連載

マリーナ(MARINA)が〈男の世界で生きたくない〉と歌った新曲“Man’s World”など今週の洋楽ベスト・ソング5

【Pop Style Now】2020年11月13~20日

マリーナ(MARINA)が〈男の世界で生きたくない〉と歌った新曲“Man’s World”など今週の洋楽ベスト・ソング5

田中亮太「Mikiki編集部の田中と天野が、海外シーンで発表された楽曲から必聴の5曲を紹介する週刊連載〈Pop Style Now〉。今週の話題といえば、そう! BTSのニュー・アルバム『BE』ですよね! まだ1回通して聴いたくらいですが、各曲のクォリティーがとんでもないですし、アルバム全体の流れも最高!! 聴きながら涙しちゃいましたよ!!!」

天野龍太郎「落ち着いてください。っていうか、いつからそんなにBTSのことを好きになったんですか……。BTSの新作『BE』は本日11月20日にリリースされました。アルバムのオープニングを飾る“Life Goes On”のミュージック・ビデオも公開されていますね」

田中「2曲目の“Fly To My Moon”はコスモズ・ミッドナイト(Cosmo’s Midnight)が、6曲目の“Dis-ease”はブラストラックス(Brasstracks)がプロデュースしています。このあたりの人選もさすが! いまのところ僕のお気に入りはエレクトロ・ファンク調の“Telepathy”ですかね!」

天野「(無視して)“Dis-ease”については、BTSのスタジオでブラストラックスの“Vibrant”(2019年)がかかっている動画がアップされて、それに本人がTwitterで反応した、という一連のやりとりが3月にあったので、きっとそこからの流れなんでしょうね。この週末は『BE』を聴き込みましょう。それでは、今週のプレイリストと〈Song Of The Week〉から!」

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS