TOWER DOORSブログ

BOAT:クリエティヴを共有しサステイナブルな活動をする、福岡で注目の15人組コレクティヴに迫る

BOAT:クリエティヴを共有しサステイナブルな活動をする、福岡で注目の15人組コレクティヴに迫る

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目のアーティストを選出して猛プッシュする企画〈TOWER DOORS POWER PUSH!!!!〉。その第6弾として本日からプッシュするのが、福岡を拠点に活動する15人組の大所帯のコレクティヴ、BOATです。

今回はBOATの活動や所属メンバーを紹介し、彼らの魅力に迫っていきたいと思います。また中心人物であるMADE IN HEPBURNのYaungTa oにインタビューも行い、彼らの真髄にも迫りました。

BOAT所属メンバーの楽曲の再生リスト

BOATはバンドやラッパー、トラックメイカー、DJなど、総勢15人が集結したコレクティヴです。2018年頃から活動を始めた彼らの拠点は、福岡の中心部である天神北部の競艇場前に位置するスタジオ。質屋の金庫を改装した場所で、そこを拠点に楽曲制作や映像撮影などのさまざまなクリエイションを行っています。TOWER DOORSでも2019年のローンチ当初から彼らに注目し、積極的に紹介をしてきました。

そんなBOATが、7月8日にコレクティヴとして初のコンピレーション・アルバム『電影港湾地区 -BOAT MIX TAPE-』をリリースしました(CDはタワーレコード限定販売)。同作はリリースするまでの2年半の軌跡を収めた集大成的な作品。一言では言い表せないほどにさまざまなジャンルが交錯しており、BOATというコレクティヴの全体像を音楽的に表現しています。

また今回のリリースに合わせて、タワーレコードのアパレル・ブランドであるWEARTHEMUSICとのコラボレーション商品を発売。音楽以外でも活動的な姿勢を見せています。

『電影港湾地区 -BOAT MIX TAPE-』収録曲 BOAT “Summer Radio”

それでは、まずBOATの所属メンバーやグループ、それぞれの音楽性や特徴などに迫っていきましょう。

TOWER DOORS
pagetop