TOWER DOORSブログ

バカがミタカッタ世界にTOWER DOORSから6つの質問 日本語ポップスの新たな可能性を提示する京都の2人組

バカがミタカッタ世界にTOWER DOORSから6つの質問 日本語ポップスの新たな可能性を提示する京都の2人組

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力にメール・インタビューから迫る企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主人公はバカがミタカッタ世界です。TOWER DOORSは、彼女たちの楽曲”我先に”を紹介しています。

バカがミタカッタ世界は、京都を拠点に活動する谷口未知(ヴォーカル)とフルイケナツキ(ピアノ)による音楽ユニットです。TOWER DOORSは、彼女たちを〈2021年1月のベスト・ニュー・アーティスト7組〉に選出しました。

その活動の幅はとても広く、映画や舞台、ファッション・ブランドの展示会などへ音楽を提供しています。最近では、2021年2月に上映された〈MOOSIC LAB 2020-2021〉の映画「光の輪郭と踊るダンス」の主題歌、エンディング・ソング、劇伴を手掛けました。

そのような活動をしつつ、自身の作品もしっかりとリリースし続けています。2020年3月には『』を、12月には『』というEPを発表。2021年4月には、その2作と繋がるコンセプトで制作したというニューEP『』を発表しました。同作には、クララズゆ~すほすてるが参加しています。

バカがミタカッタ世界の音楽性は、空気公団やクラムボンの系譜に連なる柔らかなチェンバー・ポップ。それだけでなく、Bon Iver以降の実験的なヴォイス・エフェクトやインディー・ロック・サウンド、アンビエントの要素も織り交ぜ、そこに日本語詞とメロディーが美しく乗っているのが特徴です。

そんなバカがミタカッタ世界の音楽的な探究心は、折坂悠太などが提示する新たな日本語ポップスの可能性に挑んでいるものだと感じます。

それでは、独特のポップなサウンドを奏でるバカがミタカッタ世界の2人に〈6つの質問〉から迫っていきます。

関連アーティスト