PR
コラム

坂本龍一曰く〈特別なアルバム〉――84年作『音楽図鑑』に聴く、YMO散開を経ての自己探求

坂本龍一曰く〈特別なアルバム〉――84年作『音楽図鑑』に聴く、YMO散開を経ての自己探求

「君の名前で僕を呼んで」を彩った『音楽図鑑』の収録曲

スフィアン・スティーヴンスやサイケデリック・ファーズ、ジョルジオ・モロダーらの楽曲が使用されたことでも話題になった、ルカ・グァダニーノ監督作「君の名前で僕を呼んで」(2017年)。83年の南イタリアを舞台にしたこの作品のなかで、ひときわ印象的に使われていたのが坂本龍一によるふたつの楽曲だった。

ひとつは83年にリリースされた『Coda』(映画『戦場のメリークリスマス』サントラをピアノ曲にアレンジしたアルバム)収録の“Germination 発芽”で、もうひとつは84年にリリースされた『音楽図鑑』が初出の“M.A.Y. IN THE BACKYARD”(劇中で実際に使われたのは、96年のセルフ・カヴァー集『1996』に収録されたヴァージョン)。特に後者は映画の前半で二度使用されており、出会ったばかりの主人公2人が次第に打ち解けあっていく心情を鮮やかに彩っていた。

「君の名前で僕を呼んで」のサントラに収録された“M.A.Y. IN THE BACKYARD”
 

今年3月、その『音楽図鑑』がアナログ盤でリイシューされた。これは、昨年のYMO結成40周年リイシューの流れを受けたもので、坂本のソロとしてはアルバム『B-2 UNIT』(80年)と『左うでの夢』(81年)、シングル“WAR HEAD”(80年)と“Front Line”(81年)も、すでにアナログ盤でリイシュー済みだ。

初期作のなかでもひときわ人気が高く、高橋幸宏やロバート・パーマーも愛聴していた『音楽図鑑』。収録曲が「君の名前で僕を呼んで」に使用されたことで若いリスナーにもあらためて発見された本作が、いまアナログ・レコードというフォーマットでリイシューされる意義はとても大きい。ピアノを弾く坂本の影が蟻(アリ)になった、不気味かつユーモラスなジャケット(立花ハジメがデザインを担当)や、坂本自身のメモやイラスト、楽譜などがまさに図鑑のように配置されたインナー・スリーヴなど、ヴィジュアル的にもそそられるものがある。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop