TOWER DOORSブログ

一寸先闇バンドにTOWER DOORSから6つの質問 SSWおーたけ@じぇーむず率いる、日常を映画のように描く4人組

一寸先闇バンドにTOWER DOORSから6つの質問 SSWおーたけ@じぇーむず率いる、日常を映画のように描く4人組

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場してもらうアーティストは一寸先闇バンドです。TOWER DOORSは“フレンドゾーン”という曲を紹介しています。

一寸先闇バンドは、シンガー・ソングライターの〈おーたけ@じぇーむず〉を中心に2019年に結成されたバンドです。メンバーは、全曲の作詞作曲を手掛けるおーたけ(ヴォーカル/ギター)、大山拓哉(ドラムス/コーラス)、かくれみの(ピアノ/コーラス)、山口竜生(シンセサイザー)という4人。

おーたけが手掛ける楽曲は、アコースティック・ギターのサウンドを基調としたサウンドで、とてもナチュラルかつ耳に馴染む優しいメロディーが特徴です。フォークやインディーの要素を感じますが、その他にもポスト・ロックやソウルなどのエッセンスが加わっており、ポップでありながらもセンセーショナルなサウンドです。

そしてなんといっても、おーたけの歌声に圧倒されます。清々しく、流麗で美しい声を繊細に響かせながら、時折力強い表情を見せる見事なヴォーカリゼーション。日常のひとコマを描いた歌詞がその唯一無二の歌声によって紡がれることで、映画のワンシーンのような臨場感を楽曲に与えています。

それでは一寸先闇バンドの魅力に、〈6つの質問〉から触れていきましょう。質問には、おーたけ@じぇーむずが答えてくれました。

TOWER DOORS