コラム

「朝比奈隆 続・交響的肖像」93歳まで現役であり続けた指揮者と園田高弘の名演に実相寺昭雄との対談も収めたBlu-ray

園田高弘とのラフマニノフ“ピアノ協奏曲第2番”は初出、大河ドラマのようなロシア音楽を聴ける

朝比奈隆, 新日本フィルハーモニー交響楽団, 園田高弘 『朝比奈隆 続・交響的肖像』 キングインターナショナル(2022)

  • TOWER RECORDS ONLINEで購入

 新日本フィルハーモニー交響楽団は今年(2022年)、創立50周年を迎えた。朝比奈隆は1947年に自身が創設した大阪フィルハーモニー交響楽団を本拠とする傍ら、1975年に新日本フィルの顧問に就いた。93歳まで現役指揮者であり続けた朝比奈は最晩年こそ東京の主要オーケストラすべてから〈熱烈歓迎〉されたが、共演回数では新日本フィルが群を抜く。一方、映像作家の実相寺昭雄は1970年にTBSを退社、2年後に萩元晴彦らとテレビマン・ユニオンを立ち上げ、山本直純と新日本フィルによる伝説の音楽番組「オーケストラがやって来た」を世に送り出す。すべてが熱い昭和だった。

 このBlu-rayはブラームス“ハイドンの主題による変奏曲”(1992年5月13日、東京文化会館)、寺田農が前口上を務めるベートーヴェン“歌劇《フィデリオ》”冒頭(1994年12月1日、昭和女子大学人見記念講堂)、チャイコフスキー“交響曲第6番《悲愴》”(1994年2月3日、サントリーホール)、園田高弘をソリストに迎えたラフマニノフ“ピアノ協奏曲第2番”(同)の他、朝比奈と実相寺の対談を収めた。当時の新日本フィルは十分に若いオーケストラで古部賢一(オーボエ)ら、後に日本楽壇で重きをなす名手の20代の姿も刻まれている。何より気持ち良さそうに振る朝比奈と、それに全力で応える新日本フィルの名演が強い説得力を発揮する。

 晩年こそブルックナーをはじめとするドイツ=オーストリア音楽の巨匠と目された朝比奈だが、京都帝国大学在学中はエマヌエル・メッテルにロシア音楽を学んだ。メッテルはロシア革命を逃れてきたウクライナ人。長くヨーロッパで活躍したピアノの園田も、一家で日本へ移住したユダヤ系ウクライナ人のヴィルトゥオーゾ(名手)レオ・シロタの愛弟子だ。朝比奈と園田には20歳の年齢差があり、音楽に対する考え方も必ずしも同じではなかったが、演奏解釈の基本を同じ文化圏の芸術家に授かったのは興味深い。堂々と揺るぎない、大河ドラマのようなロシア音楽を聴ける。