2014.04.25

自身の創造したヒップホップ・ソウルの方法論をいち早く脱し、生音をメインにしたグルーヴィーなループに乗って現代的なソウル女王の在りようを模索した力作。本人がボロボロだった時期の作品という裏話もあるが、切実な歌唱と楽曲の出来も抜群で、彼女のベストに推す人も多い。キーシャ・コールらはあきらかにこの頃の彼女を志向しているはず。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop