PR
インタビュー

ASP『PLACEBO』別れと出会いを経た5人が語る、セカンド・アルバムと新年の野望

別れと出会いの行き交う特別な日々を経験して、それでもASPは強く生きていく――早くもセカンド・アルバムを引っ提げて新生した5人はいま何を語る?

 WACKの通過儀礼というべきか……2021年5月のデビューから特異な存在感を発し、9月に初のシングル“the MAN CALLiNG”を投下した勢いで秋の全国ツアー〈MARCH of ROGUES TOUR〉へ踏み出したASPですが、その最中にナアユが足の怪我に伴う無念の脱退を発表。別れの日となった11月23日、ツアー最終公演のLIQUIDROOMでは〈BiS and ASP 新メンバー合同オーディション〉に合格した双子姉妹のマチルダー・ツインズ(姉)とウォンカー・ツインズ(妹)が早くもお披露目されたばかりです。今回は早くも年明けに控えるニュー・アルバム『PLACEBO』について話を訊くべく、同公演から数日後の5人に初めての取材を行いました!

ASP 『PLACEBO』 WACK(2022)

 

いままでにないグループ

――まずは新メンバーの2人がWACKをめざしたきっかけから教えてください。

マチルダー・ツインズ「BiSHさんのライヴ映像を3年ぐらい前に観てWACKを知りました。アイドルを見ておもしろいって思ったのが初めてで、歌詞もカッコイイし、踊りも一生懸命で、とても衝撃を受けて」

ウォンカー・ツインズ「私も同じタイミングで知って。それまでやりたいこともなかったんですけど、WACKのアイドルを観て初めてやりたいって思いました」

――過去のオーディションには応募した?

ウォンカー「今回が初めてです」

――2人で相談して応募したんですか?

マチルダー「お互い何も言わずに」

ウォンカー「いや、言ったよ」

マチルダー「いや、言ったけど、〈2人でがんばろうね〉っていう雰囲気じゃなくて」

ウォンカー「うん。しれっと送ってました、〈そっちはそっちでがんばって〉みたいな」

――選考の過程で〈この2人って双子じゃん〉って気付かれた感じなんですかね?

マチルダー「2次審査の時になりました。歌唱審査の時にウォンカーが言われて」

ウォンカー「オーディションのグループ分けは別々だったんです。私が後から受けて、そこで双子ってことに気付かれたみたいで」

――個々に審査に残ってたんですね。オーディションはBiSとASPのどっち志望で?

マチルダー&ウォンカー「ASPです!」

ユメカ・ナウカナ?「イェ~イ!」

マチルダー「MVとかを観て〈やりた~い〉って……ホントですよ!」

――疑ってないです(笑)。全員で顔合わせしたのは?

ナ前ナ以「加入を知ったのは9月末ぐらいで、10月の頭に初めて顔合わせしました。けど、双子のおもしろい子たちが入るっていう噂はその前からあって」

ユメカ「そうだ、そうだ。風の噂で」

――新メンバーの加入自体はポジティヴな受け止め方だったと思うんですけど、2人入ることについてはどう思いました?

モグ・ライアン「最初は〈あっ、一気に2人も増えるんだな〉と思いました。しかも双子って聞いてビックリしちゃって、アニメのグループみたいだなって(笑)。ASPを見た時に〈おもしろいキャラがいっぱいいる!〉みたいに興味を持ってくれる人もいるんじゃないかなって、そういう意味でもグループとして強いなって思いました」

ナ以「こんなグループ見たことないし、やっぱりASPはASPらしく活動していきたいので、いままでにないグループという点でも素敵だなって」

――顔合わせの時点でナアユさんの脱退は決まっていたんですか?

ユメカ「たぶんナアユちゃんが渡辺(淳之介:マネージャー)さんに相談していた頃で、私たちにも話はあったけど、まだ決定ではなかったですね」

――当初は6人組のイメージもありえたわけですね。そこから5人になることが決まった際はどんな心境でしたか。

ユメカ「う~ん、何より心強かったし、支え合えると思って頼りにしてたし、一緒なら何だってできるって思ってたし……ASPになる前から仲良くしてたので、寂しいし、悲しさが凄かったです。期間は短かったけど一緒にいろんなことを乗り越えてきて、私の悩みをナアユちゃんが解決してくれたり、ナアユちゃんの悩みを聞いたりして……でも怪我のことは一緒に乗り越えられなかったんだなって、これからもきっと後悔して思い出すと思うんですけど。いまはもう前を向いてがんばるっていう感じですね」

ナ以「当たり前に一緒に過ごしてきて、知らない間にメンバーのことが本当に大切になっていて、めちゃくちゃ信頼していて。だから誰かがいなくなるなんて考えてなくて、やっぱり悲しかったし、苦しかったです。ずっと一緒にいるとメンバーの幸せも悲しみもグループの幸せと悲しみになって私に届くので、ナアユちゃんの痛みも私の痛みになって。でも私には理解できないくらい本人は苦しかったと思うし、どうしても私たちはASPのことを第一に考えなきゃいけなくて、そこが凄く難しかった。それでも、やっぱり最後はナアユちゃんに幸せになってほしいって思いでした」

モグ「もっといろんな景色を一緒に見たかったし、いろんなことをやりたかったです。メンバーとしても、人としても、こんなに仲良くなりたいって思った人は初めてだったので、もうさよならしなきゃいけないのがめちゃくちゃ悲しくって、初めて聞いた時はめちゃくちゃ泣きじゃくって止めたんですけど。でもナアユちゃんがずっとずっと考えて悩んできたことなので止められるものではなくて。で、その辞めちゃう理由が足の怪我で、どうにもできない自分にめちゃくちゃ腹が立って。凄い悔しくて仕方なかったです」

タグ
関連アーティスト