EASTOKLAB日置逸人の極私的金字塔

季節の変わり目とThe Album Leaf『In a Safe Place』

季節の変わり目とThe Album Leaf『In a Safe Place』

随分と寒くなって、朝のコーヒーがホットに変わった。夜中に空腹を感じて近所のスーパーまで行こうにも、外出することになかなか気が乗らない。全身を包む毛布から何とか抜け出して外に出ると、公園に生い茂る木々の紅葉がとても綺麗だった。枯れ葉が点々と地面に落ちていて、それを踏むと〈クシャッ〉と小さな音が暗い道にこだまする。その光景と音がThe Album Leaf『In a Safe Place』に似ているような気がして、帰ったら久々に聴こうと思った。

THE ALBUM LEAF In A Safe Place Relapse/BIG NOTHING(2004)

細かいことはとうに忘れてしまったけれど、初めて聴いたのは10代が終わる頃だった。当時Sigur Rósを筆頭にMúmやMice Paradeなどを熱心に聴いていて、その流れからThe Album Leafを聴いたのだと思う。1stから5thまでを満遍なく聴いていたけれど、この3rdが1番のお気に入りで、水面に垂れた水滴が輪を描くような、柔らかくて神秘的な音の佇まいに惹かれていた。それは、耳元から入ったあと流れるように頭の中に響いて、気づけばスーッと心の隅に水を垂らすような、優しい美しさだった。

なかでも冒頭の“Window”の静謐な音像から、次曲“Thule”でドラムインする部分が特に好きで、この部分には、如何にも音楽的で言葉では表せない美しさが詰まっているように思っている。

控えめなボーカルを挟みつつ、アルバムは時間と同じ速さでゆっくりと流れていく。水面に垂れた水滴が、時には跳ねるように、時には馴染んでいくように、小さな輪が静かに広がっていくようなイメージが頭に浮かぶ。大きな起伏は決してないけれど、その輪はゆっくりと、小さな音を立てながら広がっていく。頭を使わず、ただ流れる音に身を任せてしまえば、心地よい水が心の隅にまで垂れてくるような感覚に陥る。

僕はいつも“Over the Pond”が始まって“Another Day”が終わるまで、悲しくもないのに何故だか胸が締め付けられて仕方なくなる。それは、いつか見た季節の変わり目、風景の色が変わっていく瞬間に良く似ていて、それをふと思い出す。秋から冬に変わる、ちょうど今のような。

そして、静かなラストを迎える頃には、目が霞んでふと眠りに落ちてしまう。だいたい最後の曲を聴きながら。寝ている間ずっとリピートされていて、朝起きたらまだ鳴っていたりする。

The Album LeafはUSのバンドながら、このアルバムはアイスランドにてSigur Rósのヨンシーをプロデューサーに迎え、録音されたそうだ。その事実を今知ったのだけれど、確かにUSらしい暖かみのあるオーガニックなサウンドと、アイスランドらしい冷たいエレクトロニクスやビートが綺麗に溶け合っているように感じる。

ミニマルなグリッヂビートの上を流れるオルガンやアコギの音色もひたすらに美しく、暖かい音色を持った生楽器が冷たく澄んだ空気を経由して鳴っているのが伝わってくる。それでいて、何度聴いても新しい発見があるような細かなアレンジメントが素晴らしく、単なるアンビエントミュージックとは括れない面白さが詰まっている。

本当に丁寧に作られただろうアルバムなだけに、これだけ単曲のYouTubeリンクを貼っておいてなんだけれども、アルバムで聴いてこその作品だし、やはり僕はそういうものが好きだ。

もうすぐ、もう目の前まで冬が来ている。薄い毛布に包まって過ごす僕にとって、このアルバムは小さな火が灯った暖炉みたいな存在だ。そして、その火はとても小さいけれど、ずっと消えることがない不思議な火だ。この文章を書きながらそんなことを思った。

 


RELEASE INFORMATION

EASTOKLAB EASTOKLAB DAIZAWA(2019)

恍惚に満ちたファルセットボイス
ダイナミックなアンサンブルで美しさを描く
退屈を撃ち抜く鮮やかなデビューアルバム完成!

EASTOKLAB
Debut Mini Album『EASTOKLAB』
2019.06.05(Wed)Release
UKDZ-0200 ¥1,700(w/o tax)
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT inc.

1. Fireworks
2. In Boredom
3. Passage
4. Always
5. New Sunrise
6. Tumble

 


LIVE INFORMATION

JYOCHO Tour 2019 “綺麗な三角、朝日にんげん”
2019年12月7日(土)愛知・名古屋 APOLLO BASE
polly “FLOWERS” Release Tour
2019年12月9日(月)長野・松本 ALECX
年末調整GIG
2019年12月20日(金)愛知・名古屋 CLUB UPSET
GREAT YOUTH “SALT”
2019年12月26日(木)京都 GROWLY
polly “FLOWERS” Release Tour
2020年1月22日(水)京都 GROWLY
2020年1月23日(木)大阪・心斎橋 COMPASS
2020年1月24日(金)愛知・名古屋 APOLLO BASE

【プロフィール】
日置 逸人

日置 逸人 (ひおき はやと)

EASTOKLABのヴォーカル/シンセサイザー/ギターを担当。バンドの他に、WD SOUND WORKSでレコーディング・エンジニアとしても活動する。2019年6月5日、DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECTよりミニ・アルバム『EASTOKLAB』をリリース。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop