2014.06.25

ブラジリアン・グルーヴが心地良い“Bright Eyes”ほか、フリー・ソウル視点で人気の一枚です。音が柔らかくなったのは、シナトラ仕事で有名なパトリック・ウィリアムズによる弦アレンジのおかげ? ニューオーリンズ・ジャズ調やビーチ・ボーイズ風など遊び心もたっぷり!

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop