PR
インタビュー

山根明季子が語る、神奈川県民ホール〈C×C〉でジョン・ケージと交わり増幅する〈かわいい〉

〈C×C(シー・バイ・シー) 作曲家が作曲家を訪ねる旅 Vol.3 山根明季子×ジョン・ケージ[生誕110年、没後30年]〉

©︎Ayano Sudo

ケージと交わり、増幅する。山根明季子の〈かわいい〉とは?

 現代の気鋭作曲家と、記念年を迎えた大作曲家を並べ、稀な音楽体験と斬新な視座を提示する神奈川県民ホールの〈C×C(シー・バイ・シー)〉。第3回目には、〈かわいい〉を原理的に捉え、伝統的価値観を鮮やかに破壊してきた作曲家、山根明季子が登場し、ジョン・ケージの作品世界と交差する。

 企画の趣旨に関して、山根は「成熟をよしとする西洋音楽の中で、歴史的に価値がないとされてきた未熟さ、かわいさを、ケージ作品と並べることによって示したい」と意気込む。

 それでは作曲家の考える〈かわいい〉とは何か? もう一度復習しておこう。それは、作曲家にとっても「常にそう感じる対象は変わる」ものらしい。それでも大まかには、既存の西洋音楽や作曲技術に対する、ある種の未熟さや異質さを意味しているようだ。まず誤解されやすいが、一般の人が思うような、あどけない幼児の声や童謡の素朴で愛らしい旋律といった、社会文脈化されたかわいさではない。作曲を原理的に捉えているから感じるもので、そのパースペクティヴは「小さい頃から皆がいいとされる曲に共感できず、皆が聴きやすいという音楽へと自作品をシフトすることもできない。切実に作ったらこうなってしまう」という、生まれながら備わっていた作曲家独自の感性に深く根ざしている。

 当日演奏されるケージ作品の選曲は、五線紙において〈作曲〉された作品、“6つのメロディ”“セブン”と、ビートルズ曲のコラージュ作品“ザ・ビートルズ1962-1970”と、主に二つの方向性に厳選されている。例えば“6つのメロディ”に関しては「響きとしては聴き慣れたものだが、異なる構成原理で作られているもの」として選ばれている。一方でまた、作曲家が伝統的な意味において〈作曲〉しない(実際に楽譜出版もない)コラージュ作品というのも、西洋芸術音楽ではやはり異質だ。五線紙上の技法の異色さによって貫かれた作曲作品ともはや一音すら譜面には書かれなかったコラージュ作品、同列に併置する視座のラディカルさが際立つ。

 山根作品で“ザ・ビートルズ1962-1970”に対応するのが“状態 No.3”だろう。演奏家たちによって事前に既成楽曲を選ぶようにディレクションがされ、当日会場で複数の作品が同時演奏される。これも「伝統的な意味での〈作曲〉ではなく、現状において音符を一から生み出すことに価値が置かれる作曲ということについて、場を作ることを通して問いたい」と語る。

 もちろん、〈作曲〉された音世界も披露される。“キッチュマンダラかわいい”と“カワイイ^_-☆d”(新作初演)が演奏されるが、前者では「資本主義的な商業音楽の中で広く使われるような三和音を主な音素材としつつも、縦軸の音の関係性をゆるく、あえてずれたまま重なるように演奏させ」、そこで生じる〈かわいい〉要素が意識されている。後者においては、譜面に表現された響きもあるが、「作曲家の意図を超え、演奏家それぞれの主観や感覚による〈かわいい〉の原理主義的な解釈の余地を与えている」とのことで、山根の〈かわいい〉が開かれていくようだ。

 若手演奏家には、以前から山根と信頼関係を築いてきた人気実力派ヴァイオリニストにして、現代音楽への深いコミットメントでも知られる成田達輝をはじめとし、東条慧、山澤慧、丁仁愛、田中香織、相川瞳、大瀧拓哉、佐原洸といった全体の組み合わせとしては新鮮な、それぞれ気鋭の面々が並ぶ。曰く、「一緒に〈かわいい〉とは何かについて考え音に向き合ってくれる実力者たち」だ。「音の質感が勝負となるので、全ての先入観を引き剥がすことから始める」という、演奏家にとっては過酷なリハーサルが繰り広げられるのだろうが、彼らは、それを引き受け、瑞々しい感性で山根作品の新しい世界を作り出すのだろう。狭義の現代音楽には文脈の知的理解と高い質を備えた演奏が欠かせない。新たな視座とシーンが形成される瞬間に立ち会いたい。

 


山根明季子(Akiko Yamane)
京都市立芸術大学大学院修了。過剰な消費や抑圧、ポップなどを扱い作曲する他、アミューズメント空間のフィールドレコーディングなど人間の欲への傾聴を含め個々の小さな感覚をよく聴き共有する活動を続けている。主な作品に“ハラキリ乙女”(サントリーサマーフェスティバル、ワルシャワの秋)、“水玉コレクションNo. 6”(N響 Music Tomorrow)等。

 


LIVE INFORMATION
C×C(シー・バイ・シー) 作曲家が作曲家を訪ねる旅 Vol.3
山根明季子×ジョン・ケージ[生誕110年、没後30年]

2022年9月10日(土)神奈川・横浜 神奈川県民ホール 小ホール
開場/開演:14:15/15:00 ※14:30より山根明季子と沼野雄司(音楽学者)によるプレトークを開催
出演:成田達輝(ヴァイオリン)/東条慧(ヴィオラ)/山澤慧(チェロ)/丁仁愛(フルート)/田中香織(クラリネット)/相川瞳(パーカッション)/大瀧拓哉(ピアノ)/佐原洸(エレクトロニクス)

■曲目
ジョン・ケージ:ヴァイオリンとピアノのための「6つのメロディ」
ジョン・ケージ:ザ・ビートルズ1962-1970
山根明季子:状態 No.3(新作初演)
山根明季子:キッチュマンダラかわいい
ジョン・ケージ:セブン
山根明季子:カワイイ^_-☆d(神奈川県民ホール委嘱作品・初演)

https://www.kanagawa-kenminhall.com/d/cxc03

関連アーティスト