TOWER DOORSブログ

TOWER DOORSが選ぶ2021年4月のベスト・ニュー・アーティスト

TOWER DOORSが選ぶ2021年4月のベスト・ニュー・アーティスト

こんにちは。TOWER DOORSスタッフです。

2021年1月からスタートさせた新企画〈TOWER DOORSが選ぶベスト・ニュー・アーティスト〉。毎月、月初に前月のベスト・アーティストを紹介していきますので、お見逃しなく。

TOWER DOORSは毎月25~30曲をYouTubeチャンネルで紹介していますが、ここではなかでもおすすめのアーティスト、これからの活躍が期待されるニューカマーをピックアップ。スタッフが厳選したアーティストを、注目ポイントやコメントとともに読者のみなさんにお届けします。

YouTubeチャンネルのほうでは同内容をポッドキャストで発信、このブログと連動させています。ポッドキャストはTOWER DOORSの総合チャンネルで公開しているので、併せてお楽しみください。

それでは、TOWER DOORSが選ぶ2021年4月のベスト・ニュー・アーティストを8組ご紹介しましょう。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

 

ぎがもえか

3歳の頃からピアノに触れて育った生粋のミュージシャン、ぎがもえか。彼女の魅力は、絹のような美声と伸びやかなヴォーカリゼーション、そして情景や感情を詩情豊かに表現したリリシズムです。その歌がガット・ギターの柔らかな調べや温かいフォーク・ロック・サウンドと折り重なり、ゆったりと優しい音楽を生み出しています。

そういった歌やサウンドは、彼女がリスペクトする星野源の初期作品や、寺尾紗穂、青葉市子、平賀さち枝といったSSWの音楽に通じるものがあります。その一方で、独特の言葉づかいによる情景描写力には、ユニークな個性を感じます。そういった点から、ぎがもえかを4月のベスト・ニュー・アーティストに選出しました。

 

~離

まるでユートピアとディストピアの間を行き来するような鮮烈な響きの電子音楽が魅力の、2001年生まれのアーティスト、~離(ユーリ)。2018年頃から楽曲制作を開始し、2020年8月にセルフ・リリースでアルバム『幽霊を見た』をリリースしています。同作では、ボーカロイドと加工した自身の歌声やラップを組み合わせるなど、実験的な試みが特徴です。

彼の音楽性は、現行のHyperpopの文脈にも繋がるものですが、ボカロのような日本的なカルチャーを織り交ぜているので、オリジナリティーと新感覚にあふれている点が独創的かつとても魅力的です。新たな感覚で音楽を拡張している~離は、4月のベスト・ニュー・アーティスト間違いありません。

TOWER DOORS