PR
コラム

マネスキン(Måneskin)『Teatro d’Ira - Vol.I』彗星のごとく現れた新世代ロックスターの鮮烈な歩みを振り返る

©Ilaria Ieie

世界のハートを掴んだ怒涛のイタリアン・センセーション! 華やかでモダンで最高にグラマラスな新時代のロックスターがいよいよ日本に本格上陸するぜ!

華やかなロックスターのオーラ

 5月に開催されたヨーロッパ最大の音楽祭〈ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト〉において、今年は異例の番狂わせが勃発した。アバやセリーヌ・ディオンをはじめ多数の国際的スターを輩出してきた同コンテストの歴史は60年以上に及ぶ。各国のお国柄を窺わせるポップソングから大仰なシアトリカル系、おふざけから色物まで、とことん振り切った個性派アーティストが一堂に会する国際見本市として愛されてきた。そのキャンプなお祭りムードはNetflix配給の映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~」(2020年)にも描かれている通りだ。が、2021年は従来のポップ系シンガーではなく、イタリア代表のロック・バンドが決勝戦のラストに登場。そのパワフルな演奏と艶やかなカリスマ性でもって、会場はもちろん、TVやネットで観ていたオーディエンスまでもノックアウト。見事優勝を果たしてしまった。

 その優勝グループ、マネスキンはイタリアはローマ出身の4人組。久方ぶりに登場したセックス・シンボルという肩書きがまさにピッタリなダミアーノ・デイヴィッド(ヴォーカル)を中心にした、全員が20代に入ったばかりのグループだ。紅一点のヴィクトリア・デ・アンジェリス(ベース)は美形なのに機会があれば口を開けて舌を突き出す奔放なワイルド系。ギターのトーマス・ラッジは、他のメンバーといつもジャレ合ったりフザケてばかりいるグループのムードメイカー。一方ドラム担当のイーサン・トルキオは、ちょっぴり神経質そうで生真面目な印象だ。優勝が決定した際には、他の3人が抱き合って大喜びしているのとは対照的に、彼だけひとり床に座り込んで呆然としていたのが印象的だった。

 そんな異ベクトルが激しく交錯するバンドに内包されたエネルギーはとにかく強力で圧倒的。受賞曲“Zitti e buoni”(ジッティ・エ・ブオーニ=〈黙ってイイ子にしてな〉という意味)の早口言葉のようなイタリア語の響きも新鮮だった。そして何より突然現れた華やかなロックスターのオーラに当てられて、一瞬でファンになったという人々が続出したのだ。

関連アーティスト