インタビュー

ホッピー神山『The Mantra Session In Mt.FUJI』近藤等則の生前最後の演奏を収めた16年ぶりの完全即興作を語る

富士山麓にこだまする近藤等則の〈白鳥の歌〉

 3月にリリースされたホッピー神山のニュー・アルバム『The Mantra Session In Mt.FUJI』は、ゴッド・マウンテン・レーベルからなんと16年ぶりに出た新作であり、また、近藤等則の生前最後の演奏を収録した作品である。つまり……訊きたいことが山ほどある。八丈島に暮らすホッピーと久しぶりに長話をしてみた。

 まずはゴッド・マウンテンについて。メジャー・シーンで80年代から大活躍してきたホッピーが、より自由な音楽活動を目指して93年に自ら設立し運営してきたゴッド・マウンテンは、これまでにたくさんの話題作を送り出してきた。オプティカル8、グラウンド・ゼロ、ティポグラフィカ、デミ・セミ・クエーバー、高円寺百景、キリヒト等々。2000年には、レーベル史上最大のヒット作、戸川純『20th Jun Togawa』も出た。が、2005年の大文字(ホッピー、吉田達也、ナスノミツル)『Into A Blind Alley』を最後にリリースは途絶えた。

 「あの頃から、CDがますます売れなくなってゆき、作っても赤字が膨らむばかりで……」と彼は語るが、一人での宅録作品ならいざ知らず、ちゃんとしたスタジオで作った作品が多いゴッド・マウンテンの場合は、やむを得ない判断だったのだろう。そして、コロナ時代の今、状況はますます悪化している。

Mantra Session in Mt.Fuji 『Mantra Session in Mt.Fuji』 God Mountain(2021)

 だからこそ、今回16年ぶりにゴッド・マウンテンからリリースした本作は彼にとって、ことのほか思い入れの強い作品になったようだ。これは、富士山麓にある河口湖円形ホールで一発録りされた完全即興作品である。演奏者はホッピー(生ピアノ、エレクトロニクス)、岡部洋一(パーカッション)、そして前述どおり近藤等則(トランペット)の3人。録音日は2020年10月15日。つまり、近藤が急逝するわずか2日前である。

※記事の初出時、『Mantra Session in Mt.Fuji』の録音日に誤りがございました。お詫びして訂正いたします(2021年6月2日)

 「近藤さんとは一応面識はあったけど、なぜか共演の機会に恵まれず、今回が初めて。彼はこの10年ほどは一人でやることが多かったし、なにしろあの強面な人柄だから、なかなか声もかけにくく(笑)。でも、常に社会情勢や政治についても注視している人であり、ずっと共感を抱いていた。今回近藤さんに声をかけたのは、まったくの直感だけど、彼の方でも近年ずっと〈ホッピーとやれば面白いのでは?〉と周囲のスタッフから言われていたらしい」