PR
コラム

ディスクロージャー(Disclosure)『ENERGY』ポジティヴで挑戦的な新作を生み出した説明できないエナジーとは?

©HOLLIE FERNANDO

説明できないエナジーによって生まれた、ポジティヴなエナジーの漲るサード・アルバム! UKが誇る兄弟は10年選手になってもまだまだチャレンジングに進化を続けている!

10年も経ったなんて

 「10年というのは随分と長い感じがするけれど、昨日のことのようだよ。“Offline Dexterity”を作った時には、自分たちがそこから経験していくことなんてまったく想像もしていなかった。この曲を作った6、7年後にはNYのマジソンスクエアガーデンでヘッドライナーを務めるだなんてね。そんなことありえないって当時だったら笑い飛ばしてただろうね。だから、自分たちの期待した以上のことになっているから、いまは毎日が楽しい。毎朝起きて音楽を制作できるなんて、それだけでありがたいよ。10年も経ったんだね、信じられないな(笑)」。

 懐かしのMySpace時代に発表したファースト・シングル“Offline Dexterity”(2010年)からの感慨をこのように振り返るのはガイ・ローレンス(以下同)。彼が弟のハワードと10代で結成したディスクロージャーは、過去のアルバム2作品がいずれも全英1位を獲得し、〈グラストンベリー〉や〈レディング〉といった大型フェスのヘッドライナーを務める存在に。日本でも〈フジロック〉から昨年の〈サマーソニック〉に至るまでたびたび来日を果たしてきた。

 「僕たちはアワードやチャートをあまり気にしていなくて、自分たちの経験のほうが重要なんだ。〈レディング〉でのヘッドライナーはクレイジーだった。僕が15歳の時に初めて行ったフェスだからね。自分が初めて経験したフェスにヘッドライナーとして出演したなんて驚きだよ」。

DISCLOSURE 『ENERGY』 Island/ユニバーサル(2020)

 そのように押しも押されぬ世界のトップ・アクトへと成長した彼らが、3枚目のオリジナル・アルバム『ENERGY』をようやく完成させた。近年はEPサイズの作品やシングルが中心で、フル・アルバムとしては『Caracal』(2015年)から実に5年ぶりとなるが、そこまでブランクができたのは「アルバムをリリースする準備ができていなかった」からだという。

 「EPはファンとの繋がりを保つためにリリースしていた。それに休みが必要だったんだ。5年ぶりのアルバムだけれども、最初の1年半、2年はそれ用の曲作りをしなかった。2015年から2016年とツアーしていて、2017~18年の半分はリラックスしていた。休みを取らなければ頭がおかしくなっていただろうからね。今回のアルバムは2年間を曲作りに費やしていて、それは前の2作と変わらない。前作から時間が経っているからもっと長く感じるかもしれないけど」。

TOWER DOORS