サビは爽快じゃないですか。どうしようかなと思った結果、結局ストリングスを入れたんですけど、難しかったですね」

TORU「シンフォニックとJ-PopとJ-Rockをミックスしながら、サビは悩んですけど、その時、参考にしたのがアングラの“Spread Your Fire”のコード進行でした」

HARUKA「歌詞は今回のアルバムの中では一番難しいと思いました。これといったイメージができなかったので、どこにも属さない者から持ってきました」

――作詞をするときは曲を聴いてイメージするのですか?

HARUKA「ずっと聴いています。何か1つの単語をイメージができれば、そこから膨らませることができるんですけど、この曲ではその単語すら思い浮かばなかったですね」

優しさの中の強さを表した“after song”、速さを求めた“No.05”

――次の“after song”は歌とピアノとガット・ギターだけによるまさに3人だけによる曲ですね。

TORU「そうですね。強さを強い曲で表現するとか、優しさを優しい曲で表現するのは表現の方法としては簡単だと思うんです。でも、優しい曲で強さを表現するとことができたらと思って、この曲を作ったようなところがあります。

最初、Aメロはもっと平和な感じでまったりしていたんですけど、もっとグッと来る感じがほしかったんですよ。素朴な中にエモい感じが欲しかったので、作り直しました」

HAYATO「ギターがずっと後ろで入っていて、テンポも決まっていたので、そこにピアノがぶつからないようにどう入れるか迷いました。

コード進行がシンプルだったので、ピアノで起伏を付けられないかなと思ったんですけど、ギターの音域に限界があるので、広げるとしたらピアノの役割だと思いましたね。1回目のサビの終わりで落ちるところはとことん落として、喜怒哀楽をわかりやすいように、味噌味、醤油味がちゃんとわかりやすいように味付けを変えました」

HARUKA「話がドンドンおかしくなっていく……(笑)」

――この曲でHARUKAさんは本領発揮という感じではないですか?

HARUKA「そうですね。こういう曲の方が得意分野ではあると思います。

うちのバンドは曲を作る時、情報共有をしないので、インタビューで初めて知ることも多いんですよ。今、優しさの中にある強さという裏テーマを初めて聞いたんですけど、私は曲の雰囲気からそんなようなことを汲み取って、私も全く優しくない歌詞を描こうと思いました。

こういう人生だったら、未来の自分はこんな感じかなという、寂しい感じで歌いました」

――次の“No.05”はHAYATOさん作の曲ですね。

HAYATO「これは原点回帰じゃないんですけど、こういうメチャメチャ速い曲が好きなんですよ。1stアルバムで“Silence Ocean”という曲を作ったんですが、ああいう曲がやりたくて作りました。

速いだけでは面白くないので、間奏のところはお洒落なピアノのパートにしてみたり、転調もあまりなくシンプルだけど、飽きないような感じにしたりしています。とにかく速い曲がやりたかったんですよ。速い、安い、旨いみたいな感じです(笑)」

2011年作『Elusice Moment』収録曲“Silence Ocean”

――この“No.05”というタイトルの意味は?

HARUKA「それはちょっと言いたくないので、皆さんに委ねたいですね。

歌い方は自分の中で冒険したというか……周りから言われているからかもしれないですけど、綺麗に歌うことが正しいと思っている自分がいるんですよ。それがこのバンドの良さにつながっていたと思うので、今までそういう歌い方をしていたんですけど、それだけじゃダメだと思うことがあって、挑戦してみたら、違う歌い方も出来るんだなと思ったんです。それで、この曲では大分崩して歌ってみています」

 

冬を表現した“frost flower”

――9曲目の“frost flower”は爽やかな曲ですが、これはいかがですか?

TORU「作ったのは俺なんですけど、推してくれたのはHAYAちゃんなんです。この感じの曲調の曲が何曲かあって、他に入れたい曲もあったんですけど、HAYAちゃんがこの曲が特にいいので、他に似たような曲を入れない方がいいと言ってくれたんですよ。

この曲は冬の曲に聴こえるというんですけど、俺は〈冬かな?〉って感じだったんです。でも、アレンジしてもらったものを聴いたら、凄く冬感が出ていました。

HAYAちゃんはイメージを音にする力が凄いんです。それで音の方向性もそっちに行きましたね。ギター・ソロではメタル・ソングではなく、ポップスにしたかったので、アコースティック・ギターで弾きました」

HAYATO「めちゃめちゃ冬の曲にしてやろうと思ったんですけど、イメージとしては家族連れがクリスマスに買い物に行っているような平和な感じです。そこにちょっと聖なる感じとか、寒そうな感じを全面的に入れました」

HARUKA「仮タイトルが〈真冬の奇跡〉、サブ・タイトルが〈大人には見えない〉で送られてきたんです(笑)」

HAYATO「サンタクロースはいるけど、大人には見えないという意味です(笑)」

HARUKA「それで、冬の曲なんだなと思ったんですけど、TEARSには冬の曲は他にもあるんですよ(『Continuation Of The Dream』収録の“It Like Snow…”)。しかも、曲調としてはJ-Pop寄りの似た傾向の曲なので、住み分けはどうしようと思ったんです。最初は全然違うものにしようと思ったんですけど、続きみたいな感じで歌詞を書きました」

二重人格の“時に鏡は嘘をつく”、オジさんが空を飛ぶ(?)“クロノメトリー”

――“時に鏡は嘘をつく”はパイプ・オルガンの音色が特徴的な曲ですが、これはどういう流れで作った曲ですか?

TORU「HAYAちゃんからのリクエストだったので、オルガンの音で弾いて作り始めました。その重厚感を保ちながら、Bメロは自分たちらしさが出ています。大枠は自分で作ったんですけど、HAYAちゃんがアレンジで本領発揮していますね」

HAYATO「(これまでのアルバムでは大作を得意としていたが)今回は長い曲がないので、そのストレスをこの曲で発散してやろうと思って、やりたいことを全てぶつけた曲ですね」

――歌詞はHARUKAさんとTORUさんの共作になっていますね。

HARUKA「そうですね。最初のデモにちょっとだけ歌詞があって、TORUさんからこの曲の歌詞は俺が書くと言われていたんですよ。でも、その後、歌詞が全然来ないので、私が先に書き進めたんですけど、その後、届いた歌詞が全然私のイメージと違ったので、どうしようと思って、敢えて2人がいるような歌詞にしました。1番と2番で別のことを言っている歌詞になっています。

タイトルは二重人格という意味が込められているんですけど、TORUさんが初めて日本語のタイトルをOKしてくれたので、幅が広がって嬉しいです」

――最後の“クロノメトリー”はHAYATOさんの曲ですが、こちらはいかがですか?

HAYATO「今まで使ってきたのとは全然違う音色をどうしたらイメージ通りの音になるんだろうと、手探りで色々やり始めたら楽しくなってきて、完成まで行きつきました。作り始めたのは2年ぐらい前ですね。

特に力を入れたのは間奏のところで、トランスとかでありそうなパターンかもしれないですけど、そこにピアノを入れて自分らしさを表現できたと思います。イメージとしては世の中が嫌になったオジさんが空を飛んでいるという曲です(笑)」

HARUKA「私はそれを全く無視しました(笑)。どうしてもオジさんは飛ばしたくなかったので、未来ある若者を空に飛ばしました(笑)。

初めてライブのラストっぽい曲ができたと思いますね」

TORU「ギターは難しくて、あまり歪ませると混ざってしまうので、シンプルに弾きつつ、Aメロでクリーン・トーンを入れてみたり、Bメロで左右違うことをやってみたりしました」

 

4年をかけ、色々なことを乗り越えて『TRINITY』に辿り着いた

――充実した内容の作品が完成しましたが、コロナ禍ではなかなかライブを行えない状況が続いていますね。今後はどういった活動を予定していますか?

TORU12月6日(日)にタワーレコード池袋店でこの『TRINITY』の発売記念インストア・イベントを予定していて、アコースティックでライブをやろうかと思っています。

今年はアルバムを出して、東名阪のツアーをやって、東京では少し規模を大きくして挑戦したいと思っていたんですけど、それが無理そうなので、どうしようかなという感じです」

HARUKA「来年は状況も変わっているもしれないですから……。ファンの人に会いたいですから、そういう場を設けられたらいいなと思います」

――最後にそのファンの方へメッセージをお願いできますか?

TORU「4年ぶりのアルバム『TIRINITY』が完成しましたが、この4年の間に色々なことがあって、そういうことを乗り越えて辿り着いた音であることは間違いないことなので、楽しんでいただける内容になっていると思います。今までに無いこともやっていますので、4年の歳月を感じていただけたら嬉しいです」

HARUKA「自分の聴きどころを見つけていただいて、それぞれの楽しみ方で楽しんでいただけたら嬉しいです」

HAYATO「今回はデジタル・サウンドを入れたり、今までとは違うアレンジが聴きどころになっていますので、これまでの作品との違い楽しんでいただけたらと思います」

 


EVENT INFORMATION
TEARS OF TRAGEDY『TRINITY』発売記念アコースティック・ミニライブ&サイン会
2020年12月6日(日)タワーレーコード池袋店5Fイベントスペース
開演:
①13:00
②15:30
2020年11月25日(水)に発売されるTEARS OF TRAGEDY『TRINITY』をタワーレコード池袋店にてお買い上げの方に先着で〈ミニ・ライブ観覧券〉と〈サイン会参加券〉を配布いたします。〈サイン会参加券〉をお持ちの方はミニ・ライブ終了後のサイン会にご参加いただけます。サインは対象のCDにいたしますので、当日CDを忘れずにお持ちください。
https://tower.jp/store/event/2020/12/014001