TOWER DOORSブログ

TOWER DOORSが選ぶ2020年ベスト・ニュー・アーティスト5組

TOWER DOORSが選ぶ2020年ベスト・ニュー・アーティスト5組

こんにちは。TOWER DOORSスタッフです。

2020年はTOWER DOORSがスタートしてから1年が経ち、これまでTOWER DOORSが推してきたアーティストたちがさらに活躍した年でした。メール・インタビュー〈6つの質問〉などで紹介したアーティストで話題になった例は数えきれません。

例えば、YouTubeで定期的に聴かれることで再生回数が伸びて〈Weekly Chart Top 10〉に連続でランクインしたり、配信された〈FUJI ROCK ’20 ROOKIE A GO-GO〉への出演を果たしたり、〈出れんの!?スパソニ!? 2020〉のファイナリストに残ったりと、知名度を上げていくアーティストが多かったです。

そんなアーティストたちのなかから、TOWER DOORSが独自の視点で今年のベスト・ニュー・アーティストを5組を選出しました。

 

浦上想起

2019年から活動を始めたニューカマーの宅録音楽家、浦上想起。〈一人多重録音/打ち込みソロユニット〉を掲げ、作詞・作曲・編曲・演奏・歌唱のすべてを一人でこなすマルチ・ミュージシャンです。

ジャズやフュージョン、ファンク、ヒップホップ、プログレッシヴ・ロック……と、彼の楽曲には多数のジャンルの要素が取り入れられていますが、最終的なサウンドはとてもポップ。まさに、〈ジャンルは「浦上想起」というジャンル〉と言うほかありません。

鬼才とまで呼ばれる作曲センスの評判は瞬く間に広がり、リスナーたちを虜にしました。そんな彼にTOWER DOORSが〈6つの質問〉を行ったのは、2019年10月です。今年に入ると知名度がより高まり、彼の楽曲“芸術と治療”は毎週のように〈Weekly Chart〉にチャート・インしていました。

今年10月には待望のファースト・ミニ・アルバム『音楽と密談』をリリース。彼の勢いは2021年も留まることを知らないでしょう。

 

松木美定

続いて選出したのは、浦上想起とも関わりの深い音楽家である松木美定。彼は、2018年11月から仕事の傍ら楽曲制作を始めた新進気鋭のシンガー・ソングライターです。

松木美定の魅力は、魔術師のように音を自由自在に操る才能です。ジャズから影響を受けた複雑なコード進行をシンプルでわかりやすいポップスに落とし込み、軽快で柔らかなメロディーを作り出すそのソングライティングには、飛び抜けたセンスを感じます。

彼はシングル『主観』を島根・出雲のレーベル、Local Visionsから2019年7月にリリースしました。その後、同年12月にTOWER DOORSは“残り火と椅子”を紹介。今年11月には新曲“おぼろの向こう”を、そして12月3日には“ひそやかな12月”をリリースしています。 

Spotifyが新進気鋭の国内アーティストを選出する〈Early Noise〉が発表した2020年を代表するニューカマーのプレイリストには、松木美定が選出されています。それほど注目度の高い彼の動向からは、2021年も目が離せません。

関連アーティスト
TOWER DOORS