インタビュー

fox capture plan 『Wall』 Part.1

立ちはだかる壁を閃光のアンサンブルで突破し、3匹の狐がいよいよ辿り着いたのはスリリングなダンスフロア! 楽しさに名前をつけるよりも先に、その感覚に身を任せて、ただ踊れ!!!

fox capture plan 『Wall』 Part.1

ダンス・ロックへの接近

 本人たちもビックリの大反響&好セールスと比例して、ただいまバンドは絶好調。前作『BRIDGE』が〈CDショップ大賞2014〉の〈ジャズ部門〉、〈JAZZ JAPAN AWARD 2013〉の〈アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門〉でダブル受賞という追い風を受け、fox capture planが3作目『WALL』で提示したテーマはズバリ、〈ダンス・ロックへの接近〉だ。ジャズをルーツに持ち、ダンス・ミュージックロックにも跨る領域で活動してきたバンドにとって、それはある意味必然の進化と言ってもいい。

fox capture plan WALL PLAYWRIGHT(2014)

 「もともとの音楽性として、〈コンテンポラリー・ジャズポスト・ロックを掛け合わせた音楽をやりたい〉というのが始まりだったから、単純明快なダンス・ロックをやるという発想はなかったんですよ。でもファーストとセカンドが、予想以上にジャズとポスト・ロックのどっちのシーンにも届いた実感があったので、次はロックのリスナーに直接投げ掛けられる曲を作ろうと。自分たちの力で、リスナー層を広げていきたかったんですよね」(岸本亮、ピアノ)。

 アルバムのリード曲である岸本作の“疾走する閃光”は、鋭いキックの4つ打ち、ロック的な疾走感、昂揚するメロディックなピアノのフレーズを持つ極めてキャッチーなナンバー。メロディーをより強調したもうひとつのリード・トラック、カワイヒデヒロ(ベース)による“Elementary Stream”と2曲合わせて、本作のコンセプトをもっとも象徴する楽曲だ。

 「“疾走する閃光”はすごくストレートですよね。ここまでわかりやすい4つ打ちはいままでやってなかったんで。ただ同じ4つ打ちでも、スネアの場所を変えるだけでよりロック的な4つ打ちになるんですよ」(井上司、ドラムス)。

 「“Elementary Stream”はより歌ものっぽい意識で作ってます。リズムはドラムンベースっぽいけど、Aメロ、Bメロ、サビが2回あって、大サビがあって、テンポの速い歌ものロックみたいに聴こえるんですよね。歌詞に頼らずにストーリーを作るには、そういう構成が必要なんです」(カワイ)。

 

未開の領域に踏み込むために

 ほかにも、得意の変拍子と高度なポリリズムを元にした“this wall”や、さまざまなエフェクトを駆使したプログレッシヴな組曲風の“unsolved”など、ポスト・ロック的でスリリングな聴感を楽しめる曲が並ぶ。さらに加えて、これまではアルバムに1曲だったカヴァーが2曲に増え、レディオヘッド“Paranoid Android”とYMO“東風”の2大名曲が収められるという豪華さに、〈そういう意味では勝負アルバムですね〉と岸本は言葉に力を込める。

 「俺がいちばん好きなレディオヘッドのアルバムが『OK Computer』(97年)で、そのなかでもいちばんクセものの曲をやってみようと(笑)。自分たちの発想のなかでは作れない曲をやるのがカヴァーの醍醐味だと思うし、そのなかでも挑戦的な曲であるほど話題になるんじゃないか?とも思ったので」(岸本)。

 「ベースは弓弾きしたりディストーションをかけたり、いい意味で勝手にやらせてもらいました。“tong poo”は、ファーストを作る前からずっとやりたいと言っていた曲なので、やれて良かったですね。原曲のテンポよりも、坂本龍一さんが『BTTB』(98年)でリメイクしてるほうに近いかもしれない」(カワイ)。

 「ドラムは、原曲とは比べものにならないぐらい叩きまくってますけどね(笑)」(井上)。

 こう書いていくと、彼らのキャラに接したり、ライヴを観たことのない人にはいかにも理論派で策略家のように思えるかもしれないが、実際の彼らはもっと直感的でフレンドリーな、現場感覚を大切にするミュージシャンだ。コンテンポラリー・ジャズからポスト・ロック、さらにダンス・ロックへの進化は、頭でっかちなものではなく、そっちのほうが楽しいし、気持ち良いじゃないか?という感覚の延長線上にある。

 「例えばコンテンポラリー・ジャズとポスト・ロックは、音楽理論的に言うと、コード進行やコードの浮遊感に共通点があると思うんですけど、単純にパッと聴いたときの印象がいっしょなんですよ。日本ではコンテンポラリー・ジャズとポスト・ロックのシーンがあんまり交流することはなかったんですけど、ルーツを辿ればジャザノヴァ4ヒーローのような人がいると思うし、元はいっしょだったんじゃないかな?と。でも最近は日本のシーンも変わってきて、だんだん交流が増えてきた気がします」(岸本)。

 〈壁〉という言葉に込めた〈音楽は自由であるべき〉という願いと、それを鮮やかに音像化した『WALL』。カテゴライズを超え、2014年のいま、もっとも自由に楽しめる理想の音楽のひとつがここにある。

 「いろんな人といっしょにやりたいんですよ。殻に閉じ籠っていつも同じような居場所にいるのとか、そういうのがどうにも耐えられない性格なので」(井上)。

 「『WALL』というタイトルを付けたのはそういう意味もあります。閉鎖的になって文化やジャンル同士の交流がなくなると、音楽は発展していかないから、人間ひとりひとりが心の中に作ってしまっている壁を壊していきたいんですよ。今回のアルバムは、いままでのなかでいちばんロック・リスナーにアピールすると思うし、未開の領域に踏み込むために壁を壊していきたい、という気持ちですね」(岸本)。

 

▼fox capture planの作品を紹介

上から、2012年作『FLEXIBLE』、2013年作『trinity』、bohemianvoodooとのスプリットによる2013年作『color & monochrome』、2013年作『BRIDGE』(すべてPlaywright)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼関連作品

左から、“Paranoid Android”を収録したレディオヘッドの97年作『OK Computer』(Parlophone)、YMOの78年作『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』(アルファ/ソニー)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ