PR
コラム

U2『All That You Can't Leave Behind』2000年代最初の傑作を20周年記念エディションで掘り下げる

©ANTON CORBIJN

U2020年に効く『All That You Can't Leave Behind』

 U2の名盤は? と問われて多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、アイコニックなジャケで知られる『War』(83年)だろうか、あるいは最大のセールスを記録した『The Joshua Tree』(87年)だろうか。オルタナやダンスに傾く時代の空気に呼応した『Achtung Baby』(91年)や、グラミーで2度目の〈年間最優秀アルバム〉に輝いた『How To Dismantle An Atomic Bomb』(2004年)などを挙げる人もいるだろう。もちろん、80年に世界デビューを果たしてからキャリアを通じて長い成功を収め続けている稀有なバンドだけに、受け手の世代や接したタイミングによって捉え方が多面的なのは当然だとして、その忘れられないひとつに2000年代の幕開けを飾った『All That You Can't Leave Behind』があるのは間違いない。

U2 『All That You Can't Leave Behind: 20th Anniversary Edition』 Island/ユニバーサル(2020)

 2000年10月30日にリリースされたその『All That You Can't Leave Behind』は、ダニエル・ラノワとブライアン・イーノをプロデュースに迎えて展開したストレートなバンド・サウンドが支持され、世界32か国でNo.1を獲得したモンスター・ヒット作である。U2の新たなアンセムとなった先行シングルの“Beautiful Day”は翌2001年のグラミーで〈年間最優秀レコード〉〈年間最優秀ソング〉の主要2部門を獲得し、さらに2002年の同賞でも“Walk On”が〈年間最優秀レコード〉を連続受賞。アルバム自体も〈最優秀ロック・アルバム〉部門に輝いているが、同一アルバムが〈年間最優秀レコード〉が2つ生んだ例は後にも先にもなく、まさに記録的な一枚というわけだ。そんな金字塔がこのたび〈20th Anniversary Edition〉としてリマスターされ、最大5枚組のボックス仕様でリイシューされた。そんな大仰さからもバンド史における本作の位置付けは伝わろうが、そうした記録上の重みだけじゃない部分に『All That You Can't Leave Behind』の魅力はある。

関連アーティスト
TOWER DOORS