PR
コラム

トニー・フォックス・セイルズがクレム・バークと来日 イギー・ポップ『Lust For Life』全曲やデヴィッド・ボウイ、ブロンディの名曲をビルボードライブで演奏

〈トニー・フォックス・セイルズ featuring クレム・バーク from ブロンディ〉

©Paul McAlpine

〈トニー・フォックス・セイルズ featuring クレム・バーク from ブロンディ〉が2023年2月20日(月)にビルボードライブ大阪で、2月23日(木・祝)にビルボードライブ東京で開催される。

1951年、米オハイオ州クリーヴランド生まれ、デトロイトで育ったトニー・フォックス・セイルズ。デヴィッド・ボウイやイギー・ポップのアイコン的存在であり、ティン・マシーンのメンバーとしても活躍、トッド・ラングレンやボブ・ウェルチ、アンディ・フレイザーら錚々たる音楽家との共演でも知られるベーシストだ。

トニーは、60年代半ばに弟でドラマーのハント・セイルズとのリズムセクションで初めてのバンドを結成。70年代初頭にトッド・ラングレンの『Runt』(70年)、『Runt. The Ballad Of Todd Rundgren』(71年)、『Something/Anything?』(72年)の録音に参加した後、75年にイギー・ポップ&ジェイムズ・ウィリアムソンのアルバム『Kill City』、さらにデヴィッド・ボウイがプロデュースしたイギーの77年作『Lust For Life』を録音した。続いて2人はイギーのツアーに参加し、そのときの演奏は『TV Eye Live 1977』(78年)で聴くことができる。

イギー・ポップの77年作『Lust For Life』収録曲“Lust For Life”

82年にトニーはチェッカード・パストに参加。チェッカード・パストは、俳優としても知られるシンガーのマイケル・デ・バレス(後にパワー・ステーションに参加)、元セックス・ピストルズのギタリストであるスティーヴ・ジョーンズ、ブロンディのドラマーであるクレム・バーク、そしてベースのナイジェル・ハリスンが所属したスーパーグループだ。

チェッカード・パストのライブ動画

88年にはティン・マシーンに参加。トニー&ハントの他、デヴィッド・ボウイ、リーヴス・ガブレルスからなるティン・マシーンは92年まで活動した。ボウイによると、『Lust For Life』への参加がきっかけでトニー&ハント兄弟を誘ったそうだ。

ティン・マシーンのコンピレーションビデオ

90年代には俳優のハリー・ディーン・スタントン、先日来日したジェフ・“スカンク”・バクスター、スリム・ジム・ファントムとのオールスターバンド、チープ・デイツのメンバーとして活躍したが、グループは短命に終わった。

2008年にはトニー&ハントの70年代後半の録音を集めた『Hired Guns』がリリースされ、トニーのレガシーに注目が集まった。

そして、今回のライブでフィーチャーされるクレム・バークは、70~80年代のNYのニューウェーブシーンを代表するバンドであるブロンディのドラマーだ。

バークは、74年にドラマー募集の広告を見て結成直後のブロンディに参加した。“Heart Of Glass”や“Sunday Girl”(78年)、“Atomic”(79年)、“Call Me”“Rapture““The Tide Is High”(80年)など、ヒット曲の数々は知られたところだろう。

ブロンディの78年作『Parallel Lines』収録曲“Heart Of Glass”

ブロンディの79年作『Eat To The Beat』収録曲“Atomic”

ジョルジオ・モロダーの80年作『American Gigolo』収録曲ブロンディ“Call Me”

ブロンディの80年作『Autoamerican』収録曲“Rapture”“The Tide Is High”

82年にブロンディが一時的に解散した際、バークはチェッカード・パストに加わった他、ボブ・ディラン、ピート・タウンゼント、イギー・ポップ、ラモーンズ、ユーリズミックス、ジョーン・ジェットなど、数多くの伝説的な音楽家たちとも共演している。

また、2006年には、ブロンディの他のオリジナルメンバーとともにロックの殿堂入りを果たした。バークは、ロック史にその名を刻むドラマーだと言えるだろう。

ブロンディといえば、74~82年のキャリアを総括したボックスセット『Against The Odds 1974-1982』が先日リリースされたばかり。彼らの音楽に再び注目が集まっているタイミングだ。