PR
インタビュー

BiS『ANTi CONFORMiST SUPERSTAR』始動から1年を経た4人が語る、鬱屈した時代を射抜く初のEP

Page 2 / 3 1ページ目から読む

弱さも剥き出しにしてる

――続く“DiRTY and BEAUTY”はEP用の新曲になりますね。

ティ部「EPのなかでは “CURTAiN CALL”に次ぐ明るい曲です」

モン「めっちゃ短いし、サビが2回しかないのも珍しい。歌声がみんな可愛いです」

ネオ「トギーが可愛い。こんな歌声を使い分けてるのが凄いよ(笑)」

トギー「歌詞が可愛いから。いちゃいちゃカップル層にもハマりそうな感じ(笑)」

モン「こんなストレートに誰かを想う歌詞ってBiSにとっては新鮮かなって思います」

ティ部「うちらにとってはBiSを想って歌う感じなのかな」

トギー「そうなんだよね。幸せな気持ちになれる。でも曲調はドラムがずっと激しいメロコアみたいなサウンドで、歌詞とのギャップがいいなって思います。ゆっくりしたAメロで終わるのも」

ティ部「余韻が残る感じ」

ネオ「リズムも珍しいし、終わり方も珍しいし、歌詞も可愛くて、いろんな特徴が合わさってるから印象に残るんだよね。いちばん好きな曲です」

――続いては、リード曲になる“I WANT TO DiE!!!!!”です。これは昨今の誹謗中傷に対するメッセージもあるような、重たい歌詞です。

ティ部「はい。メッセージ性も強くて凄いカッコイイ曲だけど、MVがそれを忘れるぐらいのインパクトで(笑)。青い鬼にアヘ顔で絞め殺されて、そこから桃太郎の世界のキャラに転生して、仕返しに行くというストーリーです」

ネオ「言葉で説明するとあれだけど、映像で観たらホントにヤバイよね(笑)」

――MV監督は山田健人さんですね。

トギー「そうです。“DEAD or A LiME”や“STUPiD”でもお世話になって、BiSとの信頼関係もできてきたのかな?って」

ティ部「私たちもお会いする機会が増えたので、安心してふざけられました(笑)」

モン「〈もっと舌出して!〉とかコツを指導してくださって。カットがかかった後に、〈俺は何を言ってるんだ……〉って(笑)」

トギー「でも、ホントに良い曲です。心の内をさらけ出した、人の弱さ全開みたいな曲で、〈そのまま ありのままでなんて 弱すぎるし 出来やしないよ〉っていうフレーズがあるんですけど。ちょうどWACK合宿で〈ありのままでいいわけないじゃん〉っていう言葉を何度も聞いた後に歌詞を貰ったから、共感のオンパレードだった」

モン「〈ありのままでいよう〉って言われがちな世の中に、そう言えるのが凄い」

トギー「ありのままの自分を昇華して、もっと素敵な自分にならなきゃいけないと思うし、常に進化し続けなければいけないBiSにも沁みる曲です」

モン「あと、さっき言ったネオの新しい歌い方にこの曲でも引き込まれます」

トギー「1年前に〈感情ないです〉とか言ってた人が感情丸出しで歌ってて」

ネオ「強く見せてる人が表に出せない弱さも剥き出しにしてる感じで。共感できる歌詞だから感情を込めやすかったのかな」

トギー「人に言えない本音を歌が代弁してくれてる。〈僕はそう確かに 変なのかもしれないや まぁいいじゃん 狂ってる方が心配しないでしょ?〉のパートを録る時、松隈さんに〈ここはトギーに合うと思うんだよね〉って言われて嬉しかった」

モン「うん、そこをトギーが歌うのはエモいなって思った」

トギー「うん。変なふりしてたほうが心配されないから、変な子でいるみたいな」

――本音が出てしまった(笑)。

トギー「ホントはどうか知らないですけど」

モン「そういうとこね(笑)」

トギー「やべー。けど、ホントに誰でも自分に置き換えられる曲だと思います」

――はい。で、唯一ゆったりしたテンポの“GETTiNG LOST”が続きます。

トギー「8分の6拍子は初めてで、歌が難しかったです」

モン「難しかった。レコーディングは世界観を大事にして入り込めるように、一人一人に違うシチュエーションのディレクションをしてもらって。私だったら、〈上京して下北でひとり暮らしで、窓の外を眺めながら歌ってる感じで〉とか。具体的なディレクションもあったから感情が作りやすかったです」

ネオ「歌詞も好き。つらかった日の日記みたいな感じで、いつかの記憶とか、昔の自分を思い出せるというか」

ティ部「そういうふうに振り返れる曲でもあるし、いま必死に生きてる人にこそ刺さる曲だと思いますね」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS