コラム

エラ・メイ『Ella Mai』2018年を代表する歌声が次代のスタンダードになった理由

[ 緊急ワイド ]冬のくちどけ、R&B Pt.1

エラ・メイ『Ella Mai』2018年を代表する歌声が次代のスタンダードになった理由

2018年を代表する歌声がこの先のR&Bを創り出す

90年代R&Bの申し子?

 たった1曲のシングル・ヒットで2018年のR&Bにおける顔となったエラ・メイ。DJマスタードがプロデュースした“Boo'd Up”は2017年末にベイエリアのDJが地元のラジオでかけたところ話題を呼び、今年の春頃からUS R&B/ヒップホップ関連のチャートを駆け上がり、7月には全米ポップ・チャートでも5位を記録した。カヴァーを含めた数々のリミックスも、ニッキー・ミナージュとミーゴスのクエイヴォによる参加版をはじめ、現在までに5000以上あるとされる。リズムマシーンが走るトラップ調の簡素なビートに90年代R&Bの懐かしいフレイヴァーが薫るトラックと、アンニュイでありながら可憐な歌声の絶妙な合体。続編的な“Trip”もヒットし、沸き上がる期待のなかで発表されたのが、マスタードが主宰する10サマーズのメジャー展開となるファースト・フル・アルバム『Ella Mai』である。

ELLA MAI Ella Mai 10 Summers/Interscope/ユニバーサル(2018)

 “Boo'd Up”はUK出身の女性ソロ・シンガーとしてはリサ・スタンスフィールドの“All Woman”(91年)以来26年ぶりに全米R&Bチャート1位を獲得した曲となったが、エラはUKサウス・ロンドンの出身。アイリッシュの父とジャマイカ系の母のもとに生まれ、エラ・フィッツジェラルドにちなんでエラ(・メイ・ハウエル)と命名された。生年はR&Bの当たり年とも言われる94年で、出生日(11月3日)の頃に全米R&Bチャート1位に輝いた曲が憧れのひとりであるブランディの“I Wanna Be Down”だったことはエラの音楽に漂う90s感を裏付ける……というのは強引だが、アルバムには〈90年代R&Bの申し子〉と言いたくなる要素が散見される。

 もっとも出世の仕方は、リアリティー・ショウ~SNS時代を生きる若者らしいそれだった。12歳の頃にアメリカのNYに渡り、高校卒業後に帰国したエラは、音楽学校に通っていた2014年にアライズというガールズ・トリオで人気オーディション番組「The X Factor』のUK版に出演。が、アライズは芳しい結果を残せずに解散。そこで2015年にソロ活動を開始すると、SNSで披露したカヴァー動画がマスタードの目にとまり、SoundCloudにアップしたDJカム1制作のEP『Troubled』が注目を集める。かくしてマスタードの10サマーズに所属したエラは、『Time』『Change』(共に2016年)、そして“Boo'd Up”を含む『Ready』(2017年)といった3枚のEP、およびシングル“Naked”を出していくのだ。

タグ
TOWER DOORS