PR
インタビュー

ストームジー(Stormzy)『Heavy Is The Head』UKラップの王者が辿ってきた輝かしいキャリアを紐解く

ストームジー(Stormzy)『Heavy Is The Head』UKラップの王者が辿ってきた輝かしいキャリアを紐解く

さまざまな栄誉を掴んでUKラップの王者は記録と記憶に残る特別な存在となった。2枚目の傑作『Heavy Is The Head』に至るまでの栄光を振り返ってみよう!!

記録づくめの成功

 共同主催者のエミリー・イーヴィスが〈史上最高〉と形容した2019年の〈グラストンベリー・フェスティヴァル〉。その初日、英国出身の黒人ソロ・アーティストとして初めてヘッドライナーを飾ったのが25歳のストームジーだった。年齢的にも当時24歳でヘッドライナーに選ばれた71年のデヴィッド・ボウイに次ぐ史上2番目の若さ。ちょうど全英No.1シングルに輝いた“Vossi Bop”や“Crown”などを披露した彼は、BAME(黒人、アジア人、少数民族の英国人)から成るダンス・グループのバレエ・ブラックやクリス・マーティン(コールドプレイ)らを引き連れ、刑事司法制度における人種の偏りなどを訴えて広く賞賛を集めた。あの(かつてラップ嫌いで知られた)ノエル・ギャラガーが〈グライムはパルプやジャム、キンクスと同じくらい英国的なもの〉と認めて賛辞を贈ったというのも凄いことだが、この大舞台でストームジーが身に着けていたのはまさにユニオンジャック柄の防刃ベストである。これはロンドンでの刺殺事件の増加に対するメッセージとしてバンクシーが制作したものだ。そして、その防刃ベストをジャケにあしらったのが、2019年末にリリースされたセカンド・アルバム『Heavy Is The Head』であった。

 ただ、そうなる以前から彼が破格の成功を収めてきたのは言うまでもないだろう。93年にロンドンのクロイドンで生まれ、11歳でラップを始めたストームジーは、みずから〈グライムの子ども〉と称するようにワイリーやスケプタに影響されてきたという。2010年代に入るとローカルな客演に顔を出すようになり、2013年に初のミックステープ『168: The Mixtape』、翌年にはソロEP『Dreamers Disease』をリリース。憧れのワイリーやチップ、プロフェッサー・グリーンといった大物MC陣の楽曲に抜擢され、2014~15年のMOBOアウォードで〈最優秀グライム・アクト〉を2年連続受賞する彼が早い段階から期待されていたのは明白だった。

 そんな次代のスターに最初の成功をもたらした一曲こそ、JMEの“Serious”をビートジャックしたフリースタイルの“WickedSkengman 4”(2015年)だった。これは彼にとって初めての全英TOP40ヒットとなる18位まで浮上(全英TOP40入りした最初のフリースタイル音源でもある)。そこからギグズやPマネーとのコラボも経てアトランティックとの契約を果たし、ド直球なグライムの“Big For Your Boots”を全英6位に叩き込んだ勢いのまま、ファースト・アルバム『Gang Signs & Prayer』を2017年2月にリリースしたのだった。

 傑作の誉れ高い同作は見事に全英1位をマークして〈全英チャートでNo.1を獲得した最初のグライム・アルバム〉となったほか、翌年のブリット・アウォードにて彼に〈英国ソロ男性アーティスト部門〉〈最優秀英国アルバム〉の2部門受賞という栄誉をもたらした。こうした駆け足の成功によって、彼は〈グライム・シーンの最重要ラッパー〉という形容すら一気に乗り越えて、現行UKシーンにおける最重要アーティストと目されるに至ったわけだ。なお、これに前後して彼はリンキン・パークやリトル・ミックス、ジョルジャ・スミスを含むいくつかのコラボを世に出してもいる。

 

王者に相応しいアルバム

STORMZY Heavy Is The Head #Merky/Atlantic UK/ワーナー(2019)

 それに続く『Heavy Is The Head』は2枚目のジンクスをあっさり吹き飛ばした。前述したように先行カットの“Vossi Bop”は彼にとって初の全英No.1シングルとなり(初週で1億2700万回以上も再生され、英国出身ラッパーとして初週最多の再生回数を記録)、続くMJコール&ジミー・ネイプス制作の“Crown”は4位を記録。その間には客演したエド・シーラン“Take Me Back To London”も全英1位を獲得するというトピックを挿み、そのエドとバーナ・ボーイを迎えた強力なリード曲“Own It”もまたまた全英No.1に輝いている。

 そんな状況下でリリースされた『Heavy Is The Head』も当然のようにチャートを制覇した。アルバムには他にもヘッディ・ワンを迎えた“Audacity”(これも全英6位まで上昇)をはじめ、エイチ、H.E.R.、イェバがゲスト参加。全曲をフレイザーT・スミスが手掛けた前作に対して今回は海外勢も含む複数のプロデューサーが参加しており、ミニマルなヒップホップの“Vossi Bop”やクワイアを従えたメロディアスな“Crown”、アフロ~ダンスホールの“Own It”といった野心的な新生面をあえてシングルで打ち出す一方、その合間に出したサー・スパイロ製のハード・グライム“Sounds Of The Skeng”をアルバム未収録にしたことからもわかるように(日本盤にはボートラとして収録!)、アルバム中でもグライム寄りのプロダクションと言えるのはフレイザーの手掛けた“Audacity”ぐらい。それでもワイリーの過去曲を引用した“Wiley Flow”で先達にオマージュを捧げているのは彼なりの敬意だろうか。いずれにせよ、少し前とは比べ物にならないほどUKのポップ・シーンにラップ/ヒップホップが定着した現在にあって、その王者に相応しい作りのアルバムになっていることは間違いない。2月のブリット・アウォードではふたたび〈英国ソロ男性アーティスト部門〉に輝いたばかりだが、ここからの彼は、同胞のエンパワーメントや社会運動におけるスポークスマン

 ……と、ここまで書いてきたところで3月に予定されていた来日公演が諸事情により11月まで延期されることになった。残念ではあるが、それまでの期間にまた何かしらのアクションもあるはずだし、さらにパワーアップした姿で来日が実現することを期待しておきたい。

 

TOWER DOORS
pagetop