PR
コラム

ナイア(Niia)が初来日公演をビルボードライブで開催 瞑想的なアンビエントR&Bと美しい歌世界に浸ろう

ナイア(Niia)が初来日公演をビルボードライブで開催 瞑想的なアンビエントR&Bと美しい歌世界に浸ろう

ナイアが2022年11月14日(月)にビルボードライブ東京で、11月17日(木)にビルボードライブ横浜で来日公演を開催する。

米LAを拠点に活躍するシンガーソングライターのナイアことナイア・ベルティーノ(Niia Bertino)。88年生まれ、米マサチューセッツ州ニーダム出身の音楽家だ。

All Musicのバイオグラフィーによると、ナイアは、祖母がオペラ歌手であるなど、音楽一家に生まれ育ったそうだ。そのため、幼少期に母からクラシックピアノを習い、13歳で歌いはじめ、バークリー音楽大学の夏季講習を受けた。高校を卒業するとNYCに移住、ニュースクール大学でジャズボーカルを学んだという。

そして、NYでのワイクリフ・ジョンとの出会いが、2007年のヒットシングル“Sweetest Girl (Dollar Bill)”への参加に結実。これによって彼女の名は広く知られるようになり、TV出演なども果たした。

ワイクリフ・ジョンの2007年作『Carnival Vol. II: Memoirs Of An Immigrant』収録曲“Sweetest Girl (Dollar Bill) (feat. Akon, Lil Wayne & Niia)”

その後、シェールの“Bang Bang”などのカバーを発表して注目を集めるようになり、2011年にはジェームズ・ボンド/007シリーズの主題歌の数々をカバーして話題になる。

2011年の“The World is Not Enough”のカバー

2013年には、ソロデビューシングル“Made For You”を発表。同年、〈TED Talks〉で行ったプレゼンも注目を集めた。さらに2014年には、シングルに続くデビューEP『Generation Blue』をリリースした。

2013年のシングル“Made For You”

2014年のEP『Generation Blue』収録曲“Body”

2017年には、アトランティックからの『I』でついにアルバムデビュー。クラシックを学んだたしかな音楽的素養と、ジャズやソウル、そしてシャーデーなどを思わせるミステリアスでアトモスフェリックなR&Bを展開して高い評価を得た。

2017年作『I』収録曲“Nobody”

ナイアはその後、『II: La Bella Vita』(2020年)、『If I Should Die』(2021年)と2作のアルバムをリリースしている。また、2021年には、台湾を代表するR&Bシンガーである9m88との共演曲“Oh Girl”や、クルアンビン(Khruangbin)のローラ・リー(Laura Lee)とのコラボ曲“Not Up For Discussion”が話題になった。

2021年のシングル“Oh Girl (feat. 9m88)”

2021年のシングル“Not Up For Discussion (feat. Laura Lee)”

さらに、2022年4月には、ニューアルバム『OFFAIR: Mouthful Of Salt』を発表。〈私にとって初めてのアンビエントアルバム〉とみずから綴っているとおり、同作で彼女の最大の魅力である力強い歌はシネマティックなサウンドスケープを構成する一要素になっており、ドローンやミニマルなどにもアプローチした没入感たっぷりのドリーミーな世界が展開されている。さらに、同作からは、本日9月9日に収録曲“Deeper Than Good-bye”のMasayoshi Fujitaによるリミックスがリリースされたばかりだ。

NIIA 『OFFAIR: Mouthful Of Salt』 NiiaRocco/Offair(2022)

2022年作『OFFAIR: Mouthful Of Salt』収録曲“I Left My Juul In Monterey”

2022年のシングル“Deeper Than Goodbye (Masayoshi Remix)”

Instagramを見ればわかるとおり、ファッション方面でも才能を発揮しているナイア。そんな彼女が今回、初の来日公演をビルボードライブで行う。

ナイアは、シンガーとしての圧倒的かつパワフルな実力、ジャズやソウルやR&Bを横断する音楽性、そしてアトモスフェリックでアンビエント的なサウンドを展開する個性など、さまざまな魅力を兼ね備えている稀有なアーティストだ。彼女のライブを日本で観ることができるのは、またとない機会だろう。

今回は、最新モードである『OFFAIR: Mouthful Of Salt』の瞑想的でスピリチュアルかつ繊細な世界でビルボードライブの空間を満たしつつ、彼女のシンガーとしての魅力も存分に披露してくれるはず。キャリア初期のようにカバーを歌ってくれるかは予想できないが、とにかくセットリストが楽しみだ。

2022年のスタジオライブ

この秋、ぜひ堪能したいナイアの初来日公演。ビルボードライブで、彼女の独自の歌世界に浸ってみてはいかがだろうか?

 


LIVE INFORMATION
Niia

2022年11月14日(月)ビルボードライブ東京
1stステージ
開場/開演:16:30/17:30
2ndステージ
開場/開演:19:30/20:30
サービスエリア/カジュアルエリア:7,900円/7,400円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13678&shop=1

2022年11月17日(木)ビルボードライブ横浜
1stステージ
開場/開演:16:30/17:30
2ndステージ
開場/開演:19:30/20:30
サービスエリア/カジュアルエリア:7,900円/7,400円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13679&shop=4

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※本公演は映像収録が入る可能性がございます。お客様が映像に映りこむ場合もございますので、あらかじめご了承ください
※ご来場前に必ず〈新型コロナウイルス感染症対策について〉のページ内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください
ビルボードライブ東京:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice.html
ビルボードライブ横浜:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_yokohama.html

関連アーティスト