TOWER DOORSブログ

TOWER DOORSが選ぶ2021年5月のベスト・ニュー・アーティスト

TOWER DOORSが選ぶ2021年5月のベスト・ニュー・アーティスト

こんにちは。TOWER DOORSスタッフです。

2021年1月からスタートさせた新企画〈TOWER DOORSが選ぶベスト・ニュー・アーティスト〉。毎月、月初に前月のベスト・アーティストを紹介していきますので、お見逃しなく。

TOWER DOORSは毎月25~30曲をYouTubeチャンネルで紹介していますが、ここではなかでもおすすめのアーティスト、これからの活躍が期待されるニューカマーをピックアップ。スタッフが厳選したアーティストを、注目ポイントやコメントとともに読者のみなさんにお届けします。

YouTubeチャンネルのほうでは同内容をポッドキャストで発信、このブログと連動させています。ポッドキャストはTOWER DOORSの総合チャンネルで公開しているので、併せてお楽しみください。

それでは、TOWER DOORSが選ぶ2021年5月のベスト・ニュー・アーティストを6組ご紹介しましょう。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

 

phritz

2016年からパソコンでの作曲を始め、2018年より現在の名義で活動を開始したphritz。2020年からはオンライン・コミュニティー〈FORM〉からのリリースや、Maltine Recordsのコンピレーション・アルバム『???』(2020年)への参加、新進のネット・レーベル〈ecotone records〉から“summit”を発表するなど、さまざまな場所で活躍しています。

そんなphritzは、EDMやベース・ミュージックなどからの影響を感じさせる音色や豊かなリズム感覚、さらにHyperpopの要素を取り入れた作風が特徴です。その音楽がPorter Robinsonの目に留まり、彼のSpotifyプレイリストに”change my mind”が選ばれたことで、国外からも注目を集めました。

彼のピュアで美しい独特の旋律は、国内でも稀有なもの。そういった点から、5月のベスト・ニュー・アーティストに選出しました。

 

Celeina Ann

日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれたCeleina Annは、18歳の頃からYouTubeCarly Rae Jepsen“I Really Like You”などのカヴァーを発表し、注目を集めました。2018年にデビュー・アルバム『Departures』をユニバーサルミュージックからリリース。2020年にクリエイティヴ・プラットフォーム〈Gold Plant Records〉を立ち上げ、同年11月にEP『Idiot Child』を発表しています。

彼女のいちばんの魅力は、そのソウルフルで甘美な歌声です。作品のリリースを重ねるごとにその歌声は洗練され、美しさを増していました。センチメンタルなピアノのバラードから、現代的で煌びやかなポップ・サウンド、カントリーライクなテイストまで、ヴァラエティー豊かな音楽性を歌いこなすさまにも驚かされます。

すでにキャリアのあるミュージシャンですが、Gold Plant Recordsから新たなスタートを切ったCeleina Annは、ベスト・ニュー・アーティストにふさわしいと思います。

TOWER DOORS