PR
コラム

ジョイス・ライス(Joyce Wrice)が来日! 日本にルーツを持つ次世代R&Bシンガーによる必見の初ビルボードライブ公演

ジョイス・ライス(Joyce Wrice)が来日! 日本にルーツを持つ次世代R&Bシンガーによる必見の初ビルボードライブ公演

ジョイス・ライスが2022年10月8日(土)にビルボードライブ東京で、10月11日(火)にビルボードライブ横浜で来日公演を開催する。

米LAを拠点に活動するシンガーソングライターのジョイス・ライス。カリフォルニアのチュラビスタに生まれ、アフリカンアメリカンの父と日本人の母を持つアーティストだ。

父親のレコードコレクションから影響を受け、ブランディ、タミア、クリスティーナ・アギレラ、マライア・キャリー、ロドニー・ジャーキンズ、ジャム&ルイス、ジャーメイン・デュプリ、アッシャー、ミッシー・エリオット、スタティック・メイジャーといったR&B/ヒップホップがインスピレーション源になったという彼女(父の車でノトーリアス・B.I.G. & 112の“Only You (Remix)”を聴いた思い出もあるとか)。また、幼い頃は、土曜日には日本語の補習校に、母とともに仏教徒の会合にも通っていたそうだ。

高校を卒業した後、大学でR&Bやヒップホップのカバーを始め、インターネットを駆使してそれらを発表。YouTubeで歌声を聴いた友人たちからは音楽の道に進むように勧められた。そして大学卒業後、21歳でLAに移住し、アーティストを目指すことになる。

2016年、マインドデザイン(Mndsgn)やサー(SiR)らがプロデュースしたEP『Stay Around』でデビュー。“Do You Love Me”や、その後の〈A COLORS SHOW〉でのパフォーマンスが話題になったことで、成功への道を歩みはじめた。

2016年のEP『Stay Around』収録曲“Do You Love Me”

2017年の〈A COLORS SHOW〉でのパフォーマンス動画

その後はシングルを断続的に発表しながら、フリー・ナショナルズ(Free Nationals)やラッキー・デイ(Lucky Daye)、レジー・スノウ(Rejjie Snow)、韓国のクラッシュ(Crush)、日本の向井太一など、幅広いアーティストの作品への客演を多数行っており、その多彩さには彼女の個性やフットワークの軽さが表れている。また、ルーツを活かして、UMIとの日本語のデュエットソング“That’s On You (Japanese Remix)”を2020年に発表していることにも注目だ。

2021年作『Overgrown』収録曲“That’s On You (Japanese Remix) (feat. UMI)”

待望のデビューアルバム『Overgrown』がリリースされたのは2021年。制作には長い時間がかかったようだが、D・マイル(D’Mile)が制作総指揮を務め、ラッキー・デイやフレディ・ギブズ(Freddie Gibbs)、ウェストサイド・ガン(Westside Gunn)、ケイトラナダ(KAYTRANADA)、マセーゴ(Masego)といった、ジャンルやシーンを超えた才能が集ったこの作品は絶賛を浴びた。90年代や2000年代のR&B、ヒップホップソウル、ネオソウル、西海岸のビートミュージックなどが縦横無尽に取り入れられたその音楽性は、まさに現代的な多様性を表現していると言える。

2021年作『Overgrown』収録曲“So So Sick”“On One" (feat. Freddie Gibbs)”

スムーズかつエレガントな歌声を持ち、アリーヤやブランディなどと比べられる存在となったジョイス・ライスが今回、ビルボードライブに初登場する。彼女のルーツである日本でのライブということでも注目すべき公演だろう。

来日には、ジョンテ・ロバーツ(キーボード)、ブランデン・アキニエル(ドラムス)、マライア・ティリ(ダンサー)、ブライアン・ドレイク(ダンサー)、エフェメ・フライズ (ダンサー)というメンバーが帯同する。特にダンサーが3人もいるということで、ステージでは彼女のメロディーやビートがフィジカルで、視覚的に表現されるはず。豪華なパフォーマンスになりそうだ。

2022年に入ってからはケイトラナダとの共演曲“Iced Tea”がヒット中だ。同曲の演奏にも期待したい。また、TVアニメ「プラウドファミリー」のオープニングテーマを歌ったことも話題だ。3、4月にはラッキー・デイがリリースした新作『Candydrip』のツアーに参加していた。そこで培ったものも、今回のステージでは披露されることだろう。

ジョイス・ライス&ケイトラナダの2022年のシングル“Iced Tea”

2022年のシングル“The Proud Family: Louder And Prouder Opening Theme (From “The Proud Family: Louder And Prouder”)”

次世代のR&Bシンガーとして世界的な注目を集める、類稀な才能を持つジョイス・ライス。彼女のライブを見逃さないでほしい。

 


LIVE INFORMATION
ジョイス・ライス
Joyce Wrice

2022年10月8日(土)ビルボードライブ東京
1stステージ
開場/開演:15:30/16:30
2ndステージ
開場/開演:18:30/19:30
サービスエリア/カジュアルエリア:7,400円/6,900円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13594&shop=1

2022年10月11日(火)ビルボードライブ横浜
1stステージ
開場/開演:17:00/18:00
2ndステージ
開場/開演:20:00/21:00
サービスエリア/カジュアルエリア:7,400円/6,900円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13595&shop=4

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※本公演は映像収録が入る可能性がございます。お客様が映像に映りこむ場合もございますので、あらかじめご了承ください
※ご来場前に必ず〈新型コロナウイルス感染症対策について〉のページ内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください
ビルボードライブ東京:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice.html
ビルボードライブ横浜:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_yokohama.html

■メンバー
ジョイス・ライス(ボーカル)
ジョンテ・ロバーツ(キーボード)
ブランデン・アキニエル(ドラムス)
マライア・ティリ(ダンサー)
ブライアン・ドレイク(ダンサー)
エフェメ・フライズ (ダンサー)

関連アーティスト