OPUS OF THE YEAR 2018
[特集]2018年の100枚+
例年通りor例年以上に素敵な音楽が多方面から届いた2018年――そんな充実の年を象徴するグッドなアルバム作品を、順位ナシの100枚で振り返ってみましょう!

★bounceの選ぶ2018年の100枚・前編
★bounceの選ぶ2018年の100枚・後編
★bounce編集部スタッフの選ぶ2018年の〈+10枚〉

 


ONE HUNDRED PLUS ONE
ライター陣の選ぶ2018年の〈+1枚〉

◆青木正之

KING COYA Tierra De King Coya ZZK(2018)

ニコラ・クルースの躍進を契機に、中南米のクンビアやフォルクローレ経由のスロウ・グルーヴを操るプロデューサー/DJたちがフロアで注目を集めている昨今。その道筋を切り拓いたアルゼンチンの至宝による9年ぶりのこのアルバムは、民族音楽とさまざまな電子音響が織り成す奇々怪々なグルーヴでブッ飛びまくり! 2018年は電化クンビアを世に知らしめたコンピ『ZZK Sound Vol.1 Cumbia Digital』から10年の節目でもあり、ことさら印象深い一枚に。

 

◆荒金良介

TURNSTILE Time & Space Roadrunner(2018)

人を喰ったようにシュールなMVもさることながら、ズバ抜けた音楽センスの高さで人気沸騰中のボルティモア発の5人組ハードコア・バンド。マッドボールやニュー・ファウンド・グローリーの対バンもこなす実力派だ。ロードランナー移籍第1弾の本作でも2分前後のショート・チューンを連発していて、どれも文句ナシのカッコ良さ。ほかにもコヒード・アンド・カンブリア、ゴースト、ターボネグロ、クイックサンド、オーソリティ・ゼロのアルバムが良かった。

 

◆池田謙司

THOMAS FEHLMANN Los Lagos Kompakt/OCTAVE(2018)

ラリー・ハードと迷いましたが、どちらもクラブ・ミュージック創世記から活動している大ヴェテランの傑作です。まあ、気分でこちらをピックアップ。〈ダブ・テクノ〉とか〈アンビエント〉とかのワードでは括りきれない含蓄のあるサウンドで、何より音が素晴らしく良いです。思わず背筋が伸びちゃうくらい、格の違いを見せつけられた作品でした。2019年はアフリカ勢の斬新な電子音、南米の緩いサイケ・グルーヴに期待したいです。

 

◆池谷瑛子

竹内まりや REQUEST: 30th Anniversary Edition ワーナー(2018)

ここ数年のフューチャー・ファンク流れでの海外評価をきっかけに聴き直し、2018年は活動40周年による盛り上がりもあって、本当に竹内まりやばかり聴いていました。なかでもアナログでリイシューされた本作は、あまりに家でかけすぎて幼稚園児の娘が“けんかをやめて”を口ずさむようになり、ふと〈そう言えばこれ、実家で自分の母親も聴いてたアルバムじゃん〉と思い出すに至り……。娘の嫁入り道具用にもう一枚買おうかな。

 

◆一ノ木裕之

NATALIA LAFOURCADE Musas: Un Homenaje Al Folclore Latinoamericano En Manos De Los Macorinos Vol. 2 ソニー(2018)

ナイアガラの『Apologia』、スティーネ・ヤンビンの『Fake Synthetic Music』、発掘系ではチャーリー・モローの『Toot! Too』やアラニス・オボムサウィンの『Bush Lady』などなど、本企画の趣旨に寄り沿うであろう〈+1〉な作品はいろいろあったけど、2018年は真っ当な表ベストに選ばれるべき&たぶん年間を通していちばん聴いたこの盤を。こういう方々のライヴが観られない日本ってやっぱりいつまで経っても極東だなあ。

 

◆稲村智行

VARIOUS ARTISTS Uncle Drew RCA/ソニー(2018)

ブラック・ムービーの活況ぶりを反映してか、嬉しいことに2018年は杏レラトの著書「ブラックムービー ガイド」も刊行。で、日本公開された作品のなかでも「アンクル・ドリュー」は一番エンタメ色が強く、NBAのスター・プレイヤーも出演し、観どころ満載だった。そしてこのサントラも、エイサップ・ロッキーやG・イージーら旬のアーティストによるフレッシュな曲が盛り込まれ、お得感たっぷりの好内容に。2019年早々にはカンヌ映画祭を制したスパイク・リーの最新作も公開が控えていて楽しみだ。

 

◆内本順一

山﨑彩音 METROPOLIS フォーライフ(2018)

スネイル・メイルやサッカー・マミーとの同時代(同世代)性も強く感じる、声と心の揺らぎのリアル。夢中でいたいから〈飽きたんだ〉と言葉にしたり、〈壊れそう〉なんて言いたくないからひっそり倒れたり。猛スピードで推移する感情に振り落とされそうになりながらも、山﨑彩音は言葉と歌でその瞬間を掴まえる。〈大好きなうた/大きな声で唄ってさ/生きているんだって感じる〉のは50代の僕だって一緒だから何度聴いてもグッときちゃったんだ。

 

◆金子厚武

乃木坂46 シンクロニシティ N46Div./ソニー(2018)

国民的なアイドルになるということは、社会を体現することとイコールだったりもする。この次のシングル“ジコチューで行こう!”と合わせた時に見える〈多様性のある社会は、個人の自由意思があってこそ作られる〉といったメッセージは、ceroの『POLY LIFE MULTI SOUL』ともシンクロしていた……なんて妄想を普段アイドルとの接点があまりない僕にさせるほど、〈乃木坂46スゲエ〉と思うことの多い一年でした。〈乃木中〉はおもしろい。

 

◆北爪啓之

CANDY OPERA 45 Revolutions Per Minute Firestation/BAD FEELING(2018)

2018年どころか、ここ10年のリイシュー盤でもっとも衝撃を受けた出会い。82年から10年ほど活動していたリヴァプールのバンドで、公式音源を一切残していないため当時のライヴ体験者しかほぼ存在を知らなかったと思われる。しかし、この初出の音源集にはプリファブ・スプラウトやアズテック・カメラと並べても遜色のない楽曲たちが詰まっているのだ。〈過去にはまだまだ物凄いお宝が眠っているかも〉というロマンを抱かせてくれた俺的〈+1〉。

 

◆北野 創

鷺巣詩郎 アニソン録 プラス。 キング(2018)

多様性と画一化について考えさせられることの多い昨今、鷺巣詩郎のアニメ音楽仕事(+アルファ)を集めたこの4枚組に触れて、80年代のデジタル・サウンドからジャズ、クラシックをも包括するその音楽性に、歌謡曲の時代から続く日本のポップスの多様性を感じて感銘を受けた次第。というかbmr誌の連載を含め、彼の仕事がいかに自分の音楽人生に影響を与えたのか、改めて気付いた面が大きい。そして最新作となる「SSSS.GRIDMAN」の劇伴もやっぱり凄かった!

 

◆久保田泰平

ムッシュかまやつ ゴロワーズ(+1) ブリッジ(2018)

〈+1〉されての嬉しいリマスター。オリジナルが出た94年当時はこれでもかと聴いていた盤で、ゴロワーズの煙草も吸ってたぐらい影響されたのに、〈嬉しい〉って言ったわりには近頃そんなに聴くことがなく、ムッシュが亡くなられた時も偲んで真っ先に聴いた作品っていうわけじゃなかったのですが、この機会に久々聴いたら痺れました。で、これを作った時のムッシュの年齢に自分がかなり近付いている事実にも若干痺れて……。

 

◆桑原シロー

DAVID CROSBY Here If You Listen BMG Rights(2018)

ヴェテランだとボブ・ディランやヴァン・モリソンの活躍ぶりに目が奪われがちだけど、華麗なる復活を遂げてコンスタントに良作を発表している彼の存在も忘れちゃいけない。このところ協力体制にあるベッカ・スティーヴンスやスナーキー・パピーのマイケル・リーグらとガッチリ組んで制作した本作は、〈ジャジーなフォーク・アルバム〉の最高峰と言えるほど途轍もなく美しい名品だった。完璧なコーラスワークに多くのファンが往年のクロスビー・スティルス&ナッシュを連想したはず。

 

◆郡司和歌

D.A.N. Sonatine SSWB/BAYON PRODUCTION(2018)

〈フジロック〉出演をはじめ、UKでのライヴやアジア・ツアーなど、国内外を問わず幅広い活動が印象的だったD.A.N.の2018年。この2作目もドラムスとベースはよりタイトに重厚に、色香を添える歌声はより艶やかにロマンティックに、〈ジャパニーズ・ミニマル・メロウ〉と称される彼らのサウンドがさらに深化してスケール感を増し、まさに世界行きの意欲作だった。静かに燃え広がるメランコリックな音像にも心震えるばかり。おそらく2019年は海外のクラウドをもっと沸かせることになるだろう。

 

◆澤田大輔

COLORED MUSIC INDIVIDUAL BEAUTY ORGANIC/Solid(2018)

バレアリックやアンビエントの文脈で80年代のさまざまな国産音源の発掘が進むなか、藤本敦夫と橋本一子のユニットによるお蔵入りしていた83年作が音盤化。ハウス誕生前のシカゴ・ハウス“Heartbeat”の未発表版をはじめとするカテゴライズ不能のファンキーでエスノな楽曲が、オーパーツのような謎のフレッシュネスを湛えております。なお、同ユニットの初作『COLORED MUSIC』や橋本一子のソロ作も続々とリイシュー。まとめて刺激を受けまくりました。

 

◆柴田かずえ

YVES TUMOR Safe In The Hands Of Love Warp Records/Beat Records(2018)

私的インパクト大賞はこれ! 奇抜なヴィジュアルはもちろん、突然のワープ入りにも驚いたが、ショーン・ボウイがイヴ・トゥモア名義で発表したこのアルバムは、引き続き大人気だったブレインフィーダー好きの心もガッツリ掴むはずの刺激が満載。狂気の沙汰の咆哮も悪夢的なリズム展開やループも実は計算し尽くされていて、目眩を起こすほどの昂揚感/陶酔感があり。エレクトロもエモもゴスもゴチャ混ぜな衝撃作の誕生を目の当たりにした平成最後の冬なのでした。

 

◆ダイサク・ジョビン

DAVID BYRNE American Utopia Nonesuch/ワーナー(2018)

ボラ・デ・ニエヴェの編集盤『Una Biografia』と迷ったけどコチラで。不穏な世界情勢のなか、右向け右、左向け左で余計火に油を注ぐ(誰かさんの思うツボ)のではなく、〈いまの世界に我々は満足していない、では別の道があるんじゃないのか?〉と本作で冷静に問い掛けてくるこの人は、やっぱりパンクでクレヴァーで信頼できるな~と。このご時世に、〈陽気になれる理由〉という楽観主義に関してのレクチャーを開催したりするところも。

 

◆田山雄士

ArtTheaterGuild HAUGA ROCKBELL(2018)

〈#ひとつの時代が終わった〉なんていうしょうもないハッシュタグがあるけど、本当に変わりますね。音楽シーンも終焉を感じることは多め。テイラー・スウィフトみたいな毅然とした表現者、もっと日本からも出てきてほしい! 常識の呪縛に囚われず、ナチュラル&本気で楽しくやっている人がやっぱり好きです。そんななかArtTheaterGuildは飄々と抜群のオルタナ・センスを突き詰めていってくれそう。タイトルは〈ホウガ〉と読みます。山中さわお(the pillows)のプロデュース。

 

◆長澤香奈

Althea 白紙に返して the encouraging folk(2018)

10代のみが出場できる〈未確認フェスティバル〉で2016年のファイナリストに選ばれた3人組のタワレコ限定盤。鋭く畳み掛けるダイナミックな展開が気持ち良い表題曲と優しく切ない“Miami”、そして代表曲のアコースティック・ヴァージョンを収め、バンドの魅力を凝縮(ゆーへーの色気のある歌声も◎)。同フェスも4年目を迎え、初代王者のShout it Outの解散やKIDS'Aというバンドでセミファイナルまで残った崎山蒼志のブレイクなど、何かと話題の多い一年だった。

 

◆野村アリマサ

YUMA HARA THE DAYS UPLIFT JAZZ/Soul Fellowship(2018)

さだまさしが腕前を買うギタリストとしてのテクニックもさることながら、プロデューサーとしてのスケールの大きさと図抜けたセンスを感じさせてくれた若き才能のデビュー作。うだるような暑さだった2018年の夏、清涼感が溢れ出す冒頭に何度、体感温度を下げてもらったことか。改めて聴き返してみてもいまの時期の乾いた空気によく染み渡るし、愛聴盤というのは季節を選ばないものだなと。T-GROOVEと行ったMikikiでの対談もぜひご一読を。

 

◆林 剛

PETE ESCOVEDO Back To The Bay Esco(2018)

猛暑だった2018年の夏、ベイエリアの名ラテン・パーカッション奏者による70~80年代ソウルのカヴァー集は涼を取るためのBGMとして最多プレイした。娘のシーラ・Eもコンガを叩いたラテン・ジャズな演奏をバックに、ボビー・コールドウェルやハワード・ヒューイットらが歌うひたすら心地良いだけの名曲集だが、意味や意義を見い出さなくていい音楽は心底楽しい。MVPはアル・グリーン“Let's Stay Together”など3曲を歌ったサイ・スミス。夏の声にも冬の声にもなれる彼女の活躍も地味に凄かった。

 

◆人與拓馬

BRUNO MAJOR A Song For Every Moon July/インパートメント(2018)

2018年は俺的に豊作だった。くるり、カネコアヤノ、折坂悠太、Mrツイン・シスターなどなど、お気に入り盤を挙げたらキリがない。そんななかから悩みに悩んでチョイスした〈+1〉は、単独来日も果たしたブルーノ・メジャーのこのアルバム。サム・スミスが前座に指名したことも相まってその名を大きく広めた彼の、ジャズの成分をたっぷり含んだギター・プレイと甘い歌声に同性ながら蕩けたものだ。いまからでも遅くない。あなたの夜のお供にぜひ。

 

◆Masso 187um

LIL' KEKE Slfmade II Slfmade 713(2018)

トラヴィス・スコット『Astroworld』の大ヒットでふたたび注目が集まるテキサスのシーン!と息巻いた好きモンな方々も多いのではないでしょうか。そんな好きモンを狂喜させた川崎CLUB CITTA'でのイヴェント〈G'D UP FESTIVAL〉(ビガップ、II TIGHT MUSIC!)は、個人的な2018年のハイライトのひとつ。特にトリを飾った首領リル・キキの、聴きたい曲をほとんど演ってくれたライヴは最高でした!

 

◆宮本英夫

Diggy-MO' DX:10th Anniversary All This Time 2008-2018 ソニー(2018)

SOUL'd OUTを知らない世代にも届けたいソロ10周年ベスト。特に2014年以降はR&B、ジャズ、EDM、ロック、ソウルなど豊かな素材を時代の半歩先を行く刺激的なポップ・チューンへ再構築するサウンドメイカーとして、驚異の高速フロウを楽々と決めるラッパーとして、人生をサヴァイヴするための知恵を語る思想家として、ひとり次元の違うことをやっている。初回限定盤のDisc-3で聴ける弦楽交響曲と化した女王蜂“HALF”のリミックスはまさに天才の仕業だった。

 

◆村尾泰郎

近田春夫 超冗談だから ビクター(2018)

まさに電撃的復活! ソロ名義としては38年ぶりという空白も何のその。本人は一曲も書き下ろしていないのに、ロック、ディスコ、ラテンなど、さまざまな要素を歌謡曲というタレに漬け込んだ近田ワールドが全開だ。そして、驚くべきは衰えることのない艶やかな歌声。ヴィブラートの昂揚感に眩暈を覚えながら、毎回、気がついたら最後まで聴いてしまっていた。〈ひとりベストテン〉ならぬ〈ひとり紅白〉みたいなお祭り騒ぎのアルバム。

 

◆村上ひさし

SIMIAN MOBILE DISCO Murmurations Wichita/HOSTESS(2018)


SIMIAN MOBILE DISCO Murmurations Wichita *25
UKのエレクトロ・デュオが、女声合唱団のディープ・スロート・クワイアと組んだ野心作。フェイドイン/アウトを繰り返し、野鳥のように集団になってあちこちを駆け巡るコーラスと、それらを追い掛け回して絡みつく電子音。時にエキゾティックで、トライバルで、トリッピーで、幻想的。ビョークやリサ・ジェラルドが好みそうな秘境ムードに溢れているのも、旅好きの筆者としてはそそられまくりだった。バックパックを背負わずとも山岳民族と出会い、絶景を眺めた気分にさせてくれる贅沢な一枚。いや、どうせなら秘境まで行って聴きたいですが。

 

◆山口コージー

Chelip サマータイムシンデレラ doles U(2018)

モータウンなノリの“ソング・フォー・ユー”で軽やかに2018年のスタートを切った鳥取の2人組が、この最新シングルでは鶴の秋野温とタッグを組み、渇いたギターを全開にしたグルーヴ感覚溢れるバンド・サウンドに乗って新境地を開拓! AH(嗚呼)のりりかる*ことぱぉ製のカップリング“フラッシュバック”で披露した巻舌ヴォーカルも素晴らしく、少女から大人へと成長した彼女たちには本当にゾクゾクさせられたぜ! この勢いで2019年3月に行われる東京の初ワンマンも大成功すること間違いなし!

 

◆山口哲生

PALE WAVES My Mind Makes Noises Dirty Hit/HOSTESS(2018)

初聴はサブスクのプレイリスト。ポップでドリーミー、ちょっとした80sニューウェイヴ感、しかも美メロという、自分の(というか、おそらく日本人の多くが)好きな要素ばかりだったので、気になって動画を観たら、ヘザー・バロン・グレイシーのゴスメイクに完全に心を奪われ、このアルバムが出るまでシングルとEPを聴き倒してました。BBC、MTV、NMEなどから太鼓判を押されまくっていたという事実を後で知って納得。だって良いんだもの!

 

◆山口智男

BALLOND'OR Blue Liberation actwise(2018)

衝動をとことん追求したら、狂気じみた爆音のなかで持ち前のポップ・メロディーが際立った青・赤2部作の青盤。〈17歳の時、初めて組んだバンドで俺が求めていたのはこれだ!〉──バンドに挫折してから、〈こうなりたかった〉というかつての自分の願望を投影できるどうかが、アーティストや作品を評価する際の重要な基準になっている筆者にとって、そう思えたことはあまりにも大きい。ある意味で理想とも言えるバンドにまた会えるなんて、これほど嬉しいことがあるだろうか。