連載

2021年期待の新人邦楽アーティスト20

【Mikikiの歌謡日!】特別編

2021年期待の新人邦楽アーティスト20

Mikiki編集部員4人とTOWER DOORSスタッフ・小峯崇嗣が邦楽曲をレコメンドする毎週火曜日更新の連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今回は特別編として、5人が4組ずつ選んだ2021年期待の新人アーティストを紹介します。選出したアーティストの楽曲はSpotifyのプレイリストにもまとめているので、併せてお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyプレイリスト

 


【小峯崇嗣】

ウ山あまね

衝撃度と中毒性の高いポップ・サウンドを奏でる、ウ山あまね。ユニット、神様クラブのメンバーとも知られている彼のソロ・プロジェクトは、2020年のデビューEP『Komonzo』をきっかけに、さまざまな音楽ファンから注目されています。過激でノイズめいたエレクトロニック・サウンドとトランシーで浮遊感のある特徴的な電子音を奏でており、そのサウンドは新興ジャンル〈Hyperpop〉と共振するもの。そこに彼はJ-Popの要素も組み込んでおり、その独特なサウンドに虜になること間違いなし。

 

aimi

次に紹介するのは、ソウルフルで耽美な歌声で魅了するR&Bシンガー、aimiです。海外のR&Bシーンと共振するようなスキルの高い歌唱力に、初めて聴いたとき慄きました。それもそのはずで、彼女は学生時代にUKのマンチェスターへ留学しており、現地のライブ・オーディションに出場。アジア人として見事初優勝を果たしています。そんなaimiは、2020年にデビューEP『Water Me』をリリース。その後も新曲をコンスタントに発表し、今年の2月24日(水)には新作EP『Changed 4 Good』のリリースも控えています。そこからの先行シングルで北海道のシンガー・ソングライター、Furui Rihoをフィーチャリングした“The Wave”もぜひお見逃しなく!

 

gato

TOWER DOORSの方でも2019年から注目している5人組のエレクトロニック・バンド、gato。彼らは〈バンド・サウンド〉という枠には収まらない、ジャンルを横断した幅広い音楽を奏でています。ハウスなどのダンス・ミュージックをベースに、ポスト・ダブステップやフューチャー・ベース、ヒップホップなど、楽曲によって異なる表情が見えてくるのがgatoの特色。2020年には待望のファースト・アルバム『BAECUL』をリリース。昨年そのリリース・パーティーを東京・渋谷WWWで行ったところ、チケットは完売。彼らの人気は今後も上がっていくこと間違いなしなので、ぜひいまからチェックしてください。

 

a子

ニューカマーでありながらも各方面から注目されている、SSWのa子。2018年から活動を開始し、2019年に〈出れんの!?サマソニ!?〉のファイナリストに選出されました。2020年にはデビューEP『潜在的MISTY』をリリースし、各所で話題に。夢うつつの魅惑的な歌声に、オルタナティヴで幻想的なサウンドが混ざり合った唯一無二の音楽性には度肝を抜かれました。また、彼女はクリエイティヴ・チーム〈londog〉を率いており、アー写やミュージック・ビデオなどヴィジュアル面もこだわり抜いています。londogによるMVは必見です。

TOWER DOORS