『+』で始まった数学記号シリーズもいよいよ『−』で完結――パーソナルな哀しみにも目を向けて、シンガー・ソングライターとしての原点に立ち返った2年ぶりのエド・シーランは、己のもっとも弱い部分を率直に歌う!

職業、ストリート・シンガー

 2011年のメジャー・デビュー以来、グラミー賞で16部門ノミネートを受けて4部門を受賞。ブリット・アワードでは24部門ノミネートを受けて5部門を受賞。これまでに発表してきた5枚のフル・アルバムは、すべて本国UKのチャートで1位を記録。アメリカでも近作4つがすべて全米1位をゲット。もはやアスリートかオリンピック選手かというほど記録ずくめのキャリアをハイペースで押し進めてきたエド・シーラン。自身の才能や名声、成功に溺れていたら、こんなに長続きしなかっただろうし、一過性のヒット・ワンダーで終わっていたかもしれない。だが彼は常に地に足の着いた活動を繰り広げ、ジャンルを超えた音楽性を追求し、恵まれた人との出会いを大切にしてきた。

 父親の影響で幼い頃からボブ・ディランやヴァン・モリソン、ビートルズなどを聴いて育ったエド。ギターに興味を持ったのはエリック・クラプトンの“Layla”のライヴ・ビデオを観て以来だという。ミュージシャンになろうと決心したのは、11歳の時にダミアン・ライスのアコギの弾き語りライヴを体験したのがきっかけだ。ダミアンとは終演後に言葉を交わし、以来自分で曲を作りはじめて、3年後には早くもレコーディングした作品を発表している。音楽学校に通ったり、同年代のさまざまなミュージシャンと交流を重ねたり、数えきれないほど路上ライヴも行った。自主制作EPを多数発表していく中で、路上の娼婦について歌った“The A Team”(邦題は〈Aチーム~飛べない天使たち〉)が大手レーベルの耳に留まり、メジャー・デビューを飾ることに。2011年、同曲がいきなり全英3位、全米16位のヒットを記録する。同曲も収録されたファースト・アルバム『+(プラス)』の日本盤CD(2012年)には〈住所不定。職業、ストリート・シンガー〉と書かれた帯が付けられた。そのアルバムは結果的に全英1位、全米5位を記録。一躍時の人となり、“You Need Me, Don’t Need You”(全英4位)、“Lego House”(全英5位)、“Drunk”(全英9位)などのヒットが続いた。

 2012年3月には初来日、東京・代官山UNITで単独ライヴを開催した。アコギを抱えてひとりステージに立ち、ギターを弾いたり、時に叩いたり、ヴォーカルを重ねて、ループを作ってオーディエンスを巻き込んでいく。まさしくストリート・ミュージシャンといった出立ちだった。10代半ばから活動を始めて、いわゆる下積み生活が長かったせいか、〈どんな観客を前にしても自分の音楽で立ち止まらせ、聴き入らせるぞ〉という自信とヴァイタリティーが漲っていた。

 そんな彼のアーティストとしての才能とポテンシャルにいち早く気づいたのが、あのエルトン・ジョンだった。賞賛の声を上げたエルトンはみずから彼に手を差し伸べ、自身のマネージメント会社に招き入れる。一方、アメリカでは、やはりテイラー・スウィフトとの友情効果が絶大だった。テイラーはエドに直接コンタクトを取って、2012年の彼女の5枚目のアルバム『Red』に収録の“Everything Has Changed”を共作・共演。さらに2013年の北米ツアーではオープニング・アクトにも起用して、毎夜2人でデュエットを披露。彼女のファンがエドに夢中になるのは時間の問題だった。エドは当時人気絶頂のワン・ダイレクションにも“Moments”や“Little Things”といった楽曲を提供。彼らのファンからも一目置かれる存在となっていく。

絶大な成功を経て

 2014年のセカンド・アルバム『X(マルティプライ)』でのエドは、ファーストの素朴なアコギ系に加えて、リック・ルービン、ファレル・ウィリアムス、ベニー・ブランコらをプロデューサーに迎えて、よりポップで幅広いサウンドを展開する。もともとラップやグライムにも精通していた彼が、少しずつ手の内を見せはじめたと言えるだろうか。以前にツアーで一緒だったスノウ・パトロールのギャリー・ライトボディ(ヴォーカル)とジョニー・マクデイド(ギター/キーボード)も制作に参加。彼らとの関係は、その後もずっと長く続いていく。アルバム『X』からはファレルが関わった“Sing”(全英1位、全米13位)、“Don’t”(全英8位、全米9位)、“Thinking Out Loud”(全英1位、全米2位)、ルディメンタルとの“Bloodstream”(全英2位)、“Photograph”(全米10位)など次々ヒットが飛び出した。なかでも“Thinking Out Loud”への反響は特に大きく、グラミー賞をはじめとするさまざまな賞を獲得した。エドがボールルームダンスを披露するMVも人気を呼んだ。ちなみにこのセカンド以降、リリースするすべてのアルバムが英米で1位を記録していくことになる。

 2016年は休暇を取って、ほぼ丸1年かけて世界中を旅したが、その間にもジャスティン・ビーバーの“Love Yourself”、ジャスティンとムーがフィーチャーされたメジャー・レイザーの“Cold Water”など、エドの提供した楽曲が大当たりした。その後もジェイムズ・ブラント、ザラ・ラーソン、リアム・ペイン、リタ・オラ、DJスネイクなどなど、さまざまなアーティストに楽曲を提供する。とはいえ2017年リリースのサード・アルバム『÷(ディバイド)』からのリード・シングル“Shape Of You”が、リアーナが歌うことを想定して書かれていたと聞いて、誰もが驚かされた。トロピカル・ハウスやダンスホール系のサウンドで新境地を開拓したことにも驚かされた。スティーヴ・マックが共作・プロデュースを手掛けた同曲は、すぐさま英米で1位を獲得。同時リリースされたベニー・ブランコ共作・共同プロデュースによる“Castle On The Hill”(全英2位、全米6位)も大ヒット。イギリスでは1~2位を同じ週に独占するという快挙も成し遂げている。

 ポップ、ソウル色を強めたアルバムには、引き続きジョニー・マクデイドやブランコが参加。さらにエミネムからトゥエンティ・ワン・パイロッツまでを手掛けるマイク・エリゾンド、ジュリア・マイケルズ、ライアン・テダーらも新たに加わった。ガーナの現地ミュージシャンたちと録音された“Bibia Be Ye Ye”、自身のルーツのアイルランドのフォーク・バンドと共演した“Galway Girl”(全英2位)、“Nancy Mulligan”など、音楽的な試みの幅もグンと広がった。英米を筆頭に世界中で1位を記録したシングル“Perfect”には、ビヨンセとのデュエット・ヴァージョンも作られ、ファンの裾野をいっそう押し広げた。

 その後もエミネムとの共演、テイラー・スウィフトとの再共演などが続き、コラボ熱に火が付いたのか、2019年にエドは『No. 6 Collaborations Project』と題されたコンピ・アルバムを発表する。リード・シングル“I Don’t Care”(全英1位、全米2位)では、ジャスティン・ビーバーと共演。犬猿の仲とされたテイラーとジャスティンの両方とほぼ同時期に共演してしまえるのも、エドならではという気がする。同アルバムからは、チャンス・ザ・ラッパー & PnBロックとの共演曲“Cross Me”(全英4位)、カリードとの“Beautiful People”(全英1位)、カミラ・カベロ&カーディ・Bとの“South Of The Border”(全英4位)、ストームジーとの“Take Me Back To London”(全英1位)などもヒット。同年4月には東京と大阪でトータル9万人を動員してドーム公演を大成功させている。一方、私生活面では同窓会で再会した婚約者チェリー・シーボーンさん(“Perfect”の題材でもある)とゴールイン。2020年には第一子ライラちゃんが誕生。しばらく新婚生活を楽しんだ後、年末には突如アコギの弾き語り調の“Afterglow”(全英2位)をドロップ。原点回帰を匂わせた。

また新しいエド・シーラン

 が、2021年の4枚目となるオリジナル・アルバム『=(イコールズ)』では、これまで以上にポップに弾けた作風で驚かせる。カラフルな音色が飛び交い、エレクトロニック・ビートがバウンス。歌詞には父親としての顔もたっぷり投影された。お馴染みのジョニー・マクデイドや、前作にも参加したフレッド・アゲインが制作に協力。リード・シングル“Bad Habits”(全英1位、全米2位)、スティーヴ・マック関与の“Shivers”(全英1位、全米4位)などがチャートを席巻し、“Overpass Graffiti”(全英4位)、さらに“The Joker And The Queen”(全英2位)はテイラーとのデュエット・ヴァージョンなどもヒットした。なお、2021年には自身のレーベルからメイジー・ピータースが『You Signed Up For This』でアルバム・デビュー。12月には師匠エルトン・ジョンとのクリスマス・ソング“Merry Christmas”も全英1位をマークしている。

 2022年には2人目の娘ジュピターちゃんが誕生。幸せいっぱいかと思っていたら、実は妊娠中の妻に腫瘍が見つかったり、親友ジャマル・エドワーズが突然他界したり(“F64”と題されたナンバーが捧げられた)、盗作を巡る裁判など、さまざまな苦難が降り掛かり、精神的にもすっかり参っていたと、ようやく最近になってエドは語り始めている。そんな逆境下、無我夢中で作りはじめたのが今回のニュー・アルバム『−(サブストラクト)』だったという。数学タイトル・シリーズの最終作となるこのアルバムは、ずっと以前からアコギ作品にすると決めていたが、ありのままの心境を音楽にしていった結果は随分違っているそうだ。プロデュースを主に手掛けているのは、ザ・ナショナルのアーロン・デスナー。アーロンがコロナ禍にテイラーと制作した彼女のアルバム『folklore』と『evermore』などをエドはたいそう気に入っていたそうだ。が、だからと言ってフォーク一辺倒のアルバムでないのは、ひと足先に発表されたリード・シングル“Eyes Closed”(全英1位)からも明白だろう。いまや結婚して2児の父となり、朝まで飲んだくれのパーティーはやらなくなったという彼は、今年で32歳。現時点で詳細はほぼ明かされていないものの、5月に届けられるニュー・アルバム『−』では、僕らがこれまで知らなかったエド・シーランと対面することになりそうだ。

ED SHEERAN 『- (Subtract)』 Asylum/Atlantic/ワーナー(2023)

エド・シーランの『−』に参加しているアーティストの作品。
左から、4月28日にリリースされるナショナルのニュー・アルバム『First Two Pages Of Frankenstein』(4AD/BEAT)、フレッド・アゲインの2022年作『Actual Life 3(January 1-September 9 2022)』(Warner)