武藤彩未『MIRRORS』クリアな歌唱の魅力は変わらずも、ナチュラル志向の楽曲で明るい印象に

2020.03.04

充電期間を挿んで実に5年ぶりとなった待望の新作は6曲入りのミニ・アルバム。御供信弘による軽やかな都会派ポップの先行曲“雨音”でも、上を向く決意を歌ったバラード調の“風花”でも、凛としたクリアな歌唱の魅力は揺るぎない。ただ、ナチュラル志向の曲が増えたこともあってかその響きも往時と異なる明るい印象に繋がっている。特にPellyColoがアレンジした“会いたいが言えない”はそこはかとなくEspecia風味の薫る好曲だ。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS