TOWER DOORSブログ

~離にTOWER DOORSから6つの質問  ボカロやラップを取り入れた実験的かつ退廃的なサウンドが鮮烈な電子音楽作家

~離にTOWER DOORSから6つの質問  ボカロやラップを取り入れた実験的かつ退廃的なサウンドが鮮烈な電子音楽作家

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力にメール・インタビューから迫る企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場する主人公は、アーティストの~離(ユーリ)です。TOWER DOORSは彼の楽曲“マクリダシ”を紹介しています。

2001年生まれのアーティスト、~離。彼の魅力は、まるでユートピアとディストピアの間を行き来するような、鮮烈な響きの電子音楽です。優雅で艶やかな音色のシンセサイザーや過剰なエディットを加えた無機質なインダストリアル・ビートを自由自在に組み合わせ、夢見心地でありながらも、どこか退廃的な音の世界を作り上げています。

~離は2018年頃から楽曲制作を開始し、2019年にはインターネット・レーベルのAno(t)raksから〈yuri〉名義でデビューEP『二十一世紀の倫理』をリリース。同作では、玉名ラーメンや寝坊主を客演に迎えていました。

その後、現在のアーティスト名である〈~離〉に名義を変え、2020年4月にseaketaが主宰するレーベルのKumo Communicationから27分強に及ぶ大曲“都市水文”を、8月にはセルフ・リリースでアルバム『幽霊を見た』をリリースするなど、コンスタントに作品を発表。『幽霊を見た』では、ボーカロイドと加工した自身の歌声やラップを組み合わせるなど、実験的な試みもしています。

それでは、~離の魅力に〈6つの質問〉から迫っていきましょう。

関連アーティスト
TOWER DOORS