PR
コラム

INO hidefumiが魅せる夢うつつの音世界――新作『In Dreams』を携えたビルボードライブ公演、特別ゲストに藤原ヒロシと高野寛

INO hidefumi

INO hidefumiが〈インドリームス ツアー 2021〉を開催、2021年5月24日(月)にビルボードライブ横浜で、5月26日(水)ビルボードライブ東京でライブを行う。

INO hidefumi(猪野秀史)は70年、宮崎・延岡生まれのミュージシャンだ。5歳からピアノを習い、中学校では吹奏楽部で金管楽器を扱っていたという。その後、福岡でのバンド活動を経て、25歳頃から一人での音楽制作を本格的にスタートさせた。30歳で東京へ上京し、2002年に恵比寿2丁目で長屋をリノヴェーションしたカフェ〈tenement〉をオープン。〈1レーベル1アーティスト〉というコンセプトのもと、同店を拠点に自身の音楽を発信するレーベル〈innocent record〉を設立した。

2005年に7インチ・シングル“Billie Jean”でデビュー。マイケル・ジャクソンの楽曲をINOのメイン楽器であるフェンダー・ローズ(INOは〈フェンダー・ローズに愛された男〉の異名をとる)とブレイクビーツによって演奏した、名カヴァーだ。以降、INOは12作もの7インチ盤をシリーズとして発表している。

2006年、ファースト・アルバム『Satisfaction』をリリース。前述の“Billie Jean”や“Just The Two Of Us”(グローヴァー・ワシントン・Jr.)のカヴァーを含むインストゥルメンタル・アルバムで、傑作でありINOの代表作として名高い。リリースから10年、フェンダー・ローズのみで同作を再演した『NO SATISFACTION』(2016年)も評判を呼んだ。

2006年作『Satisfaction』収録曲“Billie Jean”

2013年の『NEW MORNING -新しい夜明け-』では自身のヴォーカルを披露し、その路線は2018年、全編ヴォーカル曲を展開した『SONG ALBUM』へと結実。パーソナルだが開けたポップネスをたたえ、独特のグルーヴで彩られた『SONG ALBUM』は、高い評価を得た。

2018年作『SONG ALBUM』収録曲“うまれたまちで / THE SOUND OF WAVES”

そして、きたる5月16日(日)には待望のニュー・アルバム『In Dreams』をリリースする。すべての楽器をみずから演奏し、小西康陽との共作曲“ブルースの定義”やビートルズの“グッドナイト”のカヴァーを収録した作品だ。

INOのコメントによると、デヴィッド・リンチの映画を鑑賞中、眠気がさした頃、劇中でロイ・オービソンの楽曲が流れ(「ブルーベルベット」の“In Dreams”だろう)、〈現実と非現実の境目が溶け出し、夢の中にいるような感覚〉と〈今の時代の空気感〉がリンクした。その経験からアルバム・タイトルをつけたという。


2021年作『In Dreams』収録曲“美しい夜/It’s Gonna Be A Beautiful Night!”“インドリームス/In Dreams”

INO hidefumi BANDでのライブや、TOWA TEIやOKAMOTO’Sらの作品への鍵盤奏者としての参加、作編曲家としての活躍、さらに自作のアートワークの制作など、幅広い才能と独立独歩の活動で知られるINO。そんな彼が、新作のリリースとともにビルボードライブで公演を開催する。

藤原ヒロシ

高野寛

日本政府による緊急事態宣言の延長を受けて、大阪公演は残念ながら延期になってしまったが、横浜公演には藤原ヒロシが、東京公演には高野寛がそれぞれスペシャル・ゲストとして招かれ、予定どおり開催される。

藤原とはこれまでたびたび共演をしており、4月にも配信ライブ・シリーズ〈THE SESSION〉のvol.5にて2人きりで演奏した。同じく〈THE SESSION〉のvol.4には、高野寛が出演。藤原と高野が本公演に招かれたことは、とても自然な流れだ。

〈INO hidefumi THE SESSION vol.4 featuring 高野寛〉の映像

今回のライブでは、INOがヴォーカルとローズを担当するほか、伊賀航がベース、
北山ゆう子がドラムス、そして小森宏子がメロトロンを演奏。伊賀と北山は、lakeや三輪二郎バンドでタッグを組んでいる2人なので、INOのライブでもすばらしいグルーヴを聴かせてくれるだろう。そこにINOの歌やローズ、小森の幻想的なメロトロンが乗り、唯一無二の、まさに夢と現実の中間のような音世界を描きだすはず。

2020年のビルボードライブでのパフォーマンス映像

新作『In Dreams』からの楽曲も初披露されるだろう〈インドリームス ツアー 2021〉、楽しみでならない。絶対に見逃せないライブだ。

 


LIVE INFORMATION

INO hidefumi
インドリームス ツアー 2021

2021年5月19日(水)ビルボードライブ大阪 ※延期
1stステージ:開場 15:30/開演 16:30
2ndステージ:開場 18:30/開演 19:30
サービスエリア:6,900円
カジュアルエリア:6,900円(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途ご精算となります
★詳細はこちら

INO hidefumi
インドリームス ツアー 2021 Special Guest 藤原ヒロシ

2021年5月24日(月)ビルボードライブ横浜
1stステージ:開場 14:30/開演 15:30
2ndステージ:開場 17:30/開演 18:30
サービスエリア:6,500円
カジュアルエリア:6,500円(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途ご精算となります
★詳細はこちら

■メンバーMember
猪野秀史(ヴォーカル/ローズ)
伊賀航(ベース)
北山ゆう子(ドラムス)
小森宏子(メロトロン)
■スペシャル・ゲスト
藤原ヒロシ

INO hidefumi
インドリームス ツアー 2021 Special Guest 高野寛

2021年5月26日(水)ビルボードライブ東京
1stステージ:開場 14:00/開演 15:00
2ndステージ:開場 17:00/開演 18:00
サービスエリア:6,500円
カジュアルエリア:6,500円(1ドリンク付)
※ご飲食代は別途ご精算となります
★詳細はこちら

■メンバーMember
猪野秀史(ヴォーカル/ローズ)
伊賀航(ベース)
北山ゆう子(ドラムス)
小森宏子(メロトロン)
■スペシャル・ゲスト
高野寛

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※ご来場前に必ず〈営業再開時の新型コロナウイルス感染症対策について〉内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください

TOWER DOORS