イヴ・トゥモア(Yves Tumor)『Heaven To A Tortured Mind』韓国歌謡の引用などおもしろいネタ使いが多く、ファンクやソウルの要素も顕著

2020.05.08

ワープ発の前作『Safe In The Hands Of Love』(2018年 ) が絶賛されたショーン・ボウイのソロ・プロジェクト、イヴ・トゥモアのニュー・アルバム。韓国歌謡を引用した“Gospel For A New Century”や“Ro­m­anticist”など、おもしろいネタ使いが多い。シンコペーションを多用したベースラインが際立つせいか、全体的にファンクやソウルの要素が顕著だ。前作の奇抜さとは程遠いシンプルな音作りも印象的。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS