TOWER DOORSブログ

WATER DAWGSにTOWER DOORSから6つの質問 関東リバーサイドが拠点のデジタル・ネイティヴな新世代クルー

WATER DAWGSにTOWER DOORSから6つの質問 関東リバーサイドが拠点のデジタル・ネイティヴな新世代クルー

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力にメール・インタビューから迫る企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主人公はWATER DAWGSです。TOWER DOORSは彼らの楽曲“BLOOM”を紹介しています。

WATER DAWGSは、リーダーであるPower、彼がインターネットで知り合ったhanoi ShasiFrankhouse、そしてプロデューサーのY ohtrixpointneverによって2020年の夏に結成されたクルー。〈2021年期待の新人邦楽アーティスト20〉でMikiki編集部員の田中亮太が選出しているなど、注目の新世代アクトです。

彼らは関東のリバーサイドのある街で一軒家を借りてスタジオとし、メンバーで共同生活を送っているのだとか。現代的なコレクティヴの在り方を実践した、ユニークな活動を繰り広げています。

そんなWATER DAWGSは、2020年12月に4作連続でシングルとミュージック・ビデオを発表し、楽曲と映像のクォリティーの高さによって早耳リスナーの注目を集めました。

WATER DAWGSのサウンドはヒップホップの枠内に留まらないデジタル・ネイティヴ世代らしいもので、ジャンルに縛られない独創性に満ちた音楽性が特徴です。Y ohtrixpointneverが手掛けるトラックは、ヴェイパーウェイヴやインダストリアルなどを取り入れたSci-Fi感あふれるエレクトロニック・サウンドから、ベッドルーム・ポップ的なアプローチをした浮遊感のあるものまでさまざま。そのビートにPowerの迫力ある力強いフロウとhanoi ShasiFrankhouseの気だるげなライムという2人の対照的な声が組み合わさり、独特のグルーヴを生み出しています。

そんなWATER DAWGSに〈6つの質問〉を投げかけてみました。

関連アーティスト
TOWER DOORS