トピック

高橋照幸による伝説のバンド休みの国の75年貴重ライブがCD化 つのだ☆ひろ、ジャックス谷野ひとしらが参加

高橋照幸による伝説のバンド休みの国の75年貴重ライブがCD化 つのだ☆ひろ、ジャックス谷野ひとしらが参加

休みの国のライブアルバム『休みの国コンサート1975』が2021年12月15日(金)にリリースされる。

ジャックスを母体に生まれた、高橋照幸(ボーカル/ギター)独りによる、あるいはメンバー不定のロックバンド、休みの国。バンドは、69年に谷野ひとし(ベース)、つのだひろ(ドラムス)、木田高介(キーボード/フルート/トランペット)、遠藤賢司(ハーモニカ)が参加し、早川義夫がディレクターを務めたファーストアルバム『休みの国』をURCからリリースした。

72年、セカンドアルバム『FY FAN』の録音後に高橋は渡欧。高橋が帰国直後に再スタートを宣言した75年4月の〈休みの国コンサート〉を収めたオープンリールテープを編集・マスタリングしたのが、今回リリースされる『休みの国コンサート1975』だ。本作は、77年に発表された自主制作アルバム『TOCHIKA(トーチカ)』までの空白を埋める貴重なもので、そのライブの全貌が初めて明らかになる。

ディスクユニオンのレーベル、SUPER FUJI DISCSから届いたプレスリリースには、次のように書かれている。

この日はフリーコンサートでさらにジャックスのメンバーが出演ということで満員盛況、この日限りのピアノを加えた演奏は、“第五氷河期”“追放の歌”などの代表曲はスタジオ盤と遜色なく、“悪魔巣取金愚”の後半アレンジは出色の出来。またこの再出発の為に作られたという“白い国籍のスパイ”の素晴らしさが際立つ。
他の誰もが歌ったことのない観念的で特異な詩世界と奇妙な音の選び方は、高橋照幸だけのもの。そして、この独特の不安定感が強烈な説得力を持つ。

貴重なライブを聴くことができるCD『休みの国コンサート1975』。お見逃しなく。

 

*2021年11月10日追記
休みの国の新たなアーティスト写真、および『休みの国コンサート1975』のジャケットとトレイラー動画が公開された。

 


RELEASE INFORMATION

休みの国 『休みの国コンサート1975』 SUPER FUJI(2021)

リリース日:2021年12月15日(金)
品番:FJSP446
フォーマット:CD
価格:3,003円(税込)

TRACKLIST
1. 第五氷河期
2. マザー
3. 白い国籍のスパイ
4. ウィークエンド
5. マリー・ジェーン
6. 追放の歌
7. 悪魔巣取金愚
8. 飛べないフクロウ
9. 夕焼地帯
10. お前の頭の上
11. YOU
12. 朝のダウンタウン
13. 精神病院の中で
14. ドクター・クークー
15. 霧の中から

■休みの国
高橋照幸:ボーカル/ギター
谷野ひとし:ベース
つのだ☆ひろ:ドラムス
永井充男:ギター
岡村みち:ピアノ

1975年4月19日 東京・お茶の水 日仏会館ホール

※M1~13は、高橋照幸が録音した6ミリオープンリールテープを、M 14、15は客席で 関係者が録音したカセットテープをマスターに編集・マスタリングしたものです

録音:高橋照幸
編集・マスタリング:近藤祥昭(GOK SOUND)/中村宗一郎(ピースミュージック)
デザイン:ダダオ
解説:深田政幸(ジャックスファンクラブ会長)/浪江茂樹(第2期ジャックスファンクラブ会長)

 


PROFILE: 休みの国
高橋照幸(1948~2016年)を中心にした、あるいはその独りによるロックバンド。69年、活動末期のジャックスとの交遊から、谷野ひとし(ベース)、つのだひろ(ドラムス)、木田高介(キーボード/フルート/トランペット)、遠藤賢司(ハーモニカ)が参加したアルバム『休みの国』を同年6月にURCより発表(早川義夫はディレクターとして参加)。72年、セカンドアルバム『FY FAN』を録音後、高橋は渡欧。URCは無断で、この一部と69年録音分を併せて『休みの国』として発売。77年、自主制作映画「特攻任侠自衛隊」(土方鉄人監督)の音楽を担当、その主題歌“悪魔巣取金愚”は、その後、大槻ケンヂやキノコホテルにカバーされる。77年、カイゾク(高橋照幸)名義で『TOCHIKA(トーチカ)』を自主制作発売。81年、『MID-WAY』をラジオシティより発売。その後も断続的にライブを続け、谷野ひとし、つのだ☆ひろとは最期まで活動を共にした。