PR
コラム

80年代は、未来が輝いていた最後の時代か?――〈♡80’sキャンペーン〉を機に80年代カルチャーを味わい直す

80年代は、未来が輝いていた最後の時代か?――〈♡80’sキャンペーン〉を機に80年代カルチャーを味わい直す

80年代カルチャーをテーマにした〈♡80’sキャンペーン〉が、タワーレコード全店及びタワーレコードオンラインにて2020年11月27日より始まった。それに合わせ、当時の名曲を選りすぐったコンピレーション『Love 80’s -Ultimate J-POP Best』、『ROCK ON -80's Edition』、『Love Ballads -80's Edition』、『Midnigt Love - SMOOTH R&B ESSENTIALS』が同日にリリースされている。

VARIOUS ARTISTS 『Love 80’s -Ultimate J-POP Best』 Sony Music Direct(2020)

VARIOUS ARTISTS 『ROCK ON -80’s Edition』 Sony Music Labels(2020)

VARIOUS ARTISTS 『Love Ballads -80’s Edition』 Sony Music Labels(2020)

VARIOUS ARTISTS 『Midnight Love - SMOOTH R&B ESSENTIALS』 WARNER MUSIC JAPAN(2020)

今回のキャンペーンの背景には、80年代カルチャーに対する人々の注目が年々高まってきているという事情がある。たとえば音楽の世界ではディスコやニューエイジ、シティ・ポップなど80年代に隆盛を極めたジャンルの再評価が進み、映画・ドラマの世界では当時の作品の続編や当時の作品にオマージュをささげた新作が次々に公開され、話題を呼んでいる。

そうした出来事の陰には大抵、火付け役となった存在がいる。音楽界にディスコ・リヴァイヴァルを巻き起こした立役者はダフト・パンクだし、ドラマにおいて80年代ネタの導入を先駆的に行ったのはNetflixオリジナル・ドラマ「ストレンジャー・シングス」だろう。しかしいくら火付け役がいようとも、彼らの灯した火に魅入られる人々の存在がなければ、それが燃え広がることはありえない。だとすれば、どうして多くの人々が80年代カルチャーに魅入られたのかという点が、この現象を考える上で大きな鍵となる。

そこで今回Mikikiでは、80年代カルチャーが人々を魅了する理由について考えながら、80年代カルチャー・ブームという現象を紐解いていきたい。