PR
INTERVIEW

クルアンビン(Khruangbin)はベンチャーズの再来!? 音楽ライター2人に訊く無国籍グルーヴが心をつかむ理由

クルアンビン『全てが君に微笑む』『Hasta El Cielo』『Con Todo El Mundo』『The Universe Smiles Upon You』

Photo by Mary Kang

クルアンビン――この不思議な響きを持つバンドの名前を、あなたも聞いたことはないだろうか?

2018年のセカンド・アルバム『Con Todo El Mundo』の発表以降、一気にその名を広めた彼らは、SNSなどを介してだんだんと日本のファンも獲得。結果、今年3月に開催された大阪と東京での初来日ライヴは大入りに(東京公演は急きょ、異例の1日2公演開催に変更された)。7月末の〈フジロック〉では〈FIELD OF HEAVEN〉のトリを務め、現場の観客と配信の視聴者とを大いに興奮させた――まさにクルアンビン旋風だ。

しかし、なんとも言語化しがたい無国籍サウンドと、ゆるっとしたグルーヴを持ち味とするインスト・バンドが、なぜこんなにも音楽ファンの心をつかんでいるのか? そこでMikikiは、過去作の日本盤化とダブ・アルバム『Hasta El Cielo』および日本企画盤『全てが君に微笑む』リリースのタイミングで、松永良平と黒田隆憲という2人の音楽ライターに彼らの魅力を語ってもらった。

なお、黒田はメンバーのマーク・スピアー(ギター)に、松永はドナルド“DJ”ジョンソン(ドラムス)とローラ・リー(ベース)へのインタヴューをそれぞれ行っている。というわけで、日本でもクルアンビンのことをよく知る2人、というわけである。ぜひそれぞれの視点を楽しんでもらいたい。

KHRUANGBIN 全てが君に微笑む Night Time Stories/BEAT(2019)

KHRUANGBIN Hasta El Cielo Night Time Stories/BEAT(2019)

KHRUANGBIN Con Todo El Mundo Night Time Stories/BEAT(2018)

KHRUANGBIN The Universe Smiles Upon You Night Time Stories/BEAT(2015)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop