DISC GUIDE

名盤シリーズをガイドに辿る、はじめましての、あるいは改めましてのジャズ 【特集:100 in need of Jazz Today―ジャズの100枚。以上】Part.1

LAND OF 100 JAZZ―ジャズの100枚。を一気に紹介!

名盤シリーズをガイドに辿る、はじめましての、あるいは改めましてのジャズ 【特集:100 in need of Jazz Today―ジャズの100枚。以上】Part.1

 次に聴いてみたいジャンルは何ですか?――bounceがこの10年ほど不定期に行っている読者アンケートで設けていたそんな項目に、皆さんから寄せられた回答でもっとも多かったのは、数年の間ずっと〈ジャズ〉だったものです。資料によると、4年前にHMVジャパンが行った意識調査における同種の設問に対する回答もジャズがダントツで1位だったそうですし、意識的にいろいろな音楽を楽しみたい一般リスナーにとって、ジャズが〈いずれ聴きたい音楽〉の代表格であり続けているという事実は疑いなさそうです。

 とはいえ、さように潜在的なリスナーを多く抱えながらもそれがなかなか表に出てこなかったのは、やはりなかなか入りづらい大縄跳びのような音楽というイメージが大勢を占めていたからだと思われます……ってのは少し前までの話。ロバート・グラスパー・エクスペリメント『Black Radio』以降のスリリングな潮流によって新しいリスナーが徐々に開拓されてきたここ2年ほどの良い流れを楽しんでいる人も多いでしょう。あえてザックリ言ってしまうと、ジャズが現代的な音楽たりうるものだということの可能性がわかりやすく提示されたというわけですね。もっと言えば、過去の文脈を過剰に気にしなければならない雰囲気もあった世界をいったんフェイズで区切り、身近なドアを用意してみせたことが、音そのものの自由さ以上に自由な雰囲気を創出しているのかもしれません。

 で、そうやって断絶してみる楽しさも感じる一方、そんな現在が過去の延長線上に存在するのだとしたら、現在の意識から過去の遺産の魅力を捉え直すのも楽しいと思います。折しも世界初のジャズ録音物とされる音源の誕生から100周年を迎える2017年も睨んで、〈ジャズの100枚。〉と題した一大キャンペーンが発動しました。今回ラインナップされているのは、ブルー・ノートヴァーヴといったレーベルの垣根を越えて選び抜かれた100タイトル。ズラリと並んだかっこいいジャケを見て、ヴィジュアルだけはよく知っている、あるいは何かのモチーフとして見覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。大半が50~60年代に録音された作品ということで、半世紀もの歳月を生き抜いてきた理由なども各々に説明されるべきでしょうが、名盤たればこそ、もっと迂闊に聴いて何かを勝手に感じてみてもいいはず。そんな許容量の広い作品の数々を駆け足で紹介していきましょう!

 

LAND OF 100 JAZZ
ジャズの100枚。を一気に紹介!

ハスキー・ヴォイスを持ち味に、〈NYのため息〉と称された名シンガーの最高傑作! 代表的名唱とされる“You'd Be So Nice To Come Home To”をはじめ、クインシー・ジョーンズが全体を指揮。クリフォード・ブラウンの快演もポイントです。

 

スウィンギーなビッグバンドに乗せて独特の歌唱法を聴かせるアニタらしさが詰まったヴァーヴ移籍作。オープニングの“You're The Top”から姉御肌で気風のいいキャラクターが全開。最高に痛快なヴォーカル・アルバムです。

 

ジャズ界の〈ファースト・レディー〉が残したジャズ・ヴォーカル史上もっとも有名なライヴ盤のひとつ。スキャットでノリまくる“How High The Moon?”など、圧倒的なパフォーマンスでステージを支配する様が浮かんできます。

 

時代を感じさせるジャケが却って妖艶……女優としても大活躍した彼女の記念すべき処女作。ギターとベースだけの簡素な編成をバックに、〈スモーキー〉と形容された歌が味わえます。“Cry Me A River”のもっとも著名なヴァージョンもここで。

 

独特のフレージングで知られるジャズ・ヴォーカルの女王、初期の代表作。巧みなスキャットなどを駆使してクリフォード・ブラウンのトランペットと器楽的に掛け合う様もイノヴェイティヴ! “Lullaby Of Birdland”の名唱を収録。

 

トランペット奏者が歌を披露して〈時代の寵児〉となった大名作。ジョアン・ジルベルトに影響を与えてボサノヴァ誕生を促したとされる中性的な唱法は、昨今のベッドルーム歌唱好きにこそ聴いてほしいです。なお、表題はベニー・シングスの名の由来でもあり、チェット・フェイカーの元ネタでもあり……。

 

 

〈ファースト・レディー〉と〈ジャズの王様〉が残した豪華で楽しいデュエット・アルバム。オスカー・ピーターソン・トリオバディ・リッチが加わったバックも贅沢です。“Cheek To Cheek”はもちろんトニー&ガガのヴァージョンと聴き比べるべきタイミングですよね。

 

コスタリカをルーツに持つハーレムの名歌手が絶頂期に録音した傑作バラード・アルバム。ピアノ・トリオとストリングスをバックに、ソフトでコントロールの効いた知的な歌唱を聴かせてくれます。なかでもマット・デニスの名曲“Angel Eyes”のデリケートな表現が素晴らしい。

 

 白人女性ジャズ・ヴォーカルの最高峰からもう一枚。オスカー・ピーターソン・クァルテットをバックに、スキャットを駆使したアップからしっとり聴かせる美しいバラードまで、ワン&オンリーなアニタ節が絶好調な最高傑作です。

 

〈ソフト&クール〉な歌唱が愛され、キャピトルの黎明期を支えたペギー・リーデッカに残した人気盤。少しハスキーがかった声で、女心の切なさをアンニュイに歌い上げるタイトル曲が絶品。“Love Me Or Leave Me”で見せるキュートな名優ぶりも彼女ならでは。

TOWER DOORS
pagetop